NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
1997-01-06 ArtNo.8911
◆<星>昨年の不動産投資販売倍増
【シンガポール】エドモンド・ティエ&Coの報告によれば、昨年通年の不動産投資販売(開発用地の販売や投資目的のブロック取引で、個人用のユニット取引は含まない)は、一昨年の65億Sから129億Sドルに倍増、リチャード・エリスの報告でも、73億Sドルから127億Sドルにほぼ同様の拡大を見ている。
不動産投資販売は開発業者の不動産市場に対する中期/長期の見通しを反映しているが、アナリストらは、今年はより慎重な市場見通しを反映し、不動産投資販売が下降するものと予想している。リチャード・エリス幹部によると、70億~80億Sドルのレベルにとどまりそうだ。昨年はパラゴン・バイ・ソゴー等の複数の大型取引がまとまったが、今年はこの種の大型取引は少ないものと見られ、政府の宅地入札の価格も需給状況を反映して低めになりそうだ。しかしET&Co幹部は、市場は慎重姿勢になっているが、市況は依然堅調を保つとしている。
ET&Coによれば、政府の土地セールの不動産投資販売に占める比率は一昨年の53%から昨年の48%に縮小した。しかしながら政府の土地セールの額そのものは前年比80%増の62億Sドルを記録した。民間部門の不動産投資販売はそれを上回る119%の伸びを記録、67億Sドルに達した。この内開発用地販売が103%増の37億Sドルに達したが、今年は住宅市場の軟化で民間開発用地の販売は縮小しそうだ。
昨年の民間不動産のブロック取引は142%増の29億Sドルで、中でも商業不動産販売が320%増の23億Sドルを記録した。住宅不動産取引は不動産投資販売全体の51%(一昨年)から47%(昨年)に縮小した。宅地販売は昨年第1四半期の20億7000万Sドルから昨年第4四半期の10億3000万Sドルに半減している。(ST:1/1)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.