NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2008-02-11 ArtNo.40577
◆07-08年度国内総生産成長率8.7%:統計局先行予測
【ニューデリー】インドの2007-08年通年の国内総生産(GDP)成長率は8.7%と予想され、2003-04年以来5年にわたり平均8.7%と言う前例のない長期高成長が実現される見通しだ。
ヒンドゥー・ビジネス・ライン、ビジネス・スタンダード、デカン・ヘラルド、ザ・ヒンドゥー、インディアン・エクスプレスが2月8日報じたところによると、中央統計局(CSO:Central Statistical Organisation)は7日、2007-08年国民所得暫定予測値に基づくGDP先行予測(advance estimate)を発表した。
上記の数字はインド史上前例がなく、中国や東アジアのタイガーにインドが仲間入りすることを示唆しているとは言え、市場を鼓舞することはできなかったようだ。ボンベイ証券取引所(BSE)ベンチマーク30銘柄センシチブ指数(SENSEX)は612ポイント下降した。比較対象とされる前年の成長率が9.6%と言う高水準であったにも関わらず、市場は8.7%のGDP成長率を成長鈍化のシグナルと判断した。
GDP成長率が市場の期待に応えられなかった理由の1つは農業成長率が前年の3.8%から2.59%に鈍化したこと。
工業とサービスの成長率も各8.63%(10.63%)、10.60%(11.18%)と、前年の伸び(括弧内の数字以下同様)を下回った。
工業部門の中では製造業9.44%(12.00%)、鉱業・採石3.38%(5.70%)、電力7.83%(5.98%)と、電力部門以外は前年の伸びに及ばなかった。
サービス部門についても建設9.63%(11.98%)、商業・ホテル12.11%(11.82%)、金融・保険11.72%(13.92%)、共同体・社会・個人サービス6.97%(6.89%)と、前年を下回るか、ほぼ同水準にとどまった。
とは言え総固定資本形成(GFCF:gross fixed capital formation)の実質GDP(1999-2000年価格)に対する割合によって示される持続的投資比率(sustained investment rates)は32.6%と過去最高をマーク、景気の先行きの明るさを垣間見させた。同比率は2006-07年30.6%、2005-06年29.2%、過去10年のスタート時点の22-23%と、持続的に拡大している。名目価格(現在価格)で見ても34.6%、32.5%、31%と推移、拡大基調が維持されている。
対照的に民間最終消費支出(private final consumption expenditure)と政府最終消費支出(Government final consumption expenditure)の名目GDPに対する比率は2006-07年55.8%/10.3%、2007-08年55.5%/10.1%、実質GDPに対する比率は2006-07年58.6%/9.8%、2005-06年57.6%/9.5%と、縮小傾向を辿っている。
このことはインド経済のここ数年の成長が投資支出、すなわち工場建物/機械/鉄鋼/セメント等により牽引されており、消費支出、すなわち二輪車/石鹸/家電等によって牽引されていないことを示している。
2007年のGDP総額は469万3602クロー/1兆1734億米ドル(US$=Rs40)、国民総生産(GNP)は426万2615クロー、国民1人当たりの年収は3万3131ルピー、月収は2761ルピーとなっている。
ちなみにP. Chidambaram蔵相は、「今年の農業生産に関する農業省の見通しはCSOのそれより明るい」とし、通年のGDP成長率は最終的に9%近いものになると予想した。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.