NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2020-03-13 ArtNo.46721
◆オリ首相,腎臓移植成功、術後の経過良好




【カトマンズ】KPシャルマ・オリ首相は、3月4日、カトマンズ市マハラジグンジ区のトリブバン大学教育病院で成功裏に腎移植手術を受けた。
 膀胱の左側に移植された新しい腎臓は、12年前に移植された最初の腎臓が機能不全に陥り6か月以上透析を受けて来た同国行政長官に新たな命を吹き込んだ。手術はネパール人医師9人のチームによって行われた。手術中にはアナント・クマール上級腎臓移植外科医を含む2人のインド人医師も待機していた。
 オリ首相は3月2日、30代の姪のサミクシャ・サングラウラ女史が腎臓提供に同意した後、入院した。腎臓は翌日(3月3日)サングラウラ女史の身体から抽出された。医師によると、彼女の健康状態は良好と言う。

○オリ首相の2回目の腎移植手術に各国首脳励ましメッセージ




【カトマンズ】カドガ・プラサード・シャルマ・オリ首相の手術の成功と早期回復を祈る慰問状が寄せられている。
 インドのナレンドラ・モディ首相は、オリ首相に慰問状を送った最初の国際的政治家の一人。モディ首相は先ずそのメッセージをツイートし、3月3日にはカトマンズのインド大使館を通じて書簡をオリ首相に呈した。オリ首相はツイッターを利用して、モデイ首相の配慮に感謝の意を表した。
 同様に、パキスタンのイムラン・カーン首相も、オリ首相に懇切な慰問状を届けた。ブータンのロタイ・ツアリング首相や日本の西郷正道駐ネパール大使も、彼の健康の早期回復を願う書簡を呈した。

【ニュースソース】

Prime Minister Oli gets new kidney, faring well

PM’s condition stable, under observation for post-op treatment: TUTH

PM Oli’s kidney transplant successful

After successful kidney transplant, Oli recovers at Teaching Hospital

PM Oli, donor shifted to post-operative ward

Well-wishes pour in as PM Oli undergoes second renal transplant surgery

○世界は一つ:


AD-SEAnews、の新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止







width="200" border="0">





SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.