NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2004-04-02 ArtNo.33121
◆Tata Power、広帯域サービスを他の都市にまで拡張
【ムンバイ】マハラシュトラ州Mumbai拠点のTata Power Company Ltd(TPC)は、その広帯域サービスを、カルナタカ州Bangalore、Delhi、マハラシュトラ州Puneを含む他の都市にまで拡張する計画だ。
ヒンドゥー・ビジネス・ラインが3月30日伝えたところによると、TPCのFirdose Vandrevala重役(MD)は同紙に以上の計画を語った。それによると、100クロー(US$2211万)を投じ、いわゆるキャリアズ・キャリア(carriers' carrier:電気通信設備を他の事業者に貸し出す『卸電気通信役務』)ビジネスをムンバイ以外の都市にまで拡張することを計画、当面プネー、デリー、バンガロールの3都市を対象として検討している。これらの地域には既に光りファイバー・ケーブルが敷設されており、ネットワークの構築に新規投資を行う必要はない。TPCはムンバイ市内に延べ800キロの光ファイバー網を擁し、同ネットワークはプネーに達している。ムンバイとプネーはインド国内の光ファイバー・キャパシティーの35%を占める。
キャリアズ・キャリア・ビジネスは営業初年度に利益計上が見込まれ、TPCはその広帯域部門“Tata Power Broadband(TPB)”を子会社として分離・独立させることを検討している。何故なら広帯域ビジネスのワーク・カルチャーはTPCの中核ビジネスとは大きく異なるため。
他の非中核ビジネスの中では、Strategic Electronics部門(SED)も利益を計上できそうだ。同部門は前年は20クロー(US$442万)余の損失を計上したが、2003-04年度の売上げは60クロー(US$1326万)に達し、黒字転換が見込まれる。SEDの売上げは向こう4-5年間に400-500クロー(US$8843万-1.105億)に拡大するものと期待される。SEDが開発したミサイル誘導や測位システム等の電子/ソフトウェア・ベースの技術は、何れも国防用途のもので、輸出は考えていない。この種の技術の移転には限界があり、TPCや政府が国防面の不利益を生じないと判断した場合を除き、国外に持ち出すことは問題があると言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.