NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2020-08-03 ArtNo.46847
◆ACMCとSLMCサポーターが国民会議に合流




【ディガマドゥーラ】ディガマドゥーラ選挙区ポツビル地区の『全セイロン国民会議会議(ACMC:All Ceylon Makkal Congress)』と『スリランカ・イスラム会議(SLMC:Sri Lanka Muslim Congress)』の支持者から成るグループは7月15日、ポツビルで催された式典の席上、『国民会議(NC:National Congress)』およびその指導者A.L.M. アサウラ前地方政府/州議会大臣を支持することを誓った。
 ACMCポツビル地方評議会(PS:Pradeshiya Sabha)のモヒディーン・バワ元候補も参加した。彼らは、NCリーダーA.L.M. アサウラ候補が次の総選挙で地滑り的勝利を収めると確信していると表明した。NCディガマドゥーラ地区のM.S.M. アンサル候補やポツビル PS党員M.M. ジャマヒム氏他の多くが出席した。

○SLPPだけが世界に先駆ける威厳ある進歩的な国を築くことができる




【コロンボ】我々は常に我国の一般市民の利益を擁護する立場を堅持しており、一般市民の利益のためにあらゆる領域で成果を上げられる一般市民に優しい政治家が国を前進させるべきだと考えている。だから2020年総選挙後に国民の夢を実現し、国民のより良い未来を開くために、今回スリランカ人民党(SLPP:Sri Lanka Podujana Peramuna)連合に参加した。我々は平和と正義に恵まれた経済発展を確保しながら、国民の民主的権利を護持することに献身している。
 ザ・デイリー・ニュースのクルネガラ駐在S.M.ヴィジャヤラトナ特派員は、8月5日の総選挙に出馬するクルネガラ地区の2人の政治家、SLPPのアサンカ・ナワラトネ候補と、統一国民党(UNP:United National Front)のH.B.テナクーン候補にインタビューした。先ずナワラトネ候補が、ヴィジャヤラトナ特派員に以上の考えを語った。

○国民の勝利が究極の目標




 そこで、記者はテナクーン候補に、総選挙の前に、クルネガラ地区の有権者にどんなメッセージを伝えたいか尋ねた。
 テナクーン候補は答えた。2020年総選挙は、すべての点でこの国の将来を決定する要素になるため、すべての国民にとって非常に重要だ。今回は、次期国会のために、知的で誠実で人にやさしい代表が選出されねばならない。新しい代議員のセットは、国民のために多くの個人的犠牲を払うことを真に誓い得るものでなければならない。彼らは、一般国民の願望を実現する国会議員としての役割を積極的に果たす必要がある。したがって、クルネガラ地区の有権者は、今回はこのクルネガラ地区から責任感を備えた議員チームを国会に送り出すために十分賢明でなければならない。なぜなら我々の究極の目標は、国民が平和と幸福に恵まれた、実り豊かで有意義な生活を送ることできるような勝利を収めることだからだ。

【ニュースソース】

ACMC, SLMC supporters join National Congress

‘Only the SLPP can build a progressive nation, dignified before the world’

‘Victory of the people our ultimate aim’

○世界は一つ:


AD-SEAnews、の新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。



ご意見/配信停止







width="200" border="0">





SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnews eBookstore



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.