NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2004-01-28 ArtNo.32713
◆今年のアルミニウム生産83万トン
【ムンバイ】今会計年度のアルミニウム生産量は83万トンと、主要メーカーHindalco/Nalco/Sterlite/Balco/Indal/Malcoの合計年産能力90万9000トンを大きく下回る見通しだ。
ヒンドゥー・ビジネス・ラインが1月23日伝えたところによると、Indian Aluminium Co Ltd (Indal)のS.K. Tamotia社長兼CEOはこのほど催されたアルミニウム国際会議“ALCASTEK 2004”の席上以上の見通しを明らかにした。それによると、上記の生産量の内20万トン強が輸出される。
国内アルミ・メーカーは向こう5年間に年産能力を合計40万トン拡大する計画で、これは年率7.5%の成長率になる。しかし同予測値は既存製造施設の拡張のみで、新精錬施設は配慮していない。仮にAditya Aluminiumが2008年までに稼働すれば、国内生産能力はさらに25万トンほど拡大され、国内製造能力は156万トンに達する。ちなみに世界のアルミ精錬能力は年率5%の成長が見込まれ、中国に関しては8.5%の成長が予想されている。
一方、国内消費量は2003-04年に65万トンを記録、さらに向こう5年間に年率7%の成長を遂げ、2007-08年に90万トンに達するものと見られる。これは中国の10%に次ぎ、世界的に2番目に高い成長率と言える。
アルミナの需要も年率7-8%の成長が見込まれ、国内生産能力は2008年までに700万トンに達する見通しだ。現在インドは年間123万トンのアルミナを輸出しているが、向こう5年間に輸出量は3倍に拡大するものと見られる。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.