NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2005-02-02 ArtNo.34938
◆Novartis India、結核原末ビジネスをSandozに売却
【ムンバイ】Novartis India Ltd(NIL)取締役会は1月28日、結核治療用原末(bulk drug)“Rifampicin”ビジネスとマハラシュトラ州Mahadの施設を、姉妹会社Sandoz Private Ltd(SPL)に30.77クロー(US$707万)で売却する方針を決めた。
ビジネス・スタンダードが1月29日伝えたところによると、スイス拠点の製薬会社Novartis AGはNILに51%、SPLに100%出資している。Novartisはブランド薬品市場に進出、Sandozは世界第2位の後発医薬品会社で、後者は昨年Navi Mumbaiにインドにおける第3の工場を設けた。
Novartisによると、取引は4月1日に発効する。Rifampicinビジネスは設備過剰に加え、低価格な輸入品の流入と国内価格の下落で、厳しい経営を強いられており、改善の見通しはなかった。
SPLが何故経営難のビジネスの買い取りを引き受けたかに関して、アナリストは、「NPLがインド国内のビジネスに力を集中しているのに対し、SPLは海外市場の開拓ができる。またMahad工場をインドにおけるソーシングの拠点として利用することもできる」と指摘した。
Sandoz GmbHのChristian Seiwald重役(CEO)は昨年インドを訪れた際、「後発医薬品ビジネスにとって、インド拠点は不可欠の条件」と語っており、今回の取引は、同戦略が正しいか否かを立証する試金石と言えそうだ。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.