NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2006-01-13 ArtNo.36997
◆Piaggio/Bajajのクアドリサイクル立ち往生、TVSは放棄
【プネー】PiaggioとBajaj Autoのクアドリサイクル(quadricycle:原動機付き四輪自転車)プロジェクトは、この種の製品に対する規則が存在せぬことから立ち往生している。
インディアン・エクスプレスが1月12日伝えたところによると、インド自動車製造業者協会(SIAM:Society of Indian Automobile Manufacturers)のMadhur Bajaj会頭によると、クアドリサイクルは欧州で普及しているものの、インドでは新コンセプトで、如何なるカテゴリーの如何なる規則を適応するか政府も方針を決めていない。一部のものは通常の四輪自動車と同じ規則を適応すべきだとし、他のものは、新しいものには新しい規則を適応すべきだと主張、それぞれ政府に提言している。政府はこのため方針を決めかねている。
当初2004年にクアドリサイクルを発売する予定だったPiaggio Vehicles Pvt Ltd(PVPL)は、新生産ラインを既に設けているが、商業生産には至っていない。PVPLのRavi Chopra重役(MD)によると、同社は先ずピックアップ車両を製造、2005年までに乗用車も発売する計画だった。プロジェクトは決して棚上げされた訳ではなく、軽商用車カテゴリーのプロットタイプが既に完成、商業化プロセスも進捗していると言う。
エコノミック・タイムズが1月10日報じたところでは、TVS Motorはクアドリサイクル・プロジェクトを放棄、二輪車ビジネスに力を集中する方針を決めた。消息筋によると、エンジニアリングやその他の領域の条件が全く異なるため、二輪車メーカーのTVSがクアドリサイクル・プロジェクトの採算性を実現するのは容易でないと言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.