NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2017-07-19 ArtNo.46046
◆習・モディ、両国軍対峙の最中に握手




【ニューデリー/ハンブルク】中国/インド/ブータン三国境が交差するシッキムにおいて両国軍が対峙している最中、そして両国首脳の通りすがり対話(pull aside meeting)の可能性が双方により否定された翌日の金曜日(07-07-2017)、ナレンドラ・モディ首相と中国の習近平国家主席は、非公式BRICS首脳会議の会場で握手を交わした。
 両首脳はハンブルクでG20サミットに出席した。インド外務省のゴパル・バグレイ報道官は、「モディ首相と習主席は、中国がホスト役を務めたハンブルクにおけるBRICSリーダーの非公式会議において一連の問題を協議した」とツイートしたが、詳細には触れず、三国国境が接するブータン近郊ドクラム地区における両軍対峙の形勢についての話し合いがなされたか否かも明らかにしなかった。
 モディ首相は、金曜には、G20サミットの合間に日本の安倍晋三首相およびカナダのジャスティン・トルドー首相とそれぞれ二国間首脳会談を行った。モディ首相は、この他、ドナルド・トランプ米国大統領、テレッサ・メイ英国首相、アンゲラ・メルケル独首相、エマニュエル・マクロン仏大統領を含む多くのワールド・トップ・リーダーと談笑した。
 BRICSリーダーとの会合では、ブラジルのミシェル・テマー大統領及び南アフリカ共和国のジェイコブ・ズマ大統領と非公式会談を行った。

○シッキム問題打開で中国は軍事的選択肢も:中国専門家




【北京】シッキム州ドクラム(中国語名ドンラン:洞朗)地区における両国の対峙が過去最長の3週間に及ぶ中、当地の公式メディアやシンクタンクは、「インドと中国間の紛争が適切に処理されなければ、戦闘が発生する可能性がある」と指摘している。中国の専門家は、「インドが聞き入れないなら、シッキム問題を巡る行き詰まりを打開するため、中国は軍事行動を採らざるを得なくなる」と警鐘した。
 上海社会科学院の胡志勇研究員は、中国国営グローバル・タイムズ(環球時報)に対し「中国は、歴史的教訓を引いてインドの説得に努め、問題を平和的に解決するための誠意を示したが、もしインドがどうしても納得しないなら、中国は最早他に選択の余地はなく軍事的手段に訴えざるを得ないだろう」と語った。胡氏によると、ナレンドラ・モディ首相は訪米した際、インドが中国を牽制できることを証明しようとし、中国を刺激した。しかしトランプは、前任者バラク・オバマとは異なる。オバマがインドを重視したのは、同じ価値観を共有したからだが、プラグマチストのトランプは、ニューデリーは北京を牽制するにはひ弱過ぎるため、有用な同盟者とは見なしていないと言う。北京在住の軍事専門家宋忠平氏も同紙に対し、「インドはしばしば、中国をライバルと称しているが、インドは中国に遙かに後れており、中国はそうは思っていない」と語った。
 中国外務省の耿爽(Geng Shuang)報道官は当地で催された記者会見の席上、『中国は国境問題特別代表が2012年に中国/インド/ブータンの三国境界(the tri-junction of China, India and Bhutan)に関して結んだ合意書に違反している』と言うインドの主張を巡り、「中国が建設中の道路は、三国境界とは無関係であり、中国は2012年の合意に違反していない」と語った。
 【ニューデリー】国民会議派は、目下の中印国境における緊張状態に対する姿勢を巡り、中央政府の外交政策を厳しく非難、ナレンドラ・モディ首相は何故同問題に沈黙し続けるのかと疑問を呈した。
 一方、ニューデリー拠点の著名なシンクタンク、インディア・ファンデーションは、中国大使館が同組織の二人の研究員に対するビサ発給を拒んだことを理由に、中国の大学への代表団の派遣を中止した。しかしニューデリー駐在の中国大使館は、インディア・ファンデーション代表団全員に対してビサを発行したとしている。

【ニュースソース】

G20 Summit 2017: PM Modi praises Xi's BRICS leadership

Xi, Modi shake hands amidst border stand-off

Modi holds bilaterals with Abe, Trudeau on sidelines of G20

Trump walks up to Modi for 'impromptu' chat at G20 Summit

Modi seeks UK's help in return of economic offenders

China will have to take military way if India doesn't listen

Delhi has ‘ulterior motives’, asserts Beijing

Congress slams PM for Chinese incursions

Think tank members denied visa

Not denied visa to India Foundation researchers: Chinese Embassy

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.