NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2019-12-10 ArtNo.46655
◆首相、実績を示した数少ない大臣を解任




【カトマンズ】ゴカルナ・ビスタ労働雇用社会保障大臣は、改革を推進し、外国の雇用斡旋業者カルテルと対決,称賛を得たが、既得権者や政界の堅固な防塁やホーストレーディングの餌食になり、結局解任された。
 2018年3月から先週の非公式な退任までの約2年間の在職期間に、ビスタは外国の雇用カルテルと対決し、熱狂的な支持と激しい批判の双方を受けた。ビスタの退任はショックと驚きをもった受け止められ、多くの人が誰よりも業績を上げた大臣を解任したとして政府を批判した。

○労働者の海外出稼ぎを守れ




【カトマンズ】ネパールは世界19位の送金受領国で、ネパール人は2018年に81億米ドルを本国に送金した。国内総生産(GDP)の上からすれば、海外からの送金はGDB全体の3分の1を占め、工業生産の貢献を上回る。これは、政府が国内で雇用機会を創出する代わりに、海外からの送金が国民所得への主要な貢献者たり得、予見可能な将来においても主要な貢献者の一つたり得ることを意味する。したがって政府機関が出稼ぎ労働者が直面する負担の軽減に取り組むなら、それは常に前向きな発展とみなされるべきだ。
 何年もの間、こうした海外移民労働者は、彼等の生活を変えるはずの仕事がまだ始まらないうちに彼等を消極的にさせてしまうような、厳しい挑戦、つまり海外における就業に対する障壁に直面して来た。加えて、ホスト国の出国の規制やネパール政府の具体的支援の欠如も災いし、こうした慣行は何年にもわたって放置されて来た。これらの障壁はすべて、移民労働者の収入と健康に深刻な影響を及ぼしている。さらに悪いことに、政府は、海外在住者の安全を確保する二国間協定を結ぶ代わりに、国民が仕事のために出国するのを禁止しようとさえしている。有能なな指導者と広く見なされて来た閣僚の解任は、事態の前向きな展開にさらに疑問を投げかけている。

【ニュースソース】

He was one of the few ministers who delivered. Then the prime minister sacked him.

In defense of Nepali migrant workers

○世界は一つ:AD-SEAnews


AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止










width="200" border="0">




SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.