NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2009-01-14 ArtNo.41826
◆工業生産指数、11月にプラス成長回復
【ニューデリー】工業生産指数(IIP)は昨年10月、過去15年来初めてマイナス成長に陥ったが、11月には2.4%のプラス成長を回復した。しかし前年同月の4.9%には及ばなかった。
ヒンドゥー・ビジネス・ライン、エコノミック・タイムズ、デカン・ヘラルド、ザ・ヒンドゥーが1月12/13日、商工省の発表を引用し伝えたところによると、IIPの80%の比重を占める製造部門の11月の成長率は2.4%(4.7%)、電力部門は3.1%(5.8%)、鉱業部門は0.5%(6.3%)と、何れも前年同期の伸び(括弧内の数字、以下同様)を下回った。ちなみに2008年10月のIIP成長率は、これ以前に発表された-0.4%から-0.3%に上方修正された。
この結果、年初8ヶ月(2008/4-11)のIIP成長率も3.9%(9.2%)にとどまった。内訳は製造部門4.0%(9.8%)、電力部門2.9%(7.0%)、鉱業部門3.4%(5.1%)で、何れも前年同期の伸びを下回った。
用途に基づく分類(use-based classification)によれば、11月には資本財部門が-2.3%(24.2%)と、2002年以来初めてマイナス成長を記録、また消費者の財布のヒモが固くなったのを反映し、耐久消費財部門の伸びも-4.2%(-5.5%)と、マイナス成長を記録した。しかし非耐久消費財部門は7.3%(-2%)と比較的堅調で、消費財部門全体の伸びは4.4%(-2.9%)を記録した。また過去3ヶ月連続マイナス成長を続けていた中間財部門は2.6%(5.5%)のプラス成長を回復、工業生産復調の兆しも垣間見られた。基本材部門の伸びは2.3%(5.2%)だった。
全国産業分類(national industrial classification)主要17業種中10業種が11月にプラス成長を記録した。
アナリストらは、世界的金融危機の最中にあって、またインフラ産業と輸出産業の不振にも関わらず、IIPがプラス成長を回復したことは好材料と評している。首相経済諮問委員会(Prime Minister's Economic Advisory Council)のSuresh Tendulkar議長は「IIPの伸びは予想を上回っている。一連の景気刺激措置の効果も見込まれることから、今後一層の改善が望める」と指摘した。Kamal Nath商工相は「IIPの復調は一つのトレンドを示しており、12月にもこうしたトレンドは持続するものと見られる」と語った。同相はまた、政府がさらなる景気刺激パッケージを発表する可能性を示唆した。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.