NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2005-04-11 ArtNo.35337
◆Neelachal、US$2.3億投じ条鋼製造計画
【ブーバネスワル】Minerals and Metal Trading Corporation (MMTC)とオリッサ州政府の合弁に成る銑鉄製造会社Neelachal Ispat Nigam Ltd (NINL)は、1000クロー(US$US$2.3億)を投じて条鋼の製造に乗り出す。
ビジネス・スタンダードとヒンドゥー・ビジネス・ラインが4月8/9日報じたところによると、NINL会長を務めるMMTCのSD Kapoor重役(MD)とNINLのS K Sarna重役(MD)は、このほど以上の消息を語った。それによると、1000クローの拡張計画では年産100万トンの鉄鋼溶解設備(steel melting shop)と線材棒鋼製造設備(bar and rod mill)が設けられる。工期は3年で、負債/自己資本比率は1:1。以上の前方統合化計画のコンサルタント入札には、Dastur & CoとMetallurgical & Engineering Consultants India Ltd(Mecon)が応札、目下選考が進められている。
国内の鉄鋼需要、取り分け条鋼製品の需要は拡大しており、2004-05年の鉄鋼国内消費量は前年比7-8%増の3800万トンに達したものと見られる。
NINLは2004-05年度に71クロー(US$1631万)の純益を計上、2002年に操業を開始して以来初めて黒字転換した。2004年8月には110クロー(US$2526万)の純損失を計上しており、この点からも目覚ましい業績の改善と言える。今会計年度は、売上を昨年の1100クロー(US$2.53億)から1600クロー(US$3.67億)に拡大、150クロー(US$3445万)の純益計上を目指す。
銑鉄製造コストの引き下げと市場環境の改善、取り分け冶金用コークスのキャプティブ生産がこうしたNINLの目覚ましい成長に寄与した。NINLはコークスの製造を手がけるKonark Met Coke Ltd (KMCL)を合併した。
2004-05年の熔銑(hot metal)生産量は前年比31%増の61万6000トン、銑鉄は同35%増の55万2000トン、高炉用コークスは35万2000トン、焼結物は81万3000トンを記録した。インドの銑鉄生産に占めるNINLのシェアは約25%をマーク、銑鉄の輸出量は前年比188%増の27万8000トン、390クロー(US$8957万)と、国内のトップに立った。焼結炉とコークス炉の設備稼働率は80%以上に達した。この他、粒状スラグ(granulated slag)20万トン、タール(crude tar)1万7000トン、硫安5000トンも生産、セメント業界や農業部門に供給した。2005-06年には前年比22%増の熔銑75万トン、銑鉄67万5000トン、同56%増の高炉用コークス66万トンの製造を目指している。
またキャプティブ発電施設は240億ユニットの余剰電力をGrid Corporation of Orissa (Gridco)に供給した。2005-06年上半期にはガス・タービンが稼働するため、電力売上は一層拡大する見通しだ。
2004-05年には高炉用コークス11万7000トンをVizag Steel Plant/Bokaro Steel Plant/Mid-East Steel Co(Mesco)/Kalinga Iron Works等に供給した。
NINLはまたオリッサ州Sundergarh/Keonjhar両県に年産200万トンの鉄鉱山を開発している。これらの鉱山は2年内に生産を開始すると言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.