NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2010-02-05 ArtNo.43076
◆シーメンス、風力発電事業に3年内にUS$1億投資
【ニューデリー】欧州最大のエンジニアリング会社Siemens AGは、インド市場向け風力発電タービンの製造に向こう3年間に500クロー(US$1.085億)を投資する。
ザ・ヒンドゥー、ヒンドゥー・ビジネス・ライン、ビジネス・スタンダードが2月3日伝えたところによると、グループのトップ経営陣とともにこのほどインドを訪れたシーメンスのPeter Loescher社長兼CEOおよびSiemens LtdのArmin Bruck重役(インド担当MD)は2日記者会見し以上の方針を明らかにした。それによると、タミールナド州とグジャラート州の2~3の候補地に照準を合わせ、風力タービン製造施設の建設を準備、両州政府と交渉を進めている。2~3週間以内に何れかの地に決め、2012年末までの稼働を目指す。当初年間200MW、3年内に500MWの製造キャパシティーを備える。
ちなみに新・再生可能エネルギー省は最近、送配電網に接続した風力発電施設を対象にした発電量ベースの奨励スキームを発表した。同スキームの下、送配電網に供給される電力1ユニット当たり0.5ルピー、最大1MW当たり620万ルピー(US$13万4500)が補助される。
シーメンスは、ソーラ・パワー領域にも進出、インドにおける指導的グリーン・インフラストラクチャー・ソリューション・プロバイダーに成る計画だ。今後3年間には、風力発電事業の他、研究開発(R&D)、信号/金属技術/ヘルスケア・ソリューション領域の既存施設の拡張等に合計1600クロー(US$3.472億)を投資する。
インド国内に6つの製品設計開発ハブを設ける。同ハブは、インド国内市場と国際市場の製造販売拠点としての役割も担い、ローエンド信号システム、リングメインユニット、45MW以上のスチーム・タービン、製鋼設備、風力工学関連製品や、電力設備ターン・キー事業のEPC(エンジニアリング/資材調達/建設)契約に照準を合わせる。シーメンスは空港や港湾開発領域の機会も探っている。
これに伴いインドにおける従業員数は、現在の1万7000人から2012年までに2万5000人に増員される。年間売上は2020年までに現在の10倍の6500クロー(US$14.105億)に達する見通しだ。ドイツ国内で約2000人の解雇を発表したばかりの同社は、インドでは今後12ヶ月間だけで専門職3000人の新規雇用を予定している。
記者から「ドイツ本国からインドへの製造拠点や、雇用の移転を計画しているのか」との質問に、Loescher社長は、「そんなことはない。そう言う意味ではない」と答えた。
エコノミック・タイムズが2日報じたところでは、シーメンスはPower Grid Corporation of India Ltd (PGCIL)からウッタルプラデシュ州およびハリヤナ州における765/400 kVの新変電所の建設および既存変電所の拡張契約を獲得した。契約額は100クロー(US$2170万)以上。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.