NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2020-02-12 ArtNo.46673
◆共和国は第4の危機に直面:ラマチャンドラ・グハ




【バンガロール】歴史家ラマチャンドラ・グハ氏は1月26日、バンガロール国際センターで『70年の共和国』と題して講演、「70年を終えたインド共和国は4度目の大きな危機を乗り越えつつある」と語った。
 彼は、「初期の3つの危機とは、第一に2人の首相が死に、インドが中国に敗れ、食糧不足に陥った1960年代、第二に非常事態に陥った1970年代、そして第三に共産主義が台頭した1990年代初頭」と語った。
 そして、グハ氏は、目下直面する危機概括し、深刻化する宗教的分断、持続する社会的不平等、拡大する環境の悪化、民主主義の実体を成す公共機関の自治能力の低下という4側面を提起した。
 彼は、宗教的分断の深化を最も重大な脅威とし、「今日、インドがヒンズー教徒の国になるべきだと思う人が大多数を占めており、そして、ヒンズー教徒は少数派を包含するこの国において本当に多数派になった。極めて露骨に差別的な『市民権修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』が、そのことを表している。CAAはインドの本質を一変させるだろう。」と指摘した。

○共和国記念日パレード、インド軍装備のロシアから米国への移行鮮明に




【ニューデリー】日曜の共和国記念日パレードへの米国製航空機の参加は過去最高を記録し、ロシアの存在感を著しく低下させただけでなく、インドの武器調達の優先順位のシフトを見せつけるものになった。
 インドの兵器庫は依然としてロシア製の旧式装備が多数を占めているが、新たに導入される兵器は米国製か国産に変わっている。パレードに参加したアメリカの航空機には、新たに配備されたCH-47Fチヌーク・ヘビーリフト・ヘリコプター、AH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプター、C-130Jスーパー・ヘラクレス特殊作戦機、C-17グローブマスターIIIヘビー・リフターが含まれていた。

○DRDOラオ主任は『ミッション・シャクティ』の化身




【ニューデリー】国防科学者Y.スリーニヴァサ・ラオ氏は、第71回共和国記念日のパレードにおいて『ミッション・シャクティ』の国産衛星攻撃兵器(ASAT:Anti-Satellite Weapon)を初公開する国防研究開発機構(DRDO:Defence Research Development Organisation)分遣隊を恐らく初めて率いた。
 共和国記念日のパレードでは、軍人がDRDO部隊を率いるのがこれまでの慣習だった。インドは、米国、ロシア、中国に次ぐ衛星攻撃能力を持つ国になった。
【ニュースソース】

Republic facing its fourth crisis: Ramachandra Guha

Republic Day parade underlines India's shift from Russian to US weaponry

The ‘Rao’ power of ‘Mission Shakti’

○世界は一つ:AD-SEAnews


AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止










width="200" border="0">





SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.