キリスト教の起源:契約の民の流浪史

村上厚

 

[序文] チグリス川とユーフラテス川に挟まれたメソポタミアからパレスチナにかけた地域には、古くから農耕民と遊牧民が共生する都市国家が興亡して来た。大部分の都市国家の主役は農耕民だったが、遊牧民は、西方のエジプトのみならず東方のインドや中国とも交易し、異文化融合の触媒を務めて来た。これらの遊牧民は、メソポタミアやエジプト等の異なる文化背景を有するルベン族、シメオン族、レビ族、ユダ族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族、ベニヤミン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族 マナセ族、エフライム族等から成り、異なる氏神を奉じていたが、今から3000年乃至4000年前に単一の始祖アブラハムと神との契約に基づく祭政一致の部族聯合を組織、農耕民に替わって歴史の表舞台に登場した。契約の民の誕生である。ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒として、現在も生き続ける契約の民の総数は34億人に達する。  


 本書《第一部:契約の民の流浪》では、『契約の民の発祥』、『部族国家の形成』、『国家の分裂と滅亡』、『ペルシア属領時代』と『ヘレニズム時代』を俯瞰してみる。/span>

 《第二部:ハシディームの系譜》では、『マカバイ戦争』、『ハスモン王朝』、『ヘロデ王朝』の時代を考察する。

 《第三部:教会運動とイエス》では、イエスおよびその弟子達や大祭司そして王室と『教会運動』の関わりを検証する。

 《第四部:パウロの挑戦》では、『パウロの教え』と『パウロの布教活動』に焦点を当てる。

 《第五部:再臨信仰の再構築とパウロ批判》では、ユダヤ戦争後の再臨信仰の再構築とその過程で生じたパウロ批判に注目してみる。



 《第六部:パレスチナとシオニズム》は、『契約の民の流浪』と言うテーマとの関わりの中でイスラエルとパレスチナの現状を検証する。

 《第七部:聖霊のバプテスマ》では、≪トマス福音書≫、≪使徒行伝(パウロ)≫、≪ヨハネ福音書≫、≪マタイ福音書≫に記されたイエスと弟子達の言葉の背後に隠されたスピリットに参じて見る。

 

村上厚

シンガポール 2019年5月 


ご購入はこちら


[第六版謝辞] 『キリスト教の起源』は、もともと弊社SEA Researchの電子版広報紙『SEAnews』に掲載した『雑感』をまとめたものです。第一版出版後は、同紙に掲載した著者自身の書評を増補し、第二版、第三版、第四版、第五版も上梓致しました。第四版以降、日本語版と英語版は『Amazon』を通じ、中国語版は『SEAnews eBookstore』を通じて、販売して来ました。  

 さてこれまで毎年数件のフェイスブック友達リクエストを頂いてきましたが、『書評:聖霊のバプテスマ(ハヌカ)』の配信を完了した直後(2019年1月17日頃)に、大量の友達リクエストが届きました。そこで、これまで同様全て承認するとともに、弊社のフェイスブック・メッセンジャー・サイトに参加して頂くことにしました。但し『宛先追加リスト』に表示された方のみ。

 このように多くの方から同書評に対する反応を得たことから、『キリスト教の起源』をチグリス・ユーフラテスの豊穣な三日月地帯を旅立ち、約束の地カナンに移住した契約の民が世界各地に離散する過程で発生した『教会運動』からキリスト教が誕生すると言う『契約の民の流浪史』として、第六版を上梓することを思い立った次第です。

 第六版作成の過程で、フェイスブック・メッセンジャー・サイトを通じ、多くの方からご激励頂いたことに、ここで改めて感謝申し上げる次第です。

シンガポール 2019年5月 




[第一版謝辞]  『本書を著すに際して、シュロモー・サンド著『ユダヤ人の起源』、ジェイムズ・D・ティバー著『イエスの王朝』、エルマー・R・グルーバー&ホルガー・ケルステン共著『イエスは仏教徒だった?』、荒井献著『トマスによる福音書』の他、ウェブサイト『パウロの生涯とイエスの実像』や田中幸治氏と村川享男氏がそれぞれ発行されているキリスト教メールマガジンから多くのヒントを得、参考にさせて頂いたことに深く感謝するとともに、これらの書やサイト、およびメール・マガジンの多くの内容を、著者らの意図とは必ずしも一致せぬ意味合いで引用させて頂いたことに関してお詫び申し上げる次第である。

 十数年前に日中韓三国間の紛争に関する『雑感』をSEAnewsに掲載したのが、本書を著したそもそもの切っ掛けだが、ちょうどその頃から、当地(シンガポール)の『ものみの塔』の華英日印信者の方が毎週訪ねて下さり、私の聖書学習を支援して下さった。このため、これらの方々との意見交換も本書に反映されている。これらの皆様のご支援に心より感謝の意を表する。

 当地inlingua School of Languagesのヨーロッパ言語部門上席講師Craig Bailiss氏は私の拙劣な英文を国際水準の英語に推敲して下さった。Craig氏ととともに、同氏をご紹介下さったAugustine Siew同校専務(MD)およびGiac Discoli校長、Graham Sage前専務のご好意に厚くお礼申し上げたい。

 本書中国語版の監修は、私がシンガポール大学華語研究センターで中国語を学んでいた時、同大学建築科の学生だった当時のルーム・メートにお願いした。同氏のご厚意に深く感謝する。

村上厚(SEA Research社主)

シンガポール 2014年11月 

Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.