NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2019-12-10 ArtNo.46631
◆M州新政権の前途に陰影




【ムンバイ】ウダフ・バール・ケシャフ・タークレー新首席大臣率いる『マハラシュトラ開発前衛党(MVA:Maharashtra Vikas Aghadi)』政権は、州議会における過半数の支持を得、インド人民党(BJP)を野党の地位に追いやったにも関わらず、その前途には不確実性が漂っている。
 州議会の初日、ウダフ・タークレー首席大臣が、国民会議派(INC:Indian National Congress)および国民会議党(NCP:Nationalist Congress Party)と権力を分掌するため、そのサフラン・アジェンダの修正に腐心した反面、BJPリーダーらは、形勢を逆転し権力の座に就くと息巻いた。
 MVAは、土曜日(11月30日)のフロアテストにおいて、総数288人中169人の支持を得、州議会の信任を獲得した。日曜日に、BJPが候補者を立てるのを見合わせたため、MVAのナナ・パトール候補が、無投票で議長に選出された。
 ウダフ・タークレー首席大臣は「ヒンドゥートゥバ(ヒンドゥー性)は我々のアジェンダだったし、今も我々のアジェンダだ」と述べ、「私のヒンドゥートゥバは誓いを守る。それはジャイ・シュリ・ラム(ラーマ神に栄光あれ)と言いながら、護持せぬBJPのヒンドゥートゥバのようではない」と付け加えた。ウダフ首席大臣は、「BJPは首席大臣のポストをシヴ・セーナー(Shiv Sena)とシェアすることを約束したが、後になって『そのような約束はしていない』と否定した」と言うシヴ・セーナーの主張に言及した。彼はまたデベンドラ・ファドナビス前首席大臣との友情が新たな政治局勢によって壊れることがないよう望むとし、30年にわたる友人が仲違いし、政敵が友人になると言うのは奇異なことだと付け加えた。
 これに対してデベンドラ・ファドナビス前首席大臣は野党リーダーに選出された後、州議会において、「自分は野党リーダーとしてここにいるが、政治において不可能なことはない。もしシヴ・セーナー、国民会議派、NCPの提携が可能と言うなら、何でも可能だ。人々はBJPを単一の最大政党として選出し、政府を組織する信任を与えた。しかし政治的算術がメリットに優先された。民主主義において重要なのは相性ではなく、数字だ」と述べた。
 BJP州総裁を務めるチャンドラカント・パティル議員は、「ファドナビスは長く野党リーダーの座を暖めることはなく、遠からず首相になる」と議会で公言した。彼はさらに、「BJPはウダフ首席大臣やシヴ・セーナーではなく、国民会議派とNCPに反対しているだけだ」と語った。
【ニュースソース】

Uncertainty looms over future of new Maharashtra government

○世界は一つ:AD-SEAnews


AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止










width="200" border="0">




SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.