NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
1997-01-07 ArtNo.8923
◆<星>Vivid/イノメディア、ISDNブームに便乗
【シンガポール】シンガポールの地場テクノロジー企業Vividテクノロジーとイノメディアは総合サービス・デジタル・ネットワーク(ISDN)の世界的ブームに乗って、売上を拡大する計画だ。
ビビッドの創設者デスモンド・ン重役(CEO:32)によると、ISDNブームは、ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)やケーブル・モデムに取って代わられるまで、なお2~3年は持続する見通しだ。ISDNは通常の28.8Kbps(キロビット毎秒)のモデムを上回る64kbps及び128kbpsの転送速度を実現するが、0.5~10Mbps(メガビット毎秒)のADSLや10Mbpsのケーブル・モデムには及ばない。ン氏によれば、シンガポールにおけるISDNの普及規模は2万チャンネンル(ISDN1回線につき2チャンネル乃至30チャンネル)に過ぎないが、ドイチェ・テレコムは1000万のISDNユーザーを保持しており、米国におけるユーザーも昨年は100万人に倍増した。NTTは今年新たにISDNラインを100万回線増設する予定で、マレーシアでもISDN網の増強に今年半ばまでに5000万Mドルが投じられる。
こうした中でイノメディアは128KbpsのISDNモデム、インフォブレイザー(US$300)の出荷を開始した。これに対してビビッドは来月デスクトップPC(パソコン)用カード“ネットウェーブ”(US$200)を売り出し、ラップトップPC用も3ヶ月以内に市場に投入する計画だ。ビビッドはOEM(相手先商標製造業者)市場への売り込みと大企業へのライセンス提供を予定、米国では3Com、ヘイズ、日本では東芝、NECがOEM顧客に名を連ねている。米国では少なくとも月間5万ライセンス/OEM、日本では同1万ライセンス/OEMの売上を見込んでいる。これに対してイノメディアは今年のISDN関連売上を500万~1000万米ドルと見込んでいる。(BT:1/6)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.