NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
1998-01-06 ArtNo.13344
◆<星>HP社等、政府部門電話交換システム契約獲得
【シンガポール】国家コンピュータ局(NCB)は先週、ヒューレット・パッカード(HP)シンガポールに率いられる3社連合に、外部から官庁にかかる電話の応対や交換をコンピュータ化するパイロット・プロジェクトに関わる1150万Sドルの契約を発注した。
“ワン・コール・インフラストラクチャー”と命名されたコンピュータ化プロジェクトの下、各官庁への通話を一括制御する政府通話センター(GCC)と、GCCがサポートする各省庁の通話センター(MCC)が設けられる。所定の番号がキーインされると、自動的にGCCからMCCにつながれ、ここで更に必要なサービスや情報の番号をキーインするか、案内係との会話を選択する仕組み。パイロット・プロジェクトでは労働省、シンガポール生産性標準局(SPSB)地元企業アップグレード・センター、大蔵省関税物品税局にMCCが設けられる。
HPシンガポールはHP9000Dクラスのサーバー2台とコンピュータ電話統合ソフトを、パートナーのケッペル・コミュニケーションズ Pte Ltd はEPABX(エレクトロニク・プライベート・オートマチック・ブランチ・エクスチェンジ)とIVR(インターラクティブ・ボイス・リスポンス)装置を納入、英系アドミラル Plc はプロジェクト・マネージメントとコンサルタントを担当する。
労働省のMCCは今年9月、他の二つのMCCも11月までに稼働する予定。パイロット・プロジェクトが成功すれば5年内に20の省庁にMCCが設けられると言う。(BT:1/5)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.