NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
1997-01-09 ArtNo.8961
◆<馬>副首相、サプラのUMW権益買収計画確認
【クアラルンプル】アンワル・イブラヒム副首相兼蔵相は7日、サプラ・ホールディングズSdn Bhdが地場自動車会社UMWホールディングズBhdの政府機関持ち株買収を提案していることを確認した。
サプラのシャリル・シャムスディン重役(MD)は先週、昨年10月に政府投資会社のプルモダラン・ナシオナルBhd(PNB)が保持する40%のUMW権益の一部買収を政府に申請したと語ったが、PNBはその後、持ち株売却の意思を否定していた。
アンワル副首相によると、サプラは大蔵省に直接申請したため、PNBもUMWも同件に関知していない。政府は目下同提案を検討していると言う。時価総額30億5000万MドルのUMWは、クアラルンプル証取(KLSE)上場企業の44位にランクされるが、アナリストによるとサプラはUMWの32%の権益買収を図っており、その額は13億~14億Mドルにのぼる。サプラは、これにより最小限の資金でUMWの支配権益を握れる。これはPNBの企業権益を民間に移管することを望む政府の方針に沿っている。しかしながらナザ・モーターや国内自動車業界をリードするヤハヤ・アハマド氏もUMW権益買収を狙っていると言う。(NST,ST,BT,LZ:1/8)
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.