NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
1996-12-20 ArtNo.8835
◆<星>石油化学業界、低マージン時代に直面
【シンガポール】旺盛な域内需要にも関わらず、製品価格の低迷と原料の値上がりから、シンガポールの石油化学コンプレックスは、今年は不振な業績を発表するものと見られる。
来年の業績改善を予想する向きも有るが、悲観論者は34億Sドルの第2クラッカーが来年4月に稼働すれば、状況はさらに悪化すると指摘する。第2クラッカーの稼働に加え、米国、ASEAN、中東における設備能力の拡張で供給過剰が予想され、そうなれば製品価格は更に下降、収益率は悪化せざるを得ない。
独立系化学情報サービス会社ICIS-LORのジェームズ・ミル課長(アジア大平洋担当)によると、需要は二桁成長を続けているが、下流部門製造能力は今後5年間需要を上回る見通しだ。ちなみにアイル・ムルバウ島の石油化学コンプレックスで、ペトロケミカル・コーポレーション・オブ・シンガポール(PCS)が手がけるエンチレンやプロピレンの製造業務は上流部門、ポリエチレンやポリプロピレン等のディリバティブ(誘導体)の製造活動は下流部門に属する。消息筋によればPCSはナフサの値上がり等で95年度の好調(60%増益)とは対照的に今年は40~50%の減益を報告する見通しだ。下流部門のザ・ポリオレフィン・カンパニーやエチレン・グリコールズ・シンガポールの業績も不振が伝えられている。
シェル・ケミカルのRoelf Venhuizen取締役は、「アジア大平洋地域は明らかに更に多くのクラッカーを必要としているが、同時に建造すべきではない。2000年乃至2001年に予想される石油化学業界の次ぎのピークも、皆が同時に設備を稼働させれば、不発か、短命に終わるだろう」と指摘した。
シンガポール経済開発局(EDB)は、第3、第4クラッカーを2000年までに稼働させようとしているが、もし成功すれば下流部門を含めた投資は少なく見積もっても100億Sドルに達すると言う。(BT:12/19)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.