NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2019-07-10 ArtNo.46544
◆スリランカ、停職警察長官と元国防次官を逮捕




【コロンボ】スリランカの停職中の警察長官と前国防次官が7月4日、260人近くが犠牲になった復活祭(Easter Sunday)爆弾テロを予防できなかった廉で刑事捜査局(CID:Criminal Investigation Department)に逮捕された。
 プジット・ジャヤスンダラ警察長官とヘマシリ・フェルナンド前国防次官の逮捕は、司法長官が、治安上の警報に即座に対処しなかったのは『人道に対する犯罪(crime against humanity)』と裁定した翌日執行された。ダップラ・デ・リベラ司法長官は書面で「両名の官員は、4月21日の襲撃事件の予防を怠った犯罪行為に照らして、裁判官の下に連行されねばならない」と警察長官代行に命じた。
 これに先だって、検察当局は、上級警官9人を、警備上の怠慢に対する責任を問う必要がある容疑者として列挙した。襲撃事件発生後、ジャヤスンダラ警察長官は、マイトリーパーラ・シリセーナ大統領から責任をとって辞職するよう求められたが、これを拒んだため、強制的に停職させられ、フェルナンド国防次官は辞職した。警察庁のルワン・グナセケラ報道官によると、ジャヤスンダラ警察長官とフェルナンド前国防次官は7月3日に逮捕された際、それぞれ異なる病院で治療を受けていた。
 ジャヤスンダラ警察長官とフェルナンド前次官は6月に国会の専門委員会において爆弾事件について証言し、諜報活動に重大な遺漏が存在したと語った。両者は、襲撃の可能性に関する情報は4月9日以来入手していたことを確認すると共に、襲撃前夜と襲撃当日の朝に関する情報は、警察と国防省幹部の間で共有されていたと語った。
 一方で、シリセナ大統領は、『全国麻薬予防週間』の記念行事で演説し、国際麻薬密売グループが復活祭襲撃事件の背後に存在すると語った。

○復活祭テロ事件を審理する最高裁判事7人を指名




【コロンボ】裁判長は7月8日、復活祭連続爆破襲撃事件を巡る複数の基本的権利訴訟(Fundamental Rights petition)案件を審理する最高裁の裁判官を務める七人の判事を指名した。
 これらの訴訟は、ジャヤンタ・ジャヤスリヤ最高裁判所長官、ブワネカ・アルウィハレ判事、シシラ・デ・アブリュー判事、プリヤンタ・ジャヤワルデナ判事、プラザンナ・ジャヤワルデナ判事、L.T.B. デヒデニヤ判事、ムルドゥ・フェルナンド判事から成る裁判官団により7月12日に審理されることになった。
 検察長官、スリランカ弁護士会(BASL:Bar Association of Sri Lanka)、他複数の関係方面は、案件の重大性に鑑み、フルベンチの裁判官団が審理を担当するよう申し立てた。
 復活祭の襲撃事件で二人の子供亡くした父親のものを含む9件の基本権訴訟が次の公判廷で審理される。
 2019年4月22日にコッホチエードの聖アンソニー教会礼拝堂で発生した爆弾テロで非業の死をとげたメダ・ササラニ・シリマンヌ氏(21)とイメシュ・ティワンカ・シリマンヌ氏(19)の父親で原告のサマン・ナンダナ・シリマンヌ氏は、刑法(Penal Code)に照らして警察長官と前国防次官を調査するよう求める基本的権利訴訟(FR petition)を起こした。

○スリランカ情勢は既に危殆:イスラム協力機構大使




【コロンボ】スリランカに駐在するイスラム協力機構(OIC)諸国の使節は、「スリランカにおけるイスラム教徒に対する社会暴力は地域および世界の安全保障に関わる問題になっている」とし、スリランカ政府にそうした事態の発生を防ぐために「必要なあらゆる措置を講じる」訴えた。
 OIC諸国使節団は6月4日の共同声明の中で「外国からのイスラム教徒難民を含むスリランカにおけるイスラム教徒コミュニティの安全と保護に関わる過去数日間の事態の展開は、極めて懸念される。店舗や事業所を含むイスラム教徒の生活と生計は、予想し難い危険な結果を伴う局勢の変化によって脅かされている 」と述べている。
 さらに同声明は、スリランカ社会における宗教的および政治的影響力にかかわりなく、共同体暴力の加害者に対する迅速かつ厳格な法的制裁を求めた。
 同声明は、復活祭の爆弾テロを巡り3人の著名なイスラム教徒政治家(閣僚1人と2人の知事)の辞任を求め1人の仏教僧侶が断食をして抗議したのを受けて9人のムスリム閣僚全員が辞任に追い込まれた翌日発表された。件の僧侶が月曜夜にハンガーストライキを中止するまで、何千人もの人々が僧侶を支持してデモ行進した。
 これに先だって、シリセナ大統領は某式典の席上、「異民族間の紛争が発生するなら、国は滅びる他ない」と訴えた。
【ニュースソース】

Sri Lanka’s suspended police chief, ex-Defence Secretary arrested

CJ nominates seven-judge-bench to hear Easter Sunday FR petitions

Sri Lanka situation ‘extremely worrying’, say OIC envoys

○世界は一つ:AD-SEAnews


AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.