NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2006-01-16 ArtNo.37017
◆スズキ、125ccバイク2モデルお披露目
【ニューデリー】スズキは125ccモーターサイクル『Heat』を、この種のモデルとしては最低の3万7893ルピーで3月に発売、4年ぶりにインド二輪車市場に復帰する。
エコノミック・タイムズ、ヒンドゥー・ビジネス・ライン、ビジネス・スタンダード、ザ・ヒンドゥーが1月14日報じたところによると、スズキが74%出資するSuzuki Motorcycle India Pvt Ltd(SMI)のSatya Sheel重役(MD)とKatsumi Takata重役(MD補)は13日記者会見し、近く発売するモーターサイクル2モデルをお披露目した。これら2モデルは異なる価格帯に属し、エントリー・レベルのHeatがマス・マーケット、取り分け農村と都市郊外のバイヤーをターゲットにしているのに対し、やはり125ccのモーターサイクル『Zeus』はスタイリッシュで、20~30代のバイヤーをターゲットにしている。当面月間1万台、年間12万台の販売を目指すが、需要が拡大したなら一層多くのモデルを投入、完成車とコンポーネントを輸出することも計画している。ハリヤナ州Gurgaonに200クロー(US$4478万)を投じ年産10万台の新工場を設けたSMIPLは、全国に約70店のディーラー網を設けることも目指している。
Sheel氏によると、SMIは将来姉妹会社Maruti Udyog Ltd(MUL)のプレゼンスを梃子にビジネスの拡大を図るが、スタート時点では規模が小さいため、さしたる恩恵を期待できない。しかしボリュームが拡大したなら両社の協力策を検討する。SMIは例えばMULの納入業者網やアルミニウム鋳造施設を利用できる。しかし乗用車とモーターサイクルは市場が異なるため、ディストリビューション面での恩恵はそれほど期待できないと言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.