NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2010-02-24 ArtNo.43139
◆自動車協会、近くグリーン燃料車の試験走行開始
【ニューデリー】圧縮天然ガス(CNG)に18%水素を混ぜたグリーン燃料を動力源にするプロット・タイプ・エンジンの最終調整が完了したことから、2~3ヶ月内に路上における試験運転が開始さる。
ビジネス・スタンダードが2月20日報じたところによると、インド経営管理学院(IIM:Indian Institute of Management)Lucknow校の年次会議『Manfest 2010』の一環として催された『The Auto Conclave』に出席したインド自動車製造業者協会(SIAM:Society of Indian Automobile Manufacturers)のDilip Chenoy理事長(DG)は同紙に以上の消息を語った。
それによると、グリーン・プロジェクトは、『HCNG(水素を混合したCNG)』を用いることにより、窒素酸化物(Nitrogen Oxide)の排出を最小限に抑え、かつ燃料効率も良いエンジンの開発を目指しており、商業化までに10万キロの走行テストを行う。
プロジェクトは、排気ガスの量を抑制するグリーン燃料技術を開発するための『全国水素エネルギー計画(NHERM:National Hydrogen Energy Road Map)』の一環として進められる。SIAMは主要自動車メーカーとともに同プロジェクトに参加している。既存のエンジンにある種の改良を加えれば、HCNGエンジンに転換することが可能と見られる。
2020年までに車輌の排気ガスを25%削減することを目指すインド政府は、近く製造業者に燃料効率の表示を義務づけるものと見られる。車輌の排気ガスは、インドが排出する温室効果ガス全体の20%以下で、電力部門と農業部門に次いで3番目だが、2030年にはそのシェアが25%に拡大する見通しだ。このため電気や水素等の代替燃料の使用が求められると言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.