NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2006-01-18 ArtNo.37024
◆インドASEAN自由貿易交渉難航
【ニューデリー】インドと東南アジア諸国連合(ASEAN)の自由貿易協定(FTA:free trade agreement)締結交渉は、貿易全体の何パーセントをFTAの適応範囲に含めるかを巡る意見の相違が克服できず、立ち往生している。
ビジネス・スタンダードが1月16日伝えたところによると、ASEANは貿易総額の90%を含めるよう要求しており、これに対してインドは70%にとどめるよう希望している。Manmohan Singh首相は、商工省に対して交渉を加速するよう督励したものの、両者の溝を埋めるのは容易でなさそうだ。
政府筋によると、二国間貿易の90%をFTAに含めるなら、インドは最早農産品をネガティブ・リストに含めることができなくなり、パーム油、天然ゴム、胡椒、茶、コーヒー等少なからぬセンシチブ品目の関税を引き下げねばならない。
例えばインドのインドネシアからの輸入の60%弱はパーム油、マレーシアからの輸入の大きな部分も天然ゴムとパーム油で占められている。ベトナムとの貿易の主要部分も胡椒/天然ゴム/茶/コーヒーで占められている。
もしこれらの品目の関税率を引き下げるなら、今年末に向けて山場を迎える世界貿易機構(WTO)交渉におけるインドの立場も動揺することになると言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.