NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2011-01-14 ArtNo.44354
◆DOT、全国広帯域ネットワーク構築の4モデル立案
【ニューデリー】電気通信局(DOT:Department of Telecommunications)は、寒村僻地もカバーする高速インターネット網、『全国広帯域ネットワーク(NBN:national broadband network)』を構築するための3種類のビジネス・モデルを立案した。
エコノミック・タイムズが1月5日報じたところによると、第1のモデルは、『既存テレコム・オペレーターがそのデータ通信網を農村部にまで拡張するのを資金援助する』、第2のモデルは『政府の支援下にNBN構築のための特別目的会社(SPV:special purpose vehicle)を設ける』、第3のモデルは『政府が国営電話会社Bharat Sanchar Nigam Ltd(BSNL)に補助金を支出しNBNを構築する』。いずれのモデルも通信省傘下のUSO基金(Universal Service Obligation Fund)を運用することになる。移動体通信会社は、年間売上げの5%を同ファンドに積み立てることを義務づけられており、現在の基金規模は2万クロー(US$44.44億)にのぼる。
Kapil Sibal通信相は数週間内に産業界の代表と会談、これらのモデルに関して意見を聴取すると言う。
○Airtel/Vodafone/Idea、3Gサービスで提携協議
【ニューデリー】インドのGSM(global system for mobile communications)移動体通信業者3社-①Bharti Airtel/②Vodafone Essar/③Idea Cellular-は、それぞれの保持する通信サークルの周波数域をリンクし、第三世代(3G)移動体通信サービスの全国ネットワークを構築する提携交渉を進めている。
エコノミック・タイムズが1月5日、消息筋の言として伝えたところでは、3社の交渉は大詰めを迎えていると言う。
現在、3G周波数域を獲得した民間テレコム企業6社中、Reliance CommunicationsとTata Teleservices2社のみが3Gサービスを開始している。
AircelとTata Teleservicesも3G全国網を構築するための交渉を進めているようだ。両社はデリー州/マハラシュトラ州Mumbai/ヒマチャルプラデシュ州の3G周波数域を保持していないが、ともに、デリー/ムンバイの通信サービスを手がける国営電話会社Mahanagar Telephone Nigam Ltd(MTNL)の3Gビジネス・シェア計画に入札している。他に入札者がないことから、何れかがMTNLの3G網をシェアすることになる見通しだ。
○東進通訊、MsVASプラットフォーム売り込み
【ニューデリー】中国の通信ネットワーク機器メーカーShenzhen Donjin Communication Technology Company Ltd(SDCTCL:深セン市東進通訊技術股分公司)は、同社が開発したモバイル・シグナリング・ゲートウェイ・プラットフォーム『MsVAS』をインド市場に紹介した。
ビジネス・スタンダードが1月7日報じたところによると、東進のKeygoeシリーズ・マルチメディア・セントラル・オフィスをベースにしたMsVASは、テレコム・サービス・プロバイダー及び法人顧客をターゲットに、携帯電話ロケーション、携帯電話署名、携帯電話名刺、インテリジェント電話交換、アスタリスク・コード、SMS(short message service)、トリプルA制御(authentication authorization accounting)等のサービスを提供すると言う。
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.