NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2003-03-26 ArtNo.30852
◆Indo Gulf/Deepak Fertilisers、FACT政府持分買収に関心
【ムンバイ】AV Birla Group傘下のIndo Gulf Fertilisers Ltdとマハラシュトラ州Pune拠点のDeepak Fertilisers and Petrochemicals Corporation Ltdが、Fertilizers and Chemicals Travancore Ltd (FACT)の51%政府持分の買収を競っている。
インディアン・エクスプレスが3月24日報じたところによると、現在FACTの97.38%のシェアを握っているインド政府は、Deloitte Touche Tohmatsu India Pvt LtdをFACT民営化の顧問に指名した。
インド政府は2002年11月に潜在投資家に入札意向書(EOI)の提出を求めたが、化学肥料省が窒素/燐酸塩/配合肥料に関わる複数の新政策を発表、環境変化が生じたことから、改めてEOIを募集した。こうした政策変更には、“第7次及び第8次価格政策(VIIth & VIIIth pricing policy)期間の政策パラメータの変更”、“支出再編委員会(ERC:Expenditure Reforms Committee)が提案したフレームワーク内における長期尿素価格政策及び配合肥料価格政策の修正”が挙げられる。
FACTがケララ州内に設けた3つのユニットは、尿素、硫安、factamphos、カプロラクタム(caprolactum/Caprolactam)の製造を手がけている。生産された肥料の大部分はケララ州、タミールナド州、カルナタカ州、アンドラプラデシュ州内で販売されている。また900 TPDアンモニアとカプロラクタムの製造施設を除き、他のプラントは何れも建設されてからかなりの年月を経ている。
FACTの年初5ヶ月(2002/4-8)の損失は109.16クロー(US$2257万)と、前年同期の106.68クローを上回った。2002年12月期四半期には売上げ283.69クロー(US$5866万)、純損失53.17クロー(US$1099万)を計上した。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.