NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-03-07 ArtNo.46205
◆イラン大統領、多宗教が平和共存するインド文化の多様性を賛嘆




【ハイデラバード】イランのハサン・ロウハーニー大統領は2月15日、「この国には、多様な信仰と学派が平和的に共存している」と述べ、インド文化の多様性を賛嘆した。
 三日間の訪印の一環として当地を訪れたロウハーニー大統領は昨晩、イスラム教知識人、学者、聖職者との会合で挨拶し、「イスラム教は暴力ではなく節度ある宗教である」と語った。
 2013年の大統領就任以来初めてインドを訪れたロウハーニー大統領は、「イランは、統一と独立、そして東方世界に対する支援を望み、インドと兄弟のちぎりを結ぶことを欲するとともに、他の国々と対立することは望んでいない」と語った。
 ロウハーニー大統領は「イランは外交上の問題に軍事的解決策は存在しないと考えている」と述べ、「戦争が生じたら、人々は自らを守らざるを得ず、守らねばならないのは真の友人であり、全能の神の信仰者である」、「西側世界は東側世界に反対し、その資源を収奪し、東側諸国の分断を図っている」と語った。

○インド・イラン首脳会談後9協定に調印




【ニューデリー】ナレンドラ・モディ首相とイランのハサン・ロウハーニー大統領は2月17日、ニューデリーのハイデラバード・ハウスでテロリズム、安全、貿易、エネルギー等の重要問題を協議した後、チャーバハール港の部分的リース契約を含む両国間の9協定の調印式に立ち会った。
 その他の協定には、二重課税回避、所得税に関する脱税防止、犯罪者引き渡し協定の批准、外交官パスポート所持者に対するビザ免除、伝統医療、貿易救済措置に関する専門家グループの組織が含まれていた。
 ロウハーニー大統領と共に共同記者会見に望んだモディ首相は、「両国はテロリズムのない世界を望んでおり、テロリストや過激派、麻薬の密売、サイバー犯罪、その他の国際犯罪を奨励する国家権力の伸張を阻止することを誓い合った」と述べ、ロウハーニー大統領は、「我々はテロおよび過激主義と戦う決意を固めている」と語った。
 両首脳は相互犯罪者引渡し条約批准書の交換にも立ち会ったが、これにより2008年に結ばれた二国間協定の効力が発揮されることになる。
 両国の商業組織は、ロウハーニー大統領のニューデリー訪問期間に、この他、別に4つの了解覚書を交換した。

○インド、イラン・チャーバハール港の部分的管理引き受け




【ニューデリー】インドは、イランのチャーバハール港の部分的管理を引き受けることになった。ナレンドラ・モディ首相と西アジア国のハサン・ロウハーニー大統領は2月17日、ニューデリーにおいて関係リース契約の調印式に立ち会った。
 イラン港湾海事局(PMO:Port and Maritime Organization of Iran)はインディア・ポーツ・グローバル・リミテッド(IPGL:India Ports Global Limited)に当該イスラム共和国のチャーバハール港(a.k.a. Shahid Behesti Port)第一期計画の一部の管理権を18ヶ月間リースした。
 チャーバハール港は、インドがパキスタンを迂回してアフガニスタンおよび中央アジアに海陸からアクセスすることを可能にする。パキスタンは、これまで南アジアと中央アジアの接続を目指すイニシアチブに横槍を入れてきた。

○イラン大統領、インドとの石油資源共同開発に期待表明




【ハイデラバード】イランのハサン・ロウハーニー大統領は2月16日、「テヘランは、インドとの文化及び外交的関係を強化するため、その石油と天然ガス資源を分かち合い、査証条件を緩和する用意がある」と語った。
 金曜礼拝後、当地の史跡メッカ・マスジッドにおける集会で演説したロウハーニー大統領は、「イランのチャーバハール港をインドに開放することは、アフガニスタン、中央アジア、ヨーロッパへのゲートウェイを提供することになる。イランは豊富な石油・天然ガス資源を保持している。イランはその開発と進歩のためにインドと天然資源を分かち合う用意がある」と語った。
 交通、基層設備、石油プロジェクトに対する数十億米ドルの巨額投資を含むインドの対イラン投資は、イランのハサン・ロウハーニー大統領の三日間の訪印の優先課題である。
 ロウハーニー大統領はハイデラバードに向かうに先立って記者団に「両国は積極的且つ正しい同じ軌道上にある」と述べ、「ナレンドラ・モディ首相との会談後複数の覚書が調印されるが、チャーバハール投資計画は、イランが最も重視する対象である」と付言した。
 R.K.シン電力担当国務相とテレンガナ州及びアンドラプラデシュ州のESLナラシマン知事が、ベーガムペート空港でロウハーニー大統領を出迎えた。大統領には21人のメンバーから成る代表団が随行した。

【ニュースソース】

Rouhani lauds India’s diversity, peaceful co-existence of religions

India, Iran sign nine pacts: Substantive talks Modi, Rouhani

India set to take over operations of Chabahar Port

Iranian president at Mecca Masjid: Ready to share oil with India

Rouhani to push for investment

Iran President Hassan Rouhani arrives in Hyderabad on three-day India visit

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.