NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2006-05-05 ArtNo.37653
◆シンガポールからの輸入品に対する税優待を拡大
【ニューデリー】インド大蔵省は、シンガポールとの包括的経済協力協定(CECA:comprehensive economic cooperation agreement)下の税撤廃と税率引き下げ努力の一環としてほぼ4500品目の輸入税優待(import duty concession)を拡大した。
エコノミック・タイムズが5月2日、大蔵省筋の言として報じたところによると、シンガポールとのCECAは2005年8月1日より発効しており、インド政府はCECA下の約束を満たすため、『段階的な税撤廃リスト(phased elimination list)』の税引き下げレベルを10%から25%に、『段階的な税引き下げリスト(phased reduction list)』の税引き下げレベルを5%から10%に、それぞれ拡大した。
CECAの一部を成す自由貿易協定(FTA)の下、『段階的な税撤廃リスト』に掲げられた品目に対する輸入税は5段階に分けて廃止され、2009年4月1日以降ゼロになる。税率の引き下げ幅は、最恵国待遇諸国(MEN)税率の特恵マージン(MOP:margin of preference)として算定される。『段階的な税引き下げリスト』の品目に対する税率も5段階に分けて引き下げられ、2009年4月1日以降MFN税率の50%になる。
インドとシンガポールの二国間貿易は2000-01年の23億4100万米ドルから2004-05年の64億900万米ドルに拡大、シンガポールからの輸入も2000-01年の14億6400万米ドルから2004-05年の25億8400万米ドルに拡大した。貿易収支は2002-03年まではインド側の赤字だったが、その後黒字に転換、2004-05年の黒字幅は12億4000万米ドルに達した。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.