SEAnews Voice 読者の声
NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
Back to previous page ►VOICE 読者の声
2014-06-04 Voice.117
【Subject】 PM Modi's invitation
Your article concerning the inauguration ceremony of PM Modi in Delhi was a good description of the future relations between Pakistan and India.
Unfortunately, the headline was a bit arrogant and Uncalled for.
The words " SEA leaders on the Indian Table" implies that they were unequal and should be thankful for the invitation.
Bashy Quraisy

[Reply]
Dear Mr. Bashy Quraisy
Thank you for contacting us.
We appreciate your comment on our report.
Regarding the headlines, we mostly use ones as they are on the local newspaper.
"South Asian leaders at Indian high table" is such case.
Please contact again.
Atsushi Murakami
2013-10-01 Voice.108
[Inquiry:The Origin of Christianity]
I will ask the WCC library to get the printed version.
Jocelyn Brooks (Austin)

[Reply]
Thank you for your inquiry.
I am sorry. Only electronic version is available now, I do not have the intention to print it in the near future.
Atsushi Murakami
2013-09-29 Voice.107
[Comment:The Origin of Christianity]
YOU BETTER TURN TO ISLAM .
Osama Alnatsheh (Jordan)
2013-09-14 Voice.106
[书评《基督教的起源》]
 您的这书有一个主题(基督教的起源中佛教元素)及两个结论(一个是 确定其佛教元素以及基督教与佛教的大同一体,另一个是既然宗教大同全世界人民就此 能够放下纷争)。第二个结论是立基于第一个结论的成立。
 这样的立论,说理,到结论的多层次文体结构很不容易写,说理及说服力的理性部分被分割开来,非常考验读者的接受能力。
 建议您整合三个部分为一个中心主题:“从基督教起源中的佛教元素看世界大同与终极和平”。
天天向上

[回信]
 谢谢,很精密地分析。这本书还没有完成。我们一起上游而探索源流。
 如果我们上游,就会发现多个源流。我认为,如亚历山德里亚和塔索斯等地中海沿岸以及西亚各地的异邦犹太人之间形成的各种弥赛亚信仰到耶稣的时候融合起来并诞生基督教。
 犹太教,当初用希伯来语被说教。不过,哈斯莫尼王朝建立包含以东人,摩押人,菊石人,亚摩利人,腓尼基人,希腊人等在内的多民族统一国家的时候,在巴勒斯坦周围地区似乎用阿拉姆语当做共同语言。耶稣也好像通常用阿拉姆语说教。
 另一方面,旧约圣典在亚历山德里亚被翻译到希腊文之后,在地中海沿岸的广泛的地区只知希腊文旧约圣典的新参犹太人大量发生。
 因此在耶稣活动的时候,似乎在以耶路撒冷为中心的朱迪亚用希伯来语,在其他的巴勒斯坦地区用阿拉姆语,在地中海沿岸地区用希腊语做为犹太教的媒介语。
 我们可以想像,随着这种媒介语的变化,犹太教本身也难免发生质的变化。我们在中日文版圣经上看到的词汇,例如『信仰』,在英文版圣经上写成『faith』。『faith』是,『仆人』的信徒,向『主』的神和基督发誓忠诚的意思。这个意思似乎跟普通的日人或华人观念上的信仰差一点。不过,靠近儒家所说的忠诚或忠恕的思想。可能在欧洲出现封建时代的时候,圣经翻译到英文的缘故。根据基督教电子邮件杂志发行人村川享男先生,希腊文的『pistis』和『pisteuein』,分别是神经上的『信仰』和『信』的原语。『pistis』在英文词典里翻译到『trust』,『faith』,『belief』,『faithfulness』,『honesty』,『assurance』,『pledge』等。
 顺便说,在回教圈的马来西亚,基督徒也似乎习惯性地使用“阿拉”作为上帝的称号。然而,最近,该国法院判决「使用“阿拉”作为一个神的称号是穆斯林的特权」,并禁止回教以外的宗教组织使用“阿拉”作为一个神的称号。
 另外,约翰福音的作者经常把不信耶稣的以色列人叫做犹太人。他的立场来说,好像他们自己(大概是加利利人)不是优太人。
 听说,旧约圣经的原书是希伯来语版圣经,新约圣经的原书是却希腊文版圣经。从这里,我们可以知道异邦犹太教就是基督教的源流。
村上厚


[Review:The Origin of Christianity]
 There are one subject and two conclusions in your book. The subject is the elements of Buddhism in Christianity.
 One of the conclusions is aim to unify Christianity and Buddhism through determining the elements of Buddhism in Christianity.
 The other is to eliminate dispute among nations enhancing religious harmony among peoples of the world.
 The second conclusion is based on the assumption of the first conclusion. This kind of argument very tests readers' acceptability.
 Therefore I recommend that you should integrate the part one, the part two and the part three into a central theme of "Aim to achieve ultimate peace and unity of the world from the Buddhist elements in the origin of Christianity."
Tian Tian Xiang Shang (Day Day Up)

[Reply]
 Thank you very much for your analysis in detail. This book has not completed. I would like to explore the headwaters of Christianity together with readers of this book.
 If you go up to the stream, you may find so many tributaries. It seems that many messianisms which had been formed among the Jewish newcomers in Western Asia and the Mediterranean coastal cities, such as Alexandria and Tarsus, fused together in Jesus' era and Christianity was born.
 Originally Judaism seems to have been written and preached in Hebrew. However, Aramaic came to be used as a common language in the surrounding area of Palestine in the wake of that Hasmonean built a unified multi-ethnic country including the Edomites, Moabites, Ammonites, Amorites, Phoenician and Greeks etc. Jesus too appears to have preached in Aramaic.
 On the other hand, after the Old Testament was translated into Greek in Alexandria, a great number of Jewish newcomers, who only knew the Old Testament written in Greek, appeared in the coastal area of Mediterranean Sea.
 Thus at a time when Jesus came out, Hebrew, Aramaic and Greek seem to have been used as intermediary languages of Judaism in Judea (especially surrounding area of Jerusalem), throughout Palestine except Judea and the coastal area of Mediterranean Sea respectively.
 We can infer that qualitative changes also occurred in Judaism itself, along with the change of its intermediary languages. For example, a word "faith", which is used in English New Testament, it means that a believer, as a servant, swears allegiance to God or Christ as his lord. This word is written as "信仰" in both the Chinese and Japanese bible. However the above meaning of "faith" is some what different from the original meaning of "信仰" in Chinese and in Japanese but similar to the meaning of "忠誠" or "忠恕" in Confucianism. It may be due to the New Testament was translated into English in the era of formation of Feudal system in Europe.
 According to Takao Murakawa, a publisher of Christian mail magazines in Japan, "faith" is "pistis" and "believe" is "pisteuein" in Greek respectively. And the translations in English of pistis are "trust", "faith", "belief", "faithfulness", "honesty", "assurance" and "pledge" etc.
 By the way, in Malaysia, which belongs to the Islamic world, traditionally Christians also seem to have used "Allah" as a designation of God. However, recently, a court of the country is said to have banned for religious organizations other than Islam using the word of "Allah" as a designation of God because it is the privilege of the Muslim to use the word of "Allah" as a designation of God.
 Incidentally author of the Gospel of John calls the people who did not accept the teachings of Jesus "Jews". It seems that he thought he and other followers of Jesus (probably Galileans) were non-Jews.
 According to what I heard, the Old Testament's original text is Hebrew version and the New Testament's original text is Greek version. If so, it also indicates that Gentile (non-circumcision) Judaism is the origin of Christianity.
Atsushi Murakami


[書評:キリスト教の起源]
 あなたの本には、主題が1つ、結論が2つありますね。
 この本の主題は『キリスト教の起源中の仏教的要素』。第1の結論は、『仏教的要素の確認を通じたキリスト教と仏教の大同一致』。第2の結論は、『人類の宗教的大同により紛争を終結させる』。
 第2の結論は、第1の結論を前提にしています。この種の複雑な論理の設定で、読者の理解を得るのは、難しいかも知れません。
 いそのこと、『キリスト教起源中の仏教的要素から世界の統一と究極的平和実現を目指す』と言う主題の下に、第一部、第二部、第三部を統合しては如何ですか。
天天向上

[返信]
 大変、詳細に分析して頂き有り難うございます。この書は未完成です。一緒にキリスト教の源流を探って見ませんか。
 キリスト教の源流を求めて、上流に遡るほど多くの支流見出すでしょう。おそらくアレキサンドリアやタルソス等、地中海沿岸や西アジア各地の異邦人ユダヤ教徒の間で形成されたメシア信仰がイエスの時代に融合し、キリスト教が誕生したものと思います。
 ユダヤ教は当初はヘブライ語で語られ、表記されたものと見られますが、ハスモン朝がエドム人、モアブ人、アンモン人、アモリ人やフェニキア人、ギリシア人等を包含する多民族統一国家を形成した際に、パレスチナの周辺地域ではアラム語が共通語として用いられるようになったものと見られ、イエスは、アラム語で説教していたものと想像されます。
 またアレキサンドリアで旧約聖書がギリシア語に翻訳された後、地中海沿岸地域に、ギリシア語で書かれた旧約聖書しか知らない異邦人ユダヤ教徒が大量に発生しました。
 こうしてイエスが活動した時代には、エルサレム周辺を中心としたユダヤ地域ではヘブライ語が、それ以外のパレスチナ全域ではアラム語が、そして地中海周辺地域ではギリシア語が、ユダヤ教の媒介言語として主に用いられたものと想像されます。
 このように媒介語が変化する過程でユダヤ教そのものにも質的な変化が生じたように思います。
 例えば日本語や中国語の聖書で用いられる信仰と言う言葉は、英語版新約聖書ではもっぱらfaithと表現されています。faithとは、神やキリストを主(ロード)、自らを僕(しもべ)とし、僕が主君に忠誠を誓うと言うものです。これは日本人や中国人の信仰とはニュアンスが異なり、むしろ儒教の忠誠や忠恕に近い思想と言えます。おそらく欧州における封建時代の形成期に新約聖書が英語に翻訳されたことが、その背景に存在するのではないでしょうか。
 ちなみにイスラム圏に属するマレーシアでは、キリスト教徒も伝統的に『アラー』を神の呼称として用いていたそうですが、最近同国の裁判所は『アラー』と言う呼称を用いるのは、イスラム教徒の特権であるとし、イスラム教以外の宗教が、神の呼称として『アラー』と言う言葉を用いるのを禁止したそうです。
 またヨハネ福音書の著者は、イエスの教えを受け入れない人々のことをユダヤ人と呼んでいます。つまり、自分たち(おそらくガリラヤ人)は、非ユダヤ人であると言う立場をとっているように見えます。
 旧約聖書がヘブライ語版を原典としているのに対して、新約聖書がギリシア語版を原典としていることからも、キリスト教が異邦人ユダヤ教徒を源流としていることが窺えます。
村上厚
2013-09-10 Voice.105
[书评《基督教的起源》]
 我这些年一直在看易学与术数书。中日海战是肯定要发生,这个与日本占领中国都记述在宋代《推背图》之中。您百度一下就看见了。
(1)日本占领中国:
第三九象 壬寅 巽下兑上 颐
谶曰:鸟无足 山有月 旭初升 人都哭
颂曰:十二月中气不和 南山有雀北山罗 一朝听得金鸡叫 大海沉沉日已过
金圣叹:「此象疑一外夷扰乱中原,必至酉年始得平也。」〈此象是指日本侵华。鸟无足,山有月,是一个岛字。〉
(2)毛泽东 与周恩来:
第四十象 癸卯 巽下艮上 蛊
谶曰:一二三四 无土有主 小小天罡 垂拱而治
颂曰:一口东来气太骄 脚下无履首无毛 若逢木子冰霜涣 生我者猴死我雕
(3)文化大革命:
第四一象 甲辰 离下离上 离
谶曰:天地晦盲 草木繁殖 阴阳反背 上土下日
颂曰:帽儿须戴血无头 手弄乾坤何日休 九十九年成大错 称王只合在秦州
(4)中国崛起:
第四四象 丁未 坎下离上 未济
谶曰:日月丽天 群阴慑服 百灵来朝 双羽四足 (双羽:习;四足:温)
颂曰:而今中国有圣人 虽非豪杰也周成 四夷重译称天子 否极泰来九国春
(5)中日海战:
第四五象 戊申 坎下艮上 蒙
谶曰:有客西来 至东而止 木火金水 洗此大耻
颂曰:炎运宏开世界同 金乌隐匿白洋中 从此不敢称雄长 兵气全消运已终
“ 洗此大耻 ” : 海战中国胜利~~!
这本书你认识我的时候书局就有了,不是什么最近的传说。
日本必败

[回信]
 在中东,巴勒斯坦解放组织(PLO)提议在巴勒斯坦包括以色列占领的所有地区中建立包括穆斯林、基督徒和其他宗教信徒在内的巴勒斯坦人和犹太人和睦共处的世俗国家。这是,人类在几千年的宗教和领土纠纷的经验中学到的终极的答案。
 神只给我们管理这个世界的任务而已,所以每个国家都没有固有的领土。如果我们站在这个大前提,很容易得到答案。尖阁列岛(钓鱼岛)不是日本固有的领土,也不是中国固有的。不过,日中两国可以在这里,建立全世界人都自由来生活,经营,游乐的乐园。虽然陆地可能太小,不过我们在这里向全世界表现日中两国人民的团结力量从而指示世界和平的方向。
村上厚


[Review:The Origin of Christianity]
 I have read books regarding "Yi-ology (Book of Changes)" and "Chinese divination" in the past few years. And I think that Sino-Japanese naval battle is sure to happen. Such a prediction and the events of Japanese occupation of China are described in "Tui Bei Tu", a Chinese prophecy book in the Song Dynasty. Try to search with "Baidu", you'll find easily.

-(omit)-

(5) Sino-Japanese naval battle
Chart Number 45 Wusheng Kanxiagenshang Meng
Prophecy says;
There is a guest from the west, it stops in the east
Wood (East), Fire (South), Metal (West), Water (North), Washing Away the Great humiliation

Poem says;
After opening up, the world become one and same
The golden crow hides in the white ocean
From this onward, it does not dare to dominate long
The military strength and luck stops

 "Washing Away the Great humiliation" means that China will win the third Sino-Japanese naval battle. This book I found in the book shops here, almost same time when you knew me. So it's not a recent buzz.
Japan doomed

[Reply]
 In the middle east, the Palestine Liberation Organization (PLO) aims to establish in Palestine, that includes all territories which Israel has occupied, an independent nation in which Palestinians, who consist of Muslims, Christians and believers of other religions, and Jews coexist. Such an aim is the ultimate answer that human beings have learned from the experience of religious and territorial disputes over several thousand years.
 We, human beings, have been entrusted the duty just only to manage this world from God. Therefore no country has territories peculiar to it. If we assume this as a main premise, the answer can be found easily. The Senkaku (Diaoyu)-islands are not peculiar to Japan nor to China. However we, Japanese and Chinese, can hand-in-hand build there a paradise, where people all over the world will come and live, do their businesses or holiday freely.
 Although the Senkaku, as pieces of small islands, is slightly cramped, we will be able to indicate a power of solidarity between Japan and China and the direction of world peace to all over the world through it.
Atsushi Murakami


[書評:キリスト教の起源]
 ここ数年『易経』と『数術(すうじゅつ)』に関する本を読んでいます。中日海戦は必ず起こるでしょう。来たるべき中日海戦に関する予測と日本による中国領占拠の記述は、宋代の『推背図』に既に見られます。『百度』で検索したらすぐ見つかりますよ。
       -略-
(5)中日海戦
第45象 戊申(ぼしん) 坎下艮上(かんかごんしょう) 蒙(ぼう)
 讖にいわく:西より客来たり、東に至りて止まる。木火金水(東西南北)、ここに大恥をすすぐ。
 頌にいわく:炎運は世界を覆い、金烏(太陽=日本)は白洋に隠れ、もはや奢り高ぶることなく、兵の士気は消沈する。

 『ここに大恥をすすぐ』とは中国が日本との海戦に勝利すると言う意味です。この本は私があなたと知り合った頃すでに本屋にありましたから、最近の風聞という訳ではありません。
日本必敗

[返信]
 中東では、パレスチナ解放機構(PLO)が、イスラエルの占領地を含むパレスチナ全域に、イスラム教徒、キリスト教徒、その他の教徒を含むパレスチナ人とユダヤ人が共存する世俗国家を建設することを目指しています。これは、人類が、数千年に及ぶ宗教・領土紛争の経験の中から学び取った究極の答えと言えます。
 人類は、神からこの世を管理する任を委ねられたに過ぎません。したがって如何なる国も固有の領土など存在しません。この大前提に立つなら、答えは簡単に見出すことができます。尖閣列島は日本固有の領土ではなく、また中国固有のものでもありません。しかし、日中両国民は、手を携えて、ここに全世界の人々が自由に到来し、生活し、事業を営み、行楽する楽園を築くことができます。尖閣列島は一片の小島で、若干手狭ですが、我々は、全世界に日中両国民の団結の力と、世界平和の方向を指し示すことができるでしょう。
村上厚
2013-09-08 Voice.104
[书评《基督教的起源》]
基督教与佛教两者的教义有根本性质的差别,最大的差别是关于如何对待生命。比如基督教是以更大、更多、更丰满的生命来处理死亡,以人的复活超越个人死亡(病老死),而佛教是以否认身体的生命的重要性来处理病老死,倾向于“空与虚”。 提出两个宗教之间的共性可以成立,但是要融合两者合而为一,可能性不存在。
大同世界


[回信]
耶稣在约翰福音中讲的再生(born-again)和复活(resurrection),保罗讲的新生(new birth)的概念跟龙树讲的诸法实相(达观这个世界是空后看到或听到的事物是妙有并俱备实相)和禅宗的再活现成的概念有些共通点。因此托马斯带到印度的耶稣教,可能产生龙树的中论,稍后被达磨带到中国并成立禅宗而结实。
我想基督教,佛教,回教,或其他宗教并不需要融合一体。实际上,佛教本身有自力作善的禅宗和他力本愿的净土宗,也有把念佛人和禅家人都骂的法华宗。他们一时互相激烈批评,不过,现在,在日本法华宗的和尚和净土宗的和尚一起担任广播电台节目的共同主持人而咨询听众的生活烦恼。这个法华宗的和尚也主持坐禅会。净土宗的和尚很有研究基督教文化。
所以,我想,牧师,神父,拉比和乌里玛共同主持一个电台节目的时代也将不久到来。
村上厚


[Review:The Origin of Christianity]
There are essential differences in the doctrines of Christianity and Buddhism. The biggest difference would be on how to deal with life.
For example, Christianity deals with the issue of "death" on the basis of larger, more well-rounded and multi-faceted concept of "life" and sublates the individual issue of "death" including illness, old age and dying through the Resurrection.
On the other hand, Buddhists handle the issues of birth, old age, illness and dying through the denial of importance of physical life and tend to content themselves with the view of "emptiness" and "vanity".
There may be commonalities between the two religions. However the integration of the two into one, the possibility does not exist.
Tatung World


[Reply]
The concepts of "born-again" and "resurrection" that Jesus tells us in the Gospel of John and "new birth" which Paul preaches in his letters are similar to the teaching of Naagaarjuna, who preached that all things which one sees and hears are wonderful and real after he has realized that this world is empty, and the concept of resurrection in Zen-Buddhism.
Therefore, Jesus' teachings, which Thomas brought to India, may have borne Nagarjuna's theory and later been imparted into China and established as Dharma Zen.
I do not think that Christianity, Buddhism, Islam and other religions need to be integrated into one. In fact, Buddhism itself has Zen-shu (Zen Buddhism: Enlightenment by self-power), Jodo-shu (Pure Land faith: salvation by Amitabha)and Hokke-shu, which used to criticized violently both Zen-shu and Jodo-shu, etc. They sometimes ago criticized each other fiercely. However priests of Jodo-shu and Hokke-shu are co-hosting a radio program and counseling listeners' life troubles in Japan now. The priest of Hokke-shu is regularly hosting Zen meditation too and the Jodo-shu monk has deep profound knowledge in Christian culture.
Thus Christianity, Buddhism, Islam and other religions do not need to be integrated into one. More over the era when pastors, priests, rabbis and Ulemas co-host radio or TV programs is coming and has now come.
Atsushi Murakami



[書評:キリスト教の起源]
キリスト教と仏教の教義には本質的な違いがあります。最も大きな相違は『いのち(生命)』に対する態度でしょう。 キリスト教はより大きな、より多面的な、より豊満な『いのち』の概念に基づいて『死』と言う問題に対峙し、『復活』を通じて個人の死(生老病死)を止揚します。これに対して仏教は、肉体的生命の否定を通じて、生老病死の問題を処理し、『空と虚』の理を説く傾向が見られます。二つの宗教の間に共通するものがあるとしても、二つの宗教が融合することはあり得ません。
大同世界

[返信]
イエスがヨハネ福音書において説いている再生(born-again)や復活(resurrection)の教え、あるいはパウロが説く新生(new birth)の概念は、この世の全てが空であると達観した上で目に見えるもの、耳に聞こえるものは、妙有であり、実相を備えているとする諸法実相や禅宗で説かれる再活現成の教えに通じるものがあります。トマスがインドにもたらしたイエスの教えが、龍樹の中論や、その後、達磨が中国に伝えた禅宗として結実したのかもしれません。
仏教自体、いわゆる自力作善の禅宗、他力本願の浄土宗、これら両派を激しく批判する法華宗など、様々で、キリスト教、仏教、イスラム教、その他の宗教が一つに融合する必要はありません。
最近、日本では、法華宗と浄土宗の和尚がラジオ番組の共同司会者を務め、聴取者から寄せられる悩みに回答しており、この法華宗の和尚は禅会を主催し、浄土宗の和尚は、キリスト教文化に深い造詣を有しています。
ですから、プロテスタント教会の牧師、カトリック教会の神父、イスラム教のウラマーがラジオやテレビ番組の共同司会者を務める時代が遠からずやって来るかも知れません。
村上厚
2013-09-05 Voice.103
[书评《基督教的起源》]
 您的大作属于思想著作,不容易成为畅销书,招揽广告怕有难度。不过能卖书有收入总是很好。
人间几何

[回信]
 您的看法很正确。不过,尽管得到只一个读者,除了中日两国,也中东的和平也就增加希望了。
村上厚
2013-09-01 Voice.102
[书评《基督教的起源》]
 这类比较宗教思想的内容本身就是有些难度,因为读者群是分裂为倾向基督教或佛教的,或者完全对宗教毫无兴趣者。到底要写给谁看就是个问题。只有确定读者,才能决定该怎么写。
 书中的三大章,前两章内容,”基督教起源、与耶稣十字架“需要与书的主题“回光返照”更进一步的联系,否则读者会看歪了,不知所云而产生误解。
 中文“回光返照”原意与您的“回光返照”有些不同,所以“回光返照”应该在前言中首先做详尽解说,以免读者误解。
信者救

[回信]
 是的。这本书的主题是“回光返照”也就是耶稣教导我们的要谛。
 我希望读者读完这本书之后都回光返照而实现世界和平。
村上厚
2013-08-31 Voice.101
[书评《基督教的起源》]
 本书内容比较接近一类读书笔记,不同于一般的著作体裁,具有作者主题思想、或为特定读者写作。建议书名为:《基督教起源的世俗观与感想》、《圣经、佛经、世事之我见》、《圣经佛经智慧与世界和平展望》、《基督教起源的世俗我见--世界和平》。
.  这书前面应该加上一个序,及前言,说明写给哪些人,基督教起源中的各种世俗疑点,圣经与佛经的同性及通过自我修道能够展望世界和平。
儒士道

[回信]
 您说的对。关于写给哪些人。我想除了基督教徒,犹太教徒和佛教徒之外,献给回教徒,其他宗教徒,无神论者,政治家和一般年轻人。
 因为,我们通过考察基督教的起源来可以知道宗教和解和解决领土纠纷的要谛。
村上厚
2013-08-29 Voice.100
[书评《基督教的起源》]
 这书内容基本上对于经典基督教思想而言,十分离经叛道,很有贬义,意指基督教是源起于佛教教义。
 基督教是很狭义的宗教,新派之间几百年来一直都在教义的争议之中。 佛教徒大概不会理会您说什么。 我建议您改书名为《基督教起源中的佛教渊源》、《基督教起源中的诸种疑思》,或《基督教起源中的各种影响因素》,使这书定位为一种思考、论述议题著作。单纯以“基督教”为名,而“基督教”作为已经既定的宗教团体名称,如此您的著作就形成一种对基督教的现存本位的挑战,要么基督教是虚假宗教,要么您在诬陷诽谤,结局可想而知。
关心

[回信]
 谢谢,对这本书很深的考察。犹太教和基督教都是神给我们启示的不可疑义的启示宗教,不过犹太人本身对异教很感兴趣而从头开始例如,从波斯和埃及等吸收异族的风习。特别是亚历山大大帝东征后,改信犹太教的鹏大的异族人,包括耶稣在内的加利利人和希腊人等等,积极研究除了希腊哲学之外其他宗教从而改革犹太教。他们就是格诺西斯派的源流。他们研究的其他宗教大概包括佛教。
 马可福音,马太福音,路加福音和约翰福音的作者们,主的兄弟雅各,甚至保罗都似乎有佛教知识。他们也可能研究印度和伊朗的光明神信仰(弥勒菩萨的原型)。这个信仰好像保罗神学和净土信仰的共同源流。
 保罗本身似乎包含在格诺西斯派。不过保罗极力批评格诺西斯派并把基督教回归到启示宗教。
村上厚


[Review:The Origin of Christianity]
 This book is basically contrary and derogatory to the doctrine of Christian scriptures and intends to seek the origin of Christianity in teachings of Buddhism.
 Christianity is a very parochial religion, even among factions Protestantism, the doctrinal controversies have continued for hundreds of years.
 Buddhists probably do not care what you say about. I recommend that you should change the title into "Buddhist elements in origins of Christianity", "The various suspected origins of Christianity" or "The various factors impacted on establishment of Christianity" so that this book is positioned as a case of thinking or discussable issues.
 Christianity has been established as a religious name. If you simply use Christianity as a name of your book, your book is seen as a challenge existing Church organizations or if your book concludes that "Christianity is a virtual", you may be sued for libel of Christian.
Concern's

[Reply]
 Thank you for your deep examination of my book.
 Both Christianity and Judaism are revealed religions founded on the revelations of God and their believers are not allowed to doubt their scriptures.
 However the Jewish people had deep interests in the pagans from the beginning. For example, they adopted the customs of Egypt and Persia.
 The large number of people from different ethnic groups, such as Greeks and Galileans, including Jesus' forefathers, converted to Judaism after the eastern expedition of Alexander the Great. These newcomers of Judaism seem actively to have learned philosophies and religions from Greek and other different ethnic groups and embarked on a reform of Judaism. These very people are the origins of the Gnostics. The religions of pagans, which they learned, appear to have included Buddhism.
 The authors of the Gospels of Mark, Matthew, Luke and John and James, the brother of the Lord, and even Paul seem to have had the knowledge of Buddhism. They also may have learned the Indo-Iranian religion, Mithraism, which seems to be the common origin of Paul's theology and the Pure Land faith.
 Paul, who seems to have be one of the Gnostic theologian, criticized the Gnostic violently and contributed to the returnning to revealed religion of Christianity.
Atsushi Murakami


[書評:キリスト教の起源]
 この本の内容は経典宗教キリスト教の教理を批判、誹謗し、キリスト教の起源を仏教に求めることを意図したものと言えます。
  キリスト教は狭小な派閥意識の強い宗教で、新教諸派の間でさえ数百年にわたって教義論争が続けられています。
 仏教徒はおそらくあなたが何を言おうと意に介さないでしょう。私は書名を、『キリスト教の起源の中の仏教的淵源』とか、『キリスト教起源の諸疑点』あるいは『キリスト教起源中の諸要素』に改めるよう提案します。そうすれば、この本が一種の研究書、もしくはテーマ論述書であることがはっきりします。キリスト教は既存の宗教組織ですから、単に『キリスト教の起源』とすれば、既存宗教組織に対する挑戦と受け止められます。またもし『キリスト教』を虚像、仮想宗教と論述するとすれば、既存の宗教組織を誹謗することになり、深刻な結果を招くでしょう。
関心

[返信]
 この書を深く考察していただきありがとうございます。
 ユダヤ教もキリスト教も神の啓示に基づく『啓示宗教』であり、信者がその内容を疑うことは許されません。
 とは言えユダヤ人は、当初から、異教徒に深い関心を有し、例えばペルシアやエジプトの習俗を取り入れてきました。
 取り分けアレキサンダー大王の遠征後にユダヤ教に改宗した大量の異民族、例えばイエスの直近の先祖を含むガリラヤ人やギリシア人等は、積極的にギリシアやそのほかの異民族の哲学宗教を学び、ユダヤ教の改革に乗り出したものと見られます。
 これらの人々こそグノーシス主義の源流です。彼らが学んだ他民族の宗教には恐らく仏教も含まれていたでしょう。
 マルコ福音書、マタイ福音書、ルカ福音書、ヨハネ福音書の著者や主の兄弟ヤコブ、さらにはパウロでさえ、仏教の知識があったことが窺えます。彼らはまたインド・イラン起源のミトラ信仰についても研究したかもしれません。ミトラ信仰は、パウロ神学と浄土信仰の共通の起源と見られます。
 こうしたグノーシス主義の潮流の中で、その神学を構築したパウロは、かえってグノーシス派を激しく批判し、キリスト教の啓示宗教への回帰に貢献しました。
村上厚
2013-08-27 Voice.99
[书评《基督教的起源》]
 基本上,这类宗教性著作内容是绝对主观的,要寻找共鸣者十分困难。能花上这么大的精神气力写作委实可歌可颂,极其难能可贵。
爱书者

[回信]
 谢谢,可贵意见。我不寻找共鸣者,不过得到跟您一样对这本书有一点兴趣的人,就很高兴。
村上厚
2013-08-13 Voice.98
[Inquiry: The Origin of Christianity]
I would like to know more on marketing, related to human relations, and Christianity. Also on business projects that can generate income to support Christian Education program.
Thomas Davai
Student Services
Pacific Adventist University
Papua New Guinea

[Reply]
Thank you for your interest in our new book "The Origin of Christianity".
The SEA Research collects informations related to Indian business from local newspapers in India and delivers SEAnews in Japanese, Chinese and English.
This plan should be financed by advertising revenue. However there is no chance to obtain advertisers until the delivery plan of SEAnews gets on track.
Incidentally the SEA Research has published three languages, that is, English, Chinese and Japanese, editions of an e-book, "The Origin of Christianity" and has established an online bookshop, the SEAnews eBookstore.
The sales income of "The Origin of Christianity" is expected to become the only source of income of SEA Research for the time being.
However we have not received formal permission from the Media Development Authority of Singapore.
That is why we only declare that "SEAnews eBookstore's official opening is coming soon."
Although the authority says, "Under the Newspaper and Printing Presses Act, no permit is required to publish online periodicals", it does not respond directly to our inquiry regarding publishing ebooks and selling them online.
We made the inquiry again with samples of the e-book, but have not received an official answer yet.
This may not answer your inquiry, but I hope it helps in some way.
Best regards,
Atsushi Murakami
2012-08-15 Voice.97
[Comments & Reactions: Jesus' plan to be crucified Part 6]
Hi,
Appreciate your efforts to bring all religions together. As a member of the public media, I assume, would you be able to give an insight as to why media is not covering the killings in Burma but when a few gunmen were sighted at a temple it was a big thing? Also when there were demonstrations against the media and 1 of their vehicles was burnt in Mumbai, it was covered on EVERY channel?!
Nazrin Bheda (Zimbabwe)


[Reply to Mr.Welsh & Ms.Bheda]
Thank you for your reply and comment.
I think that rather than just the Jewish, all mankind, religions, and even atheists, equally hold their own Zionism. Although there is no sin in Zionism itself, human beings have repeatedly slaughtered each other for it, from time immemorial. If we are freed from the curse of Zionism, we can extinguish not only grudges among Christianity, Judaism and Islam, but also the sparks of territorial disputes and religious conflicts around the world.
Therefore I plan to post the following series at our MISC column in the future.

Jesus' plan to be crucified (Part 7) :The origin of church
Jesus' plan to be crucified (Part 8) :No dependence on words or letters
Jesus' plan to be crucified (Part 9) :Relations with the Gnostic
Jesus' plan to be crucified (Part 10):Relations with the Essenes
Jesus' plan to be crucified (Part 11):Relations with Zealot
Jesus' plan to be crucified (Part 12):Brother of the Lord
Jesus' plan to be crucified (Part 13):Infighting
Jesus' plan to be crucified (Part 14):Paul's conversion

SEAnews plans to focus on India and distribute information from the viewpoint of the above through posting digests of Japanese, English and Chinese on the newsletter and full-text articles in Japanese with news source (English newspapers in India) on our website.
Atsushi Murakami
2012-08-13 Voice.90
[Comments & Reactions: Jesus' plan to be crucified Part 6]
THERE IS NO CHANCE OF THESE RELIGIONS BEING RECONCILED BECAUSE
THEY SERVE DIFFERENT gods
Dot Welsh (Zimbabwe)
2012-06-26 Voice.89
[Comments & Reactions: Jesus' plan to be crucified Part 6]
Go to hell with your news items and do not mark around with Christianity, come to Solomon Islands to witness living Jesus Christ in its entirety
Regards
May God the Father, God the Son & God the Holy Spirit save our land from shore to shore from non-christians.
Martin Baddeley Housanau

[Reply]
Dear Mr. Martin Baddeley Housanau
Thank you for your reply.
Yes, I really like to go to Solomon Islands to witness the living Jesus Christ.
Actually I have already witnessed it through visiting your website "www.masebusinesscentre.com.sb"
I hope my website will become living church too, by receiving the living Jesus Christ such as you from whole world.
Regards,
Atsushi Murakami
2012-05-26 Voice.88
[Comments & Reactions: Jesus' plan to be crucified Part 6]
Fantastic
Marco Poleeo
2011-04-04 Voice.86
厳しかった寒さも遠のき、やっと春らしくなって参りました。ご無沙汰ばかりしておりますが、お変わりございませんでしょうか?昨年8月に帰国されたウェイイン先生は、その後シンガポール航空に入社、キャビン・アテンダントとして、活躍されております。ウェイイン先生から最近の生活を記したブログが届きました。テマセックのホームページから是非、ご覧下さい。トップページ左にある「講師ブログ」のアイコンをクリックしてご覧ください。
テマセックのホームページをリニューアルしました。少し可愛くなったと思いますが、いかがでしょうか。今後ともテマセックのホームページを宜しくお願い致します。
藤岡 司
テマセック外語学院
temasek@japan.email.ne.jp
http://www.temasek-kobe.com/

【返信】
藤岡様
リニューアルしたホームページ拝見しました。アットホームでいいですね。中国語クラスの増設から、留学支援まで、テマセック外語学院が日に日に成長を遂げているようすが窺えます。
SEAnewsも東京在住の友人の助けを得て、目下ホームページのデザインの改良を進めています。一応完成した時点でまたお知らせいたしますので、一度お立ち寄り下さい。
村上厚

村上さん、
ご無沙汰しております。お元気そうでなによりです。
 シンガポールにいたのは1985年から87年まで。もう30年近くになります。
村上さんがパナニュースにおられたころが懐かしいです。本当に月日の流れを思います。
この次にシンガポールに行きましたら、村上さんの所へお寄りしたいと思っております。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
藤岡 司

ご無沙汰しております。みなさま、お変わりございませんでしょうか?,
ゴールデンウイークが終わって仕事が始まると、季節も一変、日中は汗ばむほどの陽気になりました。
季節の変わり目は体調の維持が大変です。どうかお体に気を付けてください。
テマセックも世の流れに遅れまいと、遅まきながらツイッターを始めました。これから毎日、いろいろな
出来事、皆様にお知らせしたい情報など、発信していきたいと思っています。テマセックのホームページを
開いていただいて、左上のツイッターの窓をクリックしてください。そして、皆さんもどんどんさえずって
ください。宜しくお願いいたします。
藤岡 司
temasek@japan.email.ne.jp
http://www.temasek-kobe.com/

2011-03-11 Voice.85
村上様
ご連絡ありがとうございます。
3月11日は、会社から5時間かけて、歩いて家まで帰ってきました。
家族全員無事、家屋も被害はありません。
昨日は、法事で横浜まで出かけましたが、横浜では午後2時半から10時半まで6時間停電したとのことです。
母のところは、水洗トイレの水が止まらなくなった他、特に問題はなかったということでひとまずほっとしております。
<東風>
2011-01-22 Voice.84

村上様
本日、香港・ベトナム出張より戻りました。
両国とも新年(春節)を迎える大晦日で華やいでおりました。
昨日、仕事から開放され、ホテル近くを歩いたときに写した
タウンホールの写真を送付(添付)します。
東風

【返信】
いつもお便りありがとうございます。
世界の経済(あるいは文化も)活動の重心が欧米からアジア、中南米、アフリカにシフトする歴史的転換点に立っているようです。
中国、インド、中南米もそれぞれ異なる問題を抱えていますので、なお曲折がありそうです。
インドの動向のモニターを通じ、その証人(witness)を務め、悉皆成仏(sanctify)を目指したいと思います。
ホームページに欠陥があり、顧客の管理ができないため、Perlを導入、セキュリティー方式をIISからApacheに転換、PHPとAWStatsと言うソフトウェアの導入を試みています。バックアップ・サーバーPC上で一応成功しましたが、なおパスワード認証の設定、アクセス統計表示の設定、その他もろもろの設定をせねばなりません。またバックアップ用PCがたびたびフリーズするため、サーバー本体のセットアップをする前に別のPCをバックアップ・サーバー用にセットアップする必要がありそうです。データベース・サーバーのインスタントWEB公開方式もApacheに対応していないようです。
数年前から正月休暇をつぶして試みて来ましたが、今年はささやかながら前進できた感じです。 村上
2011-01-04 Voice.83




厚様
明けましておめでとうございます。
今年の日本の正月は、日本海側は大変な大雪のところがあり、係留されていた漁船が雪の重みで沢山沈没したりしましたが、東京や此処武蔵野は穏やかに晴れた好天に恵まれました。
2日には、私が恒例にしている、皇居での一般参賀に行ってきました。日本が菅政権の下での迷走政治でも穏やかな正月でいられるのは、皇室の存在が大変大きな力を発揮している結果と思います。
外人さんのグループの参賀姿を多く感じましたが、皆、日本の皇室の存在を物珍しく思うと同時に、羨ましく感じているのではないでしょうか。その時のスナップを添付します。写真のサイズは1024×768ピクセルです。大き過ぎないと思います。
また、2日にはお墓参りも済ませました。
今年が、ご家族の皆さんにとって、よい年となるように祈っています。 武

【返信】
あけましておめでとうございます。
今年は大雪とか、寒さも厳しいことと思います。
息子はクリスマス休暇は、英国国内旅行、4月にはパリ、プラハ、ウィーンにも行ってみたいなどと、留学生活を楽しんでいるようです。留学先のグラスゴーの緯度は地図で見ると樺太北部やカムチャッカ半島南部に相当するため、寒いのではないかと思ったのですが、シンガポールで一年中ひいていた鼻風邪がかえって治ったとか。
娘はクリスマスも正月休暇もなしで昼夜アルバイトに励んでいますが、合間を縫ってマレーシアやタイに旅行しています。果たして卒業できるかどうか、疑わしいですが、やりたいことが存分にやれたらそれで十分と激励しています。
今年もまた忙しい年になりそうです。本年も宜しくお願い致します。 
 ご家族の皆様にも宜しくお伝え下さい。     厚
2010-12-23 Voice.82

村上様
本年も後わずかとなりましたが、如何おすごじでしょうか?
今年は、9月に仙台で開催されたAPEC化学品対話に参加。11月には、日本化学品輸出入協会の団長として各商社、経済産業省など10名で訪中等、充実した一年でした。
来年は、還暦ですが、できる限り現役で頑張りたいと思っています。
本日は、家族でささやかなクリスマスを祝いました。
良いお年をお迎え下さい。
 添付:APEC参加時の写真 北京での日中交流の様子
<東風>

【返信】
メリークリスマス
ただいま今年最後のSEAnewsを作成しています。
お元気でご活躍のようすなによりです。
私も倒れて後止むの覚悟ですが、多少無理をすると腰痛、下痢、風邪等に悩まされますので、健康管理にこれまで以上気を遣うようになりました。
基調はこれまで通りですが、多少力の配分を変え、来年はさらにもう一ふんばりするつもりです。
息子は先だってスコットランドのストラスクライド大学(University of Strathclyde)に留学しました。緯度からすると樺太の北部やカムチャッカ半島の南部とほぼ同じで、さぞ寒かろうと思いましたが、札幌程度のようです。
娘もアルバイトをしながらSingapore Management Universityに通っていますが、アルバイトが本業のような状況ですので、果たして卒業できるか、定かでありません。
家内はチャンギ空港の警備会社で専ら夜勤、クリスマスはどうなることか。
とにかくみな元気に奮戦しています。 よいお年を。
村上厚
2010-12-05 Voice.81

村上様
ご無沙汰をしております。
東京は暖かい日が続いております。
皇居散歩の際に写した紅葉の写真を送付(添付)します。
東風

【返信】
お便りありがとうございました。
南洋ぼけで、すっかり季節感を失いかけていたところ、懐かしい日本の風景ありがとうございます。
先日の報道によると、インドと米国は、NTP未加盟のインド/パキスタン/イスラエルを含む核保有国全体会議を計画、合わせて、国連安全保障理事会の再編も計画している様子、新しい世界秩序を構築する動きが生じているようです。
 また、印中露三国外相会議に関するインドの新聞報道の中で、中印両国の領土論争が高まっているにもかかわらず、中印両国交渉の最前線で両国官員が意外に冷静に意見交換をしていることに気づきました。ソマリヤ沖では、日本の自衛官と中国海軍の軍官が、尖閣問題で両国の国論が沸騰する中、通常通り情報交換や交流を続けていたとのこと、自衛官も、中印官員に劣らず捨てた者ではないと意を強くした次第です。村上厚
2010-08-07 Voice.80
村上様、
ご心配いただき、ありがとうございます。
ご連絡の件は了解いたしました。
まだ全快ではありませんが、9月頃には胸骨も完全につながっていると思います。
9月最初の土曜日にお伺いしたいと思いますので、よろしくおねがいいたします。
ありがとうございました。 Psalms100

【往信】2010-08-05
Psalms100様
退院後順調に回復され、お元気にお過ごしのことと思います。
さて土曜の聖書学習の件ですが、できれば9月から再開させていただければと思います。
SEAnewsの配信数を週2回から3回に増やしたことに伴う、作業配分の調整になお時間がかかりそうなためです。方向が定まりましたので、おそらく9月までには軌道にのるものと思います。
勝手を申してすいませんが、またよろしくお願い申します。
なお、お体には十分気をつけて下さい。 村上


2010-08-06 Voice.79
お誕生日おめでとうございます
素敵なことがたくさんありますように まるこめ

【返信】
二周目満一歳の誕生祝い有り難うございます。これだけで十分素敵ですが、すがすがしい気分でガンバリま~す。 アツシ
2010-08-05 Voice.78
お誕生日おめでとうございます! 引き続きよろしくお願いいたします。
ちなみに8/6は私の妻の誕生日です はなぢ

【返信】
久々に誕生祝いのメッセージを頂きました。 二周目満一歳の誕生日
ちょっと早いですが、奥様、おめでとうございます。 アツシ
2010-07-29 Voice.77
村上さん
いつもおもしろく読ませてもらっています。
こちら別府は、この10日ほど猛暑で、フーフー言っています。
さて、シーニュースの送付先を以下にかえてください。ykotake

【返信】
猛暑お見舞い申し上げます。
遅れましたが次回から配信アドレスをこちらに変更いたします。
SEAnewsの配信回数を週2回から3回に戻し、ニュースの項目を多少増やすよう試みています。
コーヒーの飲み過ぎで胃を壊したため、コーヒー断ち。コーヒー依存症のため、コーヒーなしで仕事をするのは若干つらいです。
小竹さんもあまり無理をせず、健康に気をつけてください。 村上
2010-07-02 Voice.76
村上様
ご無沙汰しています。いつもSEAnewsを送って下さりありがとうございます。
日本もこのところ、蒸し暑い日が続きますが、やはり、暑さはシンガポールとは違いますね。
先日、仕事も兼ね、長崎に行き、南洋大学時代の友人と久しぶりに会い、長崎を案内してもらいました。
南洋大学で初めて、村上さんにお会いしてからもう30年以上になるのですね。何だかあっという間に時は過ぎ、といった感じです。
何もお手伝いすることも出来ず、恐縮ですが、ご家族ともども、お変わりなく過ごされることを祈念しています。 丸山

【返信】
丸山様
お便り懐かしく拝見いたしました。我が家はおかげさまで皆元気にしています。
 SEAnewsの英語/中国語のダイジェストをストップ、余った時間で週3回配信体制に復帰を試みています。
息子はシンガポール政府の奨学金が得られたもようで、今年9月の英国留学を目指しアルバイトに励んでいます。娘はマッセイ大学シンガポール分校を数ヶ月で中退した後、シンガポール経営管理学院の入学許可が下りたようですが、こちらは奨学金がないためやはり、バイトに精を出しています。
 私はシンガポールに来て以来ずっと200%の稼働率ですが、家族にも伝染したようです。
村上厚
2010-06-15 Voice.75
石井田 様
いつもシオンの通信読ませて頂いています。
先日お届けした拙文『イエスの十字架計画(2)』を読んだ兄が、添付の朝日新聞の切り抜きを送ってくれました。
既にお読みになったかも知れませんが、大変興味深いので転送いたします。
村上厚

村上厚様
転送ありがとうございます。
この本は、イスラエルでも左派系の人に大人気だったので、よく知っていました。朝日新聞は、この本のことを大喜びで報じていますが、内容は古くからある議論の集大成だと思います。
この方式の理論にしたがえば、「パレスチナ人」も「パレスチナの大義」も無い事になるし「アラブ民族」など、もっと荒唐無稽なものになります。もちろん、アメリカ人など存在しないし、渡来人の寄せ集めである我が日本民族など、初めから存在しないことは明白でしょう。しかし、そういう主張をしても問題の解決にはなりません。DNA的に、日、韓、中にはほとんど差がありませんが、そういう民族は存在しないと主張してみても、現実的にこの3民族の間の怨恨や、南北朝鮮の激しい対立を解決する力にはならないです。
むしろ、私にとって興味深いのは、ユダヤ民族に限って、なぜ「ユダヤ民族は存在しない」という理論に、それほどユダヤ人も非ユダヤ人も熱狂するのか、という点です。
やっぱり、「神との契約」という重~い荷物から、何とかして解放されたいと、ユダヤ人は考えるし、また異邦人も、ユダヤ人だけが神様から何か(それが苦しむ運命であっても)を与えられていると言う概念には、どうしても我慢できないのでしょう。

マタイ
11:28 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。
11:29 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。
11:30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。
一日も早く、平和の君が来て、みんなを休ませて下さることを願いましょう。
石井田直二

【返信】
石井田直二様
早速お返事頂き有り難うございました。
私はユダヤ民族の歴史(旧約)は人類の歴史の縮図と思います。人類が発生した当初から背負い、今後も背負い続けねばならない宿業を、ユダヤ人がどう処理して来たかを、我々非ユダヤ人も学ぶことができます。
イエスは、旧約の予言者らの啓示を敷衍し人類が共有できるものとして解き明かしてくれました。ユダヤ人もパレスチナ人も日本人もない時代が到来する時、真の平安が訪れることを予言したものと思います。
その実現にはなお時間がかかるかも知れませんが、イエスが示した目標に向かって行動を起こした時、我々はイエスとともにある、神とともにあるのだと言う福音を我々に残してくれたのではないでしょうか。  村上 厚
2010-06-11 Voice.74
友達申請登録いたしました。 
登録だけして、ずっと放っておいたFB。知り合いが始めたというので、久しぶりに開いてみたところビックリ!友達申請が来ているではありませんか!
どんな方かも確認せずに登録してしまうという少々危ないことをしてから若干の後悔をはさみつつ、貴台の基本データを確認させていただきました。
同じ学舎の卒業生の方だったのですね!40歳近くも歳の離れた先輩とは、大先輩と呼んでも問題ありますまい。
インドを中心とした経済の流れを追っていらっしゃると聞き、パワフルなおじいちゃんだこと、と心の中で呟いてしまったのは秘密でございます。
世界経済の中心となりつつある、中国、インド。特に中国の動静が日本の地理関係から、今後日本が独立国としてぬらりくらりとやっていくためには重要極まりないことは若輩の私でも分かりますので、貴台の仕事が日本の、主に外交、経済の分野に大いなる貢献を果たしているということは実感として感じられます。ははあ、なかなかパワフルな先輩を持ってしまったものだ。後輩である我々はもっとパワフルにやらねばならぬではないか、と奮えてしまいます。
面白くもなく、失礼極まりないであろう文を長々と書いてしまい、申し訳ありません。今後ともよろしくお願いします。
早川祥平

【返信】
おじいちゃんとは心外な、
息子はシンガポールの兵役を終え、シンガポール政府の奨学金(ボンド)で英国留学を準備しています。娘はマッセイ大学シンガポール分校を途中下車、改めてシンガポール経営学院への入学を認められたものの、こちらは奨学金がないため、昼夜バイトに励んでいます。
そんなことでおじさん程度にしてもらえたらと思ったのですが、まあおじいちゃんでもいいかな。
ブログを読んで頂いた上、感想ももらいありがとう。よろしくお願いします。Atsushi Murakami

2010-05-28 Voice.73
村上様、
いつも情報をありがとうございます。
先日お話したとおり、本日(28日)一時帰国することになりました。
7月末には帰星できると思います。
8月からまた研究を再開したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
また、インド情報は引き続きお送りいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。 Psalms100

【返信】
お元気でご帰還され、またご一緒に聖書を学習をするのを楽しみにしています。
今日明日は、先日お届けしたものを多少推敲し、英文、中文もできるだけ仕上げたいと思っています。 村上
2010-05-25 Voice.72

村上様
いつも貴重な情報をありがとうございます。
先々週、インド・ムンバイに出張し、Mukesh Ambani氏をまじかに見てきました。
30分間の同氏のスピーチも聴きましたが、父親が2000ルピーで興した事業が数百億ドルに育ったと胸を張っておりました。
ご参考までに、ホテルから外の風景を撮った写真を送付(添付)します。
東風

【返信】
インドの最新情報と写真有り難うございます。
アンバニ兄弟は、喧嘩も大がかり、仲直りも劇的で、見せ場を作るのが上手ですね。本当は仲がよいのかも。これからも競争しながらグループを拡大していくことでしょう。爪のあかでも分けてもらいたいですね。 村上
2010-04-16 Voice.71
メール有難うご座いました。漸く船出が出来、これからは力を合わせ、日本の為になる政治を確立する為、努力して参ります。ご意見、御礼申し上げます。
衆議院議員 平沼赳夫

平沼赳夫先生
こちらこそ激励を受けました。私も日本のため、ひいては世界のために、先生、他皆様とともに頑張りたいと思います。新党の躍進を期待しております。 村上厚
2010-04-12 Voice.70
メール有難うご座いました。新しい党の立上げでつい取紛れご返事遅れました。ご激励を頂き、心より感謝し頑張って参ります。今後共あらゆる面でのご指導をお願い申し上げます。有難うご座いました。衆議院議員 平沼赳夫


平沼赳夫先生
私の拙い意見に対しご丁重なお返事を頂き感激致しました。
私も微力ながらできることを1つ1つ実行してみよう思い、一昨日は鳩山由紀夫首相に普天間を含む基地問題を根本的に解決する手だてとして、核安全サミットの席上、オバマ大統領に国連による一元管理を通じた核兵器保有の全面禁止を提言するよう進言した次第です。
現状では、イスラエルもイランも北朝鮮もおそらく核不拡散協定に調印することはないものと思われます。しかし国連が核兵器を一元管理し、如何なる国も核兵器の保有を認めないと言うのであれば、北朝鮮もイランも、そしてイスラエルも核兵器の保有計画を放棄し、核査察を受け入れるはずです。
現在、国連本部は米国に位置し、米国は、国連安保理常任理事国リーダーを務めています。もし米国が主導し、ロシア、中国、インド、パキスタン、フランス、英国等に核兵器の国連による一元管理を提案、1国でも同意を得られれば、他の国々もこれに従うものと思います。
そうなれば、中東和平の道が開けるのみならず、普天間基地はおろか、日本全土の米軍基地が不要になります。
 ベトナム戦争に次いで、アフガンでも敗退する危険に晒され、米国の威信失墜回避の道を探るオバマ大統領にとっても決して受け入れがたい提案とは言えないと信じる次第です。
 鳩山首相が実際にオバマ大統領にこうした提言を行うことは極めて困難であり、またオバマ大統領が直ちに提言を受け入れ、実行に移すとは考えられませんが、立ち上がれ日本の呼びかけに応じ、またオバマ大統領の核廃絶計画の実行可能な環境を醸成する上でも、私にできることがあれば、やってみようと考えております。  村上厚
2010-04-07 Voice.69
メール有難うご座いました。
ご激励に感激し、努力して参ります。
若手の参画も将来必ず達成出来ます。
衆議院議員 平沼赳夫
(元経済産業相)

平沼赳夫 様
このたびはご丁重なご返事を頂きありがとうございました。
弊社SEAnewsおよびWebサイトに掲載させて頂きました。
平沼赳夫先生のご活躍と、新党の発展をお祈り致します。
村上厚
SEAnews編集兼発行人
2010-04-06 Voice.68
村上 厚 様
冠省
この度は丁重なるメールをいただきありがとうございました。
日本経済が崩壊の瀬戸際に立っている今、私は「耳障りな事」でも国民の皆様に対し勇気を持って真実を語る事が、政治家に課せられた最大の責任であると確信し、「安心社会」実現への道筋をつけるため、もうひと働きしたいと思っております。
その中、皆様からお寄せいただくご意見、「与謝野、頑張れ!」とのお励ましは、私にとりまして何よりの支えになっております。
今後とも私の政治姿勢、政治活動にご理解をいただきますようお願い申し上げます。
不一
平成22年4月6日
衆議院議員 与謝野 馨

与謝野 馨 様
このたびはご丁重なご返事を」頂きありがとうございました。
弊社SEAnewsおよびWebサイトに掲載させて頂きました。
与謝野先生のご活躍と、新党の発展をお祈り致します。
村上厚
SEAnews編集兼発行人
2010-04-05 Voice.67
祝新党結成。
日本の経済社会を開放し、大企業のみならず中小企業や人材の海外進出を促し、海外の技術や人材を積極的に誘致すべき時が来ています。
対外的には国連による核兵器の一元管理を通じ、核兵器保有の全面禁止と核開発の全面自由化を実現することこそ、日本が果たすべき最優先課題と信じます。
新たに発足する党がこれらの点で日本と世界をリードされるよう期待しております。
シンガポール 村上厚

恭喜!创建新党!
通过开放日本经济和社会而促进不只大企业而且中小企业以及个人的海外进出,同时积极吸引海外技术和人才的时侯到了。
对外方面,通过联合国集中管理核武器而禁止任何一个国家拥有核武器,从而实现发展核能源的全面自由化,我相信这是日本必须和最优先实行的课题。
我希望,将成立的新党在这些领域领导日本和世界。
村上厚

Congratulations! On your founding New Party!
The time has come to promote Japanese small businesses and personnel advance into overseas markets as well as large corporations, and to actively attract foreign technology and human resources through opening up Japan's economy and community.
Externally, the central management of nuclear weapons through the United Nations (in order to impose an outright ban on nuclear weapons and truly achieve full liberalization of nuclear development throughout of the world), I believe, is the highest priority which Japan must carry out.
I hope that your newly inaugurated party leads Japan and the world in terms of these.
Atsushi Murakami
2010-02-24 Voice.66
村上様
 いつも「SEA News」お送りくださりありがとうございます。
さて、私このたび、日本とアジアの友人と会社を設立、アセアンをはじめ、アジアに進出する個人と企業の支援をすることにしました。村上さんとは、旧南洋大学のキャンパスでお目にかかって以来、はや30年が過ぎました。いつもご無沙汰で申し訳ありませんが、今後とも、何卒よろしくお願いいたします。お元気でご活躍ください。奥様にもよろしくお伝えください。
 丸山

【返信】
これからは日本とアジアの関わりがますます深まることと思います。私もいっそうがんばりたいと思っています。新会社の名称決まりましたら教えて下さい。 村上
2010-02-22 Voice.65
こんにちは。
ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか。
梅の便りが聞かれ、春の気配はもうそこまで来ておりますが、
朝夕の冷え込みはまだしばらくは続きそうです。お風邪などひかれませんように、ご自愛ください。
ところで、STB(シンガポール政府観光局)は毎月、日本人向けのメールマガジンを発行しておりますが、当方に「マイ・シンガポール」のコーナーでの依頼がありましたので、テマセックのことも含めて原稿を書きました。アドレスは次の通りです。(http://www.stb.or.jp/mailmagazine/201002.html)
時間のある時にでも是非ご覧ください。
藤岡 司
テマセック外語学院
temasek@japan.email.ne.jp
http://www.temasek-kobe.com/

【返信】
おたよりありがとうございました。
テマセク外語学院の星日交流への貢献ぶり拝見いたしました。
ウィンドサーフィンの腕前もなかなかとお見受けしました。
今後ますます日本と世界の交流は深まり、外国語に通じた人材需要も増すものと思います。いっそうのご活躍をお祈りします。
村上厚
2010-02-16 Voice.64
いつも情報有難うございます。
お時間のある時で結構です。
ご存知だとは思いますが、日本は政治・経済とも今ボロボロです。日米間も微妙ですし、中国との絡みも不安な状況ばかりです。
アツシさんからご覧になってどう進んでいくのでしょうか?中国はこのまま巨大化していくのでしょうか。
あと、ここで出していいのかわかりませんが、最近は殆どフリーメーソンについて耳にしませんが、その絡みもあるのでしょうか。  まるこめ 2010年02月16日 21時20分

【返信】
戦後の日本は政治的判断は挙げて米国に委ね、経済再建に専心して来ましたが、今その米国の経済が不安定で指導力も低下したため、自分で判断せねばならなくなったと言うことでしょうか。
中国は少なくとも十数年、あるいは数十年成長し続け、名実ともに超大国になるものと思います。インドも同様でしょう。
問題はどのような新しい世界秩序が形成されるかと言うことではないでしょうか。日本は坂本龍馬ブームのようですが、仮に坂本龍馬が今いたとすれば、インドや中国の力を利用し、あるいは導き、米国やロシアあるいはECに迫って新秩序の形成に努めることでしょう。坂本龍馬は土佐が長州、薩摩に飲み込まれるなどとは考えませんでした。そこが龍馬の大きさではないでしょうか。
フリーメーソンのことは知りませんが、中東紛争の解決方式が、今後の世界秩序にも大きな影響を及ぼすものと思います。イスラエルはおもしろい国です。旧約に登場する予言者は何れも、バビロニアやアッシリア、あるいはエジプトに服従せよと説いています。この種の予言者は、常に少数派ですが、イスラエルは結局戦いに敗北、主戦派は滅び、生き残った少数派が、イスラエルの歴史や宗教を記して来たようです。右の頬を打たれたら左の頬も打たせ、50歩行けと命じられたなら、100歩一緒に歩きなさいと説いたイエスの教えも単なる人道主義ではなく、こうしたイスラエルの歴史が背景になっているように思います。今日もいわゆる超正統派のユダヤ教徒は、近代イスラエルの建国は神の意思に反するとして認めていないようです。この辺に中東問題解決の鍵があるように思います。 アツシ

お忙しい中、早速のお答えに感謝致します。
ただ私が勉強不足ということに尽きるのですが、日本にいると正しい情報ではなく、一通りの選択のない作られた情報が多いように思います。
ですから、今の政治・経済を目にする情報が正しいのかどうか見極めるのは少し難しく感じます。
私のマイミクで高校の先輩が日本語教師としてベトナムにおりますが、日本で起きる一つの現象を多角的に見ながら話しをしております。私も言われればそうかと思うのですが、やはり現実とあまり結びつかないことも多々ありますので、自分で判断するのがとても困難に思います。
アツシさんは坂本龍馬を用いてお話し下さいましたが、私たちのレベル・環境では「中国は危険」ということだけしか目に触れません。確かにアツシさんがおっしゃる視点に行かなければならない時代なのでしょう。そういうことを肌で感じられていないことへの危機感は少なからず持ってはおりますが、実際はこのような状態です。
有難いことに僕はアツシさんよりお話しを伺えるチャンスがあるので、勉強として質問させて頂いておりますが、判断力のない国民であっては国の行く末はないと思います。
もっともっと正しい物の見方の訓練をし、的確な情報収集・判断が出来るように努力して行きたいと思っております。
お忙しい時間を割いて頂き有難うございます。また事ある毎にお伺いをさせて頂きますが、何とぞ宜しくお願い致します。
有難うございました。 まるこめ 2010年02月16日 23時18分

【返信】
確かに、政界の混迷や車のリコール問題等を見ていると不安になります。当事者にとっても、判断を誤れば、政治生命、企業生命を失うことになりかねません。
しかしこれらは今日本で、あるいは世界でおきているほの1%に過ぎず、残りの99%は目に見えないところでつばぜり合いが行われているものと思います。
私たちの日常における判断、行動の積み重ねが、最終的に日本や世界の将来を決めるのですから、目に見える1%の現象は、1つの兆しとして注目する必要はありますが、それで不安になったり右往左往する必要はないのではないでしょうか。それよりも自分の持ち場でなすべきことを、誤りなく処理することの方が、より重要と思います。実際、自分や家族の生活に関わることですから。 アツシ

いつも丁寧に教えて頂き感謝致します。
今回も大変勉強になりました。有難うございます。
また宜しくお願致します。 まるこめ 2010年02月17日 22時52分
2010-02-04 Voice.63
はやいですね
2月です。
インフレ加速してるんですね。
日本は デフレがまだまだ 続いてます。
堂島ろぉる 2010年02月01日 20:38

【返信】
インフレ加速は、国民の購買力の向上と農業生産が需要に追いつかないことに伴う需給ギャップが原因でしょうが、食料輸入を拡大すると農民の生活に影響が出るため、その調整が難しくなっているのでしょう。好景気に伴うインフレは貧富の格差を拡大する恐れがありますが、不景気の際はインフレよりはデフレの方が庶民にとっては助かるでしょうか。一層景気が後退するのは困りますが。 アツシ
2010-02-03 Voice.62

村上様
いつも情報を頂きありがとうございます。
昨日、皇居を散歩したときに写した雪にたたずむ紅梅の写真を送付(添付)します。
今夜も家路をたどる中、雪が降り始めました。
明朝は雪景色となっているかもしれません。
東風

【返信】
お便り有り難うございました。SEAnewsの論調や雑感をこんな形で英語圏、中国語圏の先ずは政治家に送付してみようと思います。反応が有りましたら読者の声欄に紹介します。雑感(MISC)も多少デザインを変えてみました。  村上
2010-01-13 Voice.61
あけまして おめでとう ございます。
インドの 自動車販売 伸びは堅調 すごいですね。
今年も宜しく御願いします。  堂島ろぉる

【返信】
30~40年前の日本を彷彿とさせます。インドや中国は人口が多いですからブームも日本の2、3倍長続きするでしょう。よろしくおねがいします。 アツシ
2010-01-06 Voice.60
あけましておめでとうございます。
日記をよみ、メール差し上げました。
政治経済哲学… 多岐にわたる知識の持ち主とお見受けしました。
現在、小説の出筆中身で、さまざまなジャンルの【お勉強】をしておりまして
もし可能であれば、アツシさんの知識の一部を吸収させていただきたいと思い
よろしくお願いいたします。
大久保竜也

【返信】
関心を頂きありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。 村上厚

ありがとうございます。勉強させていただきます。
のびタツヤ
2009-12-26 Voice.59
大変勉強になりました。繰り返し拝読させて頂きたいと思います。 まるこめ
2009-12-23 Voice.58
いつも有難うございます。
もう年末のお休みですね。来年もまたお勉強させて頂きます。 まるこめ
2009-12-17 Voice.57
村上さん
いよいよ今年も、押し詰まってきましたネ。
こちら別府のAPUは、山の中にあって、すごい寒風が
吹きすさんでいます。
南国からの学生は、もう死にそうです!
さて、過日は息子の結婚披露宴にお忙しいなか
来て頂き、まことにありがとうございました。
おかげさまで、1000人の来客があり、大成功でした。
下の息子は、メルボルンの大学に通っていますが、
教授のほとんどはインド人だそうです。
インド・パワーのすごさですね。
SEANEWS、毎回読んでいます。
がんばってください!
ちょっと早いですが、良いお年を!  小竹

【返信】
和やかなマレー/イスラム式結婚式にお招きいただき有り難うございました。小竹さんの友人の方達との会話や食事、デザートも楽しましていただきました。
来客1000人は凄いですね。 一仕事を終えられホッとされたことと思います。ご苦労さまでした。
私のところもそろそろ考えないといけないかも知れません。 ご挨拶もせずに失礼してしまいましたが、奥様に宜しくお伝え下さい。
オーストラリアでインド人留学生が襲撃される事件が頻発しているようですが、あれはインド人留学生だけが狙われているのでしょうか、それとも有色人種の学生一般が標的にされているのですが、インド人が圧倒的に多いため、インド人だけが狙われているように見えるのでしょうか。
私のところも今年兵役を終えた息子がオーストラリアに留学する可能性も検討しているようですので、気になるところです。 アツシ
2009-12-03 Voice.56
こんばんは、アツシさん!
マカオは昨晩ちょうど、香港総領事主催の天皇陛下誕生祝賀パーティーでした。
皇居の紅葉もきれいに色づいていますね。
今は、マレーシア投資が面白いと聞いています。
いつも貴重な情報をありがとう御座います。  マカオン

【返信】
皇居の紅葉は江戸開府、無血開城、維新、開戦、敗戦、再建と、蕩々と流れる、また時にはめまぐるしく変わる時代の中で、毎年変わらず色づき、人々の心を和まして来たものと思います。政治、経済、ビジネス、投資と生命力の発露はいろいろ有りますが、疲れた時は紅葉のような心境に帰るのも一つかも知れませんね。 アツシ
2009-12-02 Voice.55
おはようございます
そちらはドバイの金融危機に関して大丈夫のようですが、日本はガタガタですね。
政府も決定的な方針が決まっていないし…裏では決まっているのかもしれませんが、「どうするんでしょう」という感じです。
アツシさんのご意見はいかがでしょうか?お時間があったらお聞かせ下さい。 まるこめ

【返信】
インドのムカジー蔵相によると、負債規模が小さいこと、インド企業のドバイに対するエクスポージャーが限られていることから、インドは深刻な影響は受けないと言うことです。
ただリーマンショック以来の金融危機から世界各国の経済がまだ立ち直っていない時ですので、どこに飛び火し、どのような波及効果が生じるか注目する必要がありそうです。 アツシ

勉強になりました。
お忙しいところを申し訳ありませんでした。また伺うことがあると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。 まるこめ
2009-12-01 Voice.54


村上様
本日の昼休み、小春日和に誘われて皇居を散歩し、紅葉を写しましたので
送付(添付)します。
***から竹橋門までは数分ですので、入館できない月曜日、
金曜日及び雨の日を除いてほぼ毎日皇居の散策を楽しんでいます。
朝は暗いうちに家を出て、夜暗くなって帰宅する毎日で、
日の目を見るのは昼休みだけですので、大いに太陽を浴びています。
<東風>

【返信】
ちょうどブログに掲載する写真が切れたところでしたので、早速使わせて頂きました。 アツシ
2009-11-29 Voice.53
いつもニュースを拝見させて頂き有難うございます。
あの~、ニュースと関係ない質問なのですが、日記にアップしている写真はそちらのお国のものですか?
今回のは「柿」でしたので…。 まるこめ

【返信】
シンガポールの景色も花も大部分高知の友人が撮影し提供してくれたものです。文字だけでは殺風景ですので。今回で全て使いつくしましたので、次からどうしましょうか。 アツシ

そうでしたか
いつもニュースだけではなく、あの写真が入っているのでとても素敵なセンスをお持ちだなと思っておりました。
何んとか良い写真が手に入るといいですね。 まるこめ
2009-11-17 Voice.52
いつも、見させてもらってます。 ありがとうございます。
日本で住宅太陽光発電着工が国や地方から補助金、
電力会社からの買取価格値上げされ、拍車がかかって
10月から 受注件数が増加しています。
しかし景気は依然まだまだ良くならないです。  堂島ろぉる

【返信】
海外依存が大きい日本のような国では、国内における景気対策の効果はさして大きくないのかもしれません。米国への過度の依存を改め、BRICs諸国やその他の成長市場に重心をシフトし、内需も育成すると言う地道な努力の積み重ねしかないように思います。
国内経済のみ見ていると、あまりパッとしませんが、新興国は成長を続けていますし、世界政治の均衡も大きく変化しようとしていますので、世界的規模で活躍する坂本竜馬や勝海舟が出現するかも知れませんね。 アツシ
2009-10-16 Voice.51
お久しぶりでございます。
アツシさんのお仕事は如何ですか?
ご存じかと思いますが、日本は政権が代わり全てにおいて不安定な状態が続いております。
僕も論議を醸し出すほどの知識はありませんのでどちらともいえませんが、日本国民のレベルの低さが顕わになったのと、逆に「これでいいのか?」という声もあがり、みんなが意見を出し合っているのを見るとそういう時期がやっと来たのかなと思います。
僕は海外へ行った事がないので世界の厳しさや熱さ・寒さを肌で感じたことはないのですが、日本も少しは自分の危機というものを感じていかないといけないように思います。
突然このようなお話を致しましてすみません。
アツシさんの日記を読んでいたらそう思いましたので書きました。
やっぱり海外は違うんでしょうね。 まるこめ

【返信】
お便り有り難うございます。
日本経済は90年代から既に曲がり角に来ており、小泉内閣も鳩山政権も基本的には同じ問題に取り組んでいるのではないでしょうか。政権が変わった(支持基盤も政治思想もさして変わりはないと思いますが)だけでは問題は解決せず、一人一人の国民、個々の企業、家庭、社会がそれぞれの道を見出し、切り開くことを通じて解決するのではないでしょうか。
インドの政治動向もどこか日本に似たところがあり、大きな違いはないようにも思えます。 アツシ

やはりアツシさんの言葉には力がありますね。
大変失礼な言い方かもしれませんが、素敵ですね。
最近、起業している方やオーナーの方にお会いする機会があり、お話を伺うとみなさん本当に凄い方ばかりで、勉強になりました。
アツシさんも凄い方なんでしょうね。
何か勉強になることがありましたら宜しくお願い致します。
夜分にすみませんでした。 まるこめ
2009-10-13 Voice.50
毎回更新を楽しみに見させてもらってます
堂島ろぉる

【返信】
有り難うございます。多民族の大陸国家インドと単一民族の島国国家日本に少なからず共通点があるのが面白いですね。アツシ
2009-10-07 Voice.49
こんにちは、アツシさん
インドに行ってみたくなりました。
しかし、インドも中国と同じく都市部と他地方の所得格差が凄いのでは?との感想もあります。
マカオン

【返信】
世界長者番付に名を列するインド人の数から見ても個人の所得格差の大きいことは想像できます。そのほか、部族間、地域間の格差が大きく、様々な政党や草の根グループ、武装グループ等が誕生するベースになっているようです。 アツシ
2009-09-29 Voice.48
こんにちは、はじめまして!
中国に続き、インドも発展目覚しいのですね!
お住いのシンガポール経済は回復いたしましたか? マカオン

【返信】
シンガポール政府はHDB住宅のアップグレード等公共工事を積極化しています。興味深いことは、働いている労働者は中国人やインド人です。シンガポールの民間企業は活路を開くべく中国やインドに進出しています。
こうした点は日本も見習うべきでしょうか。日本企業や青年は海外に進出し、外国企業や労働者に日本市場を開放するなら、新たな発展の道が開けるように思います。 アツシ
2009-07-04 Voice.47
村上さん
 いつも「SEA NEWS」を送って下さりありがとうございます。
インドには門外漢の私ですが、インドの現在の事情が文面からしのばれる内容、参考になります。と同時に10年以上もこつこつとこうした紙面を作られてきたご努力に頭が下がる思いです。
 私もそろそろ50もなかば、残る人生、何か他人のために残せるものを作りたいと思う今日この頃です。お元気でお過ごしください。
 丸山

【返信】
インド人民党(BJP)に率いられる全国民主連合(NDA)政権当時、インドは積極的に民営化を進めましたが、国民会議派に率いられる第一次統一進歩連合政権(UPA)は、閣外協力した左派政党が反対したため、民営化を進めることができませんでした。
このほど発足した第二次UPA政権はいよいよ民営化、市場経済化、自由化政策に本腰を入れる構えのようです。何か小泉政権時代を彷彿とさせますが、UPA政権には依然として民営化や市場経済路線に反対もしくは消極的なドラビダ進歩同盟(DMK)や草の根会議派(Trinamool Congress)が加わっているため、国民会議派は慎重に進めざるを得ず、このことが却って良い結果を招き、郵政公社のような問題の発生も未然に防げるのではないかと思います。
インド政界にも不正腐敗は存在しますが、自浄能力も備わっているようです。日本の動向に類似しており、こうした点でも両国は相互に学び合うことができるのではないでしょうか。 
またご意見をお寄せ下さい。 村上厚
2009-07-03 Voice.46
お世話になっております。
大阪リサイクルジャパン(http://www.osaka-recyclejapan.jp/)のサイト管理をしております飯島と申します。
サイトリニューアルに伴い貴サイト様のホームページを拝見し、是非相互リンクして頂きたく、メールを差し上げました。
相互リンク登録ページ:http://www.osaka-recyclejapan.jp/link/regist.php相互リンクを通して末永いお付き合いができればと考えております。
また「リサイクルジャパン全国版」でも随時相互リンク可能です。
こちらも「YAHOOカテゴリ登録サイト」となっております。
○リサイクルジャパン(http://www.recyclejapan.jp/)
相互リンク登録ページ:http://www.recyclejapan.jp/link/
またエラー等で登録が出来ない場合、下記の情報をお教えいただければこちらで登録させて頂きます
お手数をおかけいたしますが、相互リンクをご検討いただけましたら幸いです。
-------------------------------------------------------
リサイクルジャパン
http://www.recyclejapan.jp/
0120-456-929
mail@recyclejapan.jp

【返信】
お便り有り難うございました。読者の声欄に掲載させて頂きますのでご了承下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。 村上
2009-06-30 Voice.45
厚様
ダイジェスト版を始めると云う事。色々と試みる事は、継続する事と同様に大切と思います。頑張って下さい。但し、最初から余り、欲張り過ぎない事。ゆとりの持てる計画を立てて、逐次、拡大する方針を立てて下さい。無理は禁物です。途中で、息切れがしないようにして下さい。今、世界でインドは注目されています。 村上武
回光の6月号を送ります。

【返信】
回光有り難うございました。
東条英機と言う方も、それなりに日本の行く末を考えていたことが分かりました。誰も自分を過信すると同じ過ちを繰り返す危険を抱えており、何時の世にもこうした人は登場するものと思います。
鳩山さんの辞任(解任)事件は、小泉さんの構造改革路線を続けるべきか、改めるべきか、自民党内の対立、混迷を反映しているものと思います。私は、民営化は時代の流れで、あながち小泉さんが米国の要求に従っただけとは思いません。当然そうした要求や圧力は有ったと思いますが。
郵政公社を民営化すれば、経営が健全化すると言うのは短絡した発想で、国の支援を失った郵政公社は、競争原理、あるいは市場原理に従って、健全であれば、生き残り、そうでなければ淘汰されるだけでしょう。
民営化のメリットは、経営の健全さ不健全さが直ちに明らかになると言うことではないでしょうか。郵政公社の場合は、残念ながら不健全が立証されたものと思います。
これで構造改革がしぼんでしまうとすれば、構造改革も本物ではなかったと言うことでしょうか。
皆様のご健勝をお祈りします。 厚
2009-06-19 Voice.44
村上様
相変わらず、ご活躍の由、メール嬉しく拝見しました。
シンガポールでも、「インドビジネス」とか言う、情報紙が出る
とかいう話も聞きました。
これからの更なるご発展を陰ながらお祈りしています。
ご家族ともども、健康に留意され、お元気でお過ごしください。
丸山

【返信】
インドに対する関心は高まっていますのでやりよう次第では新規参入者も成功するかも知れません。ただ購読料ベースの経営はますます難しくなりそうです。私の方は何とかやっております。また読者の声の欄にご投稿下さい。それでは。 村上厚
2009-06-16 Voice.43
村上 厚 さま
メール拝見しました。創刊の件、大いに期待しています。
渡邉光一 元NHK,

【返信】
渡邉光一様
早速ご激励頂き有り難うございました。今後とも宜しくご教示のほどお願い致します。
村上厚
2009-06-12 Voice.42
日本語、英語、中国語を駆使した編集者の力量には、常々敬服しております。
忙しい企業戦士にとって、ダイジェスト版は数秒で世界の動きが理解でき、助かります。
未曾有の世界経済危機を経験し、不況すらグローバル化する時代となり、情報の重要性が
高まっております。今後とも、迅速且つ的確な情報の配信を期待しております。<東風>

【返信】
ご激励いたみいります。迅速かつ的確な情報配信を目指し、今後一層努力する所存です。
村上

[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.