NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2000-05-29 ArtNo.22601
◆商工省、EPZ/FTZ企業に解雇の自由提案
【ニューデリー】商工省は輸出加工区(EPZ)及び特別経済区(SEZ)に進出した企業に雇用/解雇の自由を認めるとともに、労組の罷業や怠業を防止する諸施策を講じるよう提案した。
インディアン・エクスプレスが26日伝えたところによれば、これによりある種の品目の需要が急増した際、企業は一時的に雇用を拡大し、需要が減退したなら直ちに生産を停止、労働者を解雇できる。商工省によれば、そのためには労使関係法、1947年産業争議法、1948年工場法等に少なからぬ改正を加える必要がある。商工省の提案は目下労働省により検討されている。
産業争議法の修正に関しては、目下労働関係法は地方政府により施行されているが、先ず中央政府がEPZ/SEZを直轄することを認め、中央政府を通じてEPZ/SEZに公益事業としてのステータスを与える。これによりEPZ/SEZ企業は1ヶ月前に通知さえすればレイオフを行うことができるようになる。
また1週間54時間を上限に1日9時間の就業や、女性の夜間勤務を認めることも提案されている。
商工省は、労使の敵対関係をベースにした伝統的法規を、労使の協調関係をベースにした近代法規に転換する必要があると見ていると言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.