NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2017-12-26 ArtNo.46133
◆印露中、グローバル化の恩恵享受できる開かれた世界目指す




【ニューデリー】インド/ロシア/中国三国は、12月11日、如何なる形式のテロやテロを示唆する行為を非難するとともに、三国は共同で、全ての国が国際化の恩恵を享受できる開かれた包括的な世界経済を樹立する重要性を強調した。
 スシュマ・スワラジ外相は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相及び中国の王毅外相ともに共同記者会見に臨み、「我々は今日、①経済開発問題、②反テロリズム問題、③多国間の国際的課題、そして④地域問題と言う4つの幅広い領域に照準を合わせ協議した」とし、さらに「私は、中露が当地に存在する経済機会を十分開拓できるよう、いっそう強力な貿易・経済協力を実現するため、中国とロシアの外相を招待した」と語った。
 共同声明の中で、三国は如何なる形式のテロやテロを示唆する行為を非難し、各国にそれぞれの領域におけるテロリスト活動を防ぐ適切な措置を講じるよう呼びかけた。三国は、国連安保理(UNSC:United Nations Security Council)指定組織を含む国際的なテロ集団や組織に対する断固とした連携行動を強化することで合意したが、共同声明は、パキスタンを拠点にするラシュカレトイバ(LeT:Lashkar-e-Toiba)やジャイシュ・エ・ムハンマド(JeM:Jaish-e-Mohammed)には言及しなかった。とは言え、スシュマ・スワラジ外相は、メディア向けステートメントの中で、タリバン、ダーシュ(ISISの呼称)、アルカイーダ、LeT等のテロ組織の活動の顕著な拡大は、世界の平和と安全に直接脅威を及ぼし、目下進められている世界経済を立て直す努力にも有害であると言うインドの主張を強調した。
 ちなみに、王毅外相がインドを訪れたのは、ネパールのドクラムにおける中印両軍対峙後、初めてのこと。

【ニュースソース】

India, Russia, China condemn terrorism, call out for open world economy

Russia-India-China meet: Jaish, LeT not named in joint document

Sushma Swaraj, Chinese Foreign Minister Wang Yi discussed Siang river issue


世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.