NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2019-09-19 ArtNo.46598
◆インド太平洋戦略に逸脱無し:ネパール政府、米大使館に回答




【カトマンズ】米国大使館が「ネパールは『インド太平洋戦略(IPS:Indo-Pacific Strategy)』に反対する」と伝えた中国外務省の声明についてネパール政府に釈明を求めた翌日(9月12日)、ゴクル・プラサド・バスコット(Gokul Prasad Baskota)通信情報相は「IPSに関してパキスタン政府は何等逸脱していない」と表明した。
 ゴクル・バスコット通信情報技術相は毎週行われる定例記者会見の席上、記者の質問に応じ「インド太平洋戦略にしろ、一帯一路にしろ、あるいはその他の類似のイニシアチブにしろ、我々は独立国として、隣国や他の友好国と慎重に対応して行く。我が国の既存政策には如何なる逸脱も変更も存在しない」と語った。
 しかし、バスコット通信情報技術相は、ネパール政府のIPS政策が何たるかを明らかにしなかった。ネパール政府もIPSを承認するか否か公式な立場を明確にしていないが、プラディープ・クマール・ギャワリ外相は、公の場で何度か「非同盟政策を採用するネパールは、その種の戦略的同盟に加わることはできない」と述べている。
 米国大使館の懸念は、火曜日(9月10日)に発表された中国外務省の声明文の中で、ネパール共産党(NCP:Nepal Communist Party)のプシュパ・カマル・ダハル共同議長が「ネパールは非同盟政策を堅持し、いわゆる『インド太平洋戦略』に同意せず、中国の発展を封じ込めたり、阻止したりする試みに反対する」と述べたのに伴うもの。

【ニュースソース】

No deviation in Nepal’s policy: Baskota

US Embassy officials meet with foreign secretary over Chinese statement about Dahal’s ‘disapproval’ of Indo-Pacific Strategy


○世界は一つ:AD-SEAnews


AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.