NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2006-02-15 ArtNo.37199
◆カルナタカ州労働団体、トヨタ労組支援策協議
【チェンナイ】カルナタカ州Bangalore拠点の工場労働者らは合同会議を組織してToyota Kirloskar Motor Employees Union (TKEU)のハンガー・ストライキ支援に乗り出した。
ビジネス・スタンダードが2月13日報じたところによると、バンガロール統一産業労働組合会議(BUTUF:Bangalore United Trade Unions Forum)傘下の労組は、TKEFの要求を実現し、今後の行動計画を立案するため、2月13日に公会堂(Town Hall)で会議を開いた。TKEFの要求には先月初に解雇された3人の復職、最近のストライキ期間の暴力行為を理由に停職処分を受けた27人の処分撤回が含まれる。
インド共産党マルクス主義派(CPM)系列に属するインド労働組合センター(CITU:Centre of Indian Trade Unions)のV G K Nair秘書長(general secretary)によると、Toyota Kirloskar Motor Ltd(TKM)はチャージシートを発行せずに解雇を行っている。このため政府に産業紛争法(IDA:Industrial Disputes Act)に基づきTKMに釈明を求めるよう要求する。
全インド労働組合会議(AITUC:All India Trade Union Congress)のH V Ananthasubba Rao秘書長は、「会議では2月20日から3月4日の間に実施する地域キャンペーンについて討議する。労働者が直面する多国籍企業の脅威に照準が合わされ、政府がTKMEUの要求に対して満足のいく回答を行わなかった際には3月7日にバンガロールの全ての工場を包含する大規模なストライキを実行する計画が話し合われる」と語った。
Nair氏によると、TKMは解雇の理由を明らかにすることを拒んでおり、同社は1999年以来50人以上を解雇したと言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.