NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2020-02-12 ArtNo.46676
◆市民権修正法はインド憲法/世界人権法違反:アムネスティ




【ワシントン】国際人権非政府組織アムネスティ・インターナショナルは、米国議会に対して、最近インド政府が公布した『市民権修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』は、インド憲法と国際人権法に明確に違反しており、宗教に基づく差別の正当化であると証言した。
 アムネスティ・インターナショナルのフランシスコ・ベンコスメ広報課長(アジア太平洋地域)は、米国下院アフリカ/世界保健/世界人権/国際組織担当外交委員会(House Foreign Affairs Subcommittee on Africa, Global Health, Global Human Rights and International Organizations)及び下院監視・政府改革委員会(House Committee on Oversight and Government Reform)において以上のように証言した。米国下院の二専門委員会は、世界の宗教的迫害を終結させることに関する合同の公聴会を催した。
 インド国会が2019年12月に可決したCAAは、パキスタン、バングラデシュ、アフガニスタンで迫害され、インドに流入した非イスラム宗教少数派に市民権を提供するものである。インド政府は、新法は如何なるものの市民権を否定するものではなく、近隣諸国で抑圧された少数派を保護し、且つこれらの人々に市民権を提供するものであると強調してきた。
 ナレンドラ・モディ首相は先月、CAAを擁護して「CAAは市民権を奪うのではなく、市民権を与えるものだ」と述べた。モディ首相は「世界の如何なる国、如何なる宗教の人であろうと、インドとインドの憲法を信頼する者は、適正な手続きを通じてインドの市民権を申請できることを、皆が知るべきであり、そこには如何なる問題も存在しない」と指摘した。
 インド外務省のラベッシュ・クマール報道官は、「CAAはインドの内政問題であり、同法は公正なプロセスと民主的手続きを経て採択された」とCAAに対する批判をかわした。

○欧州議会反CAA動議の背後パキスタン系議員




【ニューデリー】インドの『市民権修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』に反対する欧州議会決議案の背後には、パキスタン占領下カシミール出身の一人の英国籍欧州議会メンバーが介在していると言われる。
 パキスタンのミルプール州出身のシャファク・モハメッド(原文に倣い敬称略)は2019年以来欧州議会議員を務め、シェフィールド市議会評議員としての政治的貢献を認められ、2015年には大英帝国勲章を授与された。
 提案された決議案は、欧州議会の751人の議員のうち154人によって支持されていると言われる。 ただし、欧州議会の決議は欧州委員会を拘束するものではない。これら154人の議員グループは「CAAは、世界最大の無国籍危機を引き起こし、広範囲にわたる人々に苦痛を与える可能性がある」と主張している。
 インド・パキスタン問題や英国政治に精通した消息筋は、決議を起草した議員グループに名を連ねているモハメッドの背後にパキスタン政府の手が介在していることを否定していない。インドとEUは、近くブリュッセルで次回のサミットを開催する予定だ。
【ニュースソース】

CAA violates Constitution, global human rights law: Amnesty

Protests at Republic Day events across U.S. call for repeal of Citizenship Amendment Act

Protests at Republic Day events across U.S. call for repeal of Citizenship Amendment Act

Entirely internal, says India as EU moves to vote on CAA resolution

Anti-CAA protests by large number of Indian Americans mar R-Day celebrations in US

Anti-CAA protests by large number of Indian Americans mar Republic Day celebrations in US

PoK-Origin MEP behind Anti-CAA move in European parliament

European Parliament to vote on Kashmir, Citizenship Amendment Act

○世界は一つ:AD-SEAnews


AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止










width="200" border="0">





SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.