NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2004-01-09 ArtNo.32605
◆トヨタ、鉄鋼価格上昇に警鐘
【ニューデリー】高水準な輸入関税の下で鉄鋼価格が持続的上昇を見たことから、インド国内で製造するよりタイからコンポーネントを輸入した方が割安になっている。
ビジネス・スタンダードが1月3日伝えたところによると、Toyota Kirloskar MotorのK K Swamy副MD補は同紙に以上の消息を語った。インド国内の鉄鋼メーカーは1月1日、再度熱間圧延(HR)鋼価格をトン当たり1500ルピー引き上げた。これにより昨年初以来の値上げ幅は49%に達した。鉄鋼価格が上昇し続け、先行きの見通しが立たないため、地元製造業界は深刻な影響を受けている。加えて輸入基本関税は25%と、高水準に維持されている。この種の輸入関税は産業の成長に有害である。
タイに大規模な製造拠点を有するトヨタは、エンジンとスチール・パネルをタイから輸入しており、近く締結されるタイとの自由貿易協定(FTA)により最大の恩恵を享受するものと見られている。このため少なからぬ地元自動車コンポーネント・メーカーやカー・メーカーが苦情を訴えて来た。
この点に関してSwamy氏は、「トヨタは関税の引き下げを支持するが同時に、地元ベンダーの成長を支援する。これは同社の国際戦略に基づくものである。もし関税率が引き下げられるなら、スチール・パネルもインド国内で製造する用意がある」と語った。スチール・パネルもタイとのFTA協定適応品目リストに名を連ねている。自動車メーカーが輸入する鉄鋼製品にタイは5-7%の税を課し、完成品を輸出するものには、税還付の便宜も提供している。これに対してインドの基本関税は25%で、有効課税率は28-30%に及ぶ。このためタイでコンポーネントを製造するなら、インドに比べ23%ポイント税負担が軽減される。
Swamy氏によると、インドにおける鉄鋼の値上げは余りに頻繁で、鉄鋼製品ユーザーの利益を少しも配慮していない。トヨタの長期契約は今年4月まで有効だが、今月初の鉄鋼値上げの影響を既に受けていると言う。
少なからぬ自動車メーカーが乗用車の販売価格を2-5%上方修正するとしているが、業界筋によると、譬え完成車の販売価格を2%引き上げても、コスト上昇を40-50%カバーできるに過ぎないと言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.