NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2008-01-28 ArtNo.40519
◆11次計画期間に電力事業にUS$1601億投資
【ムンバイ】インド政府は第11次五カ年計画期間に30万クロー(US$762.49億)を投じて8万MWの発電能力を追加するが、それに加えてシステム増強に20万クロー(US$508.32億)、ラジブ・ガンジー農村電化計画RGGVY(Rajiv Gandhi Grameen Vidyutikaran Yojna)に9万クロー(US$228.75億)、修正加速電力開発改革計画APDRP(accelerated power development and reforms programme)に4万クロー(US$101.66億)をそれぞれ投資する。
インディアン・エクスプレスが1月21日報じたところによると、インド電気電子製造業者協会(IEEMA:Indian Electricals and Electronics Manufacturers Association)が21日主催した『展望;革新技術の応用を通じ全国民に電力を(Vision- Power To All Through Innovative Technologies Adoption)』と題する全国会議の開幕式の席上、農村電化公社(REC:Rural Electrification Corporation)のAnil Kumar Lakhina会長兼MDは以上の消息を語った。それによると、システム増強/送配電/農村電化/電気メータ設置等の領域にも多くの投資機会が存在する。第11次計画期間には導線70万キロ、変圧器70万基、送電鉄塔1500万基、電気メーター3000万ユニットが設置される。
送配電事業のフランチャイズや民営化を通じ、送配電時の盗難や消耗問題は改善した。7万1000ヶ村にフランチャイズ・モデルが導入され、電力料の徴収は70%改善し300%に達したと言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.