NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
1997-01-09 ArtNo.8952
◆<星>インテルMMXチップ、今週当地にもお目見え
【シンガポール】インテルはMMXマルチメディア・チップを昨日市場に投入したが、シンガポールを含むASEAN地域にも今週中にお目見えするはずだ。
インテルの香港拠点の法人市場担当取締役デブラ・コンラッド女史がBT紙の電話インタービューに応じたところによると、それ自身マルチメディア機能を備え、コンピュータのサウンド、グラフィック、アニメーションの処理能力を向上させるMMXチップは、当面は相手先商標製造業者(OEM)市場に供給され、新チップを搭載したPC(パソコン)がアジア大平洋市場に出回るのは、2、3ヶ月後になる。またペンティアム・チップの供給を直ちに停止する計画はないと言う。
インテルはOEMバイヤーへの供給価格を明らかにしていないが、アナリストは現在約600米ドルで小売り市場に出回っているペンティアムプロ・チップを大幅に上回ることはないものと見ている。MMXを搭載した最初の数システムには2000米ドル台の値が付けられている。
インテルは現在ローエンドのペンティアム100MHzからハイエンドのペンティアムプロ200MHzまで6種類のチップを市場に投入しており、シンガポールではエレクトロニク・リソーシズLtd、SISテクノロジーズPte Ltd、テク・パシフィック・シンガポールPte Ltd等がディストリビューターを務めている。
インテルはMMXを業界のスタンダードにする計画で、競争者にもその仕様を公開している。またノートブックPCはMMXチップを装備することにより、別にハードウェアを追加せずにマルチメディア機能を発揮できることから、ノートブックPCの売れ行きが増すものと予想されている。(BT:1/8)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.