NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-04-12 ArtNo.46220
◆印中FTA締結準備、二国間関係の突破口に




【ニューデリー】インドのシュレシュ・プラブー商工相と中国の鐘山商務部長が3月26日、ニューデリーで会談した。これは中国における習モディ首脳会議に向け、年内に二国間関係をリセットする方針を決めた両国にとって初のハイレベル会議となった。
 プラブー商工相とともに第11回『経済関係・貿易・科学・技術に関する中印共同グループ(China-India Joint Group on Economic Relations, Trade, Science and Technology)』会議の共同議長を務めた鐘山商務部長は、ザ・ヒンドゥー紙のインタビューに書面で回答した中で、適当な時期に印中両国間の『自由貿易協定(FTA:free trade agreement)』交渉が行われる予定で、両国関係の突破口になるだろうと述べている。
 鐘部長によると、習近平主席とナレンドラ・モディ首相は2014年以来数回会談しており、両首脳は、両国が経済開発面でより緊密な関係を築き、全ての領域における協力を強化する方針を決めたと言う。
 第11回JEG(Joint Economic Group)会議では、双方は一連の重要な合意に達した。双方は、中国の一帯一路イニシアチブやインドの『15年開発アジェンダ』、『メイク・イン・インディア』、『デジタル・インディア』等の開発戦略の相互振興を図ると言う。

○印中投資協定を再設定、貿易ブースター!




【ニューデリー】世界的な貿易戦争が過熱する中、二国間関係の改善を目指す、インドと中国は、中国側が大幅な黒字となっている貿易不均衡問題の改善を図るとともに、二国間投資協定を再交渉することで合意した。公式筋は、このほどファイナンシャル・エクスプレス紙に以上の消息を語った。
 インドのシュレシュ・プラブー商工相と中国の鐘山商務部長が3月26日に会談した際、中国側はまた、インド農産品への市場アクセスを拡大すると言う懸案を検討するとともに、インド製医薬品の対中輸出を阻害要因を解消することを約束した。
 中国の商務部長は、インドの商品及びサービスの中国市場へのアクセスを拡大、またインド国内に工業団地を開発する等、具体的措置を講じ、貿易不均衡を縮小することを認めたと、プラブー商工相はPTI通信に語った。
 今回の会議は、中国とインドを含む一部の国から輸入される鉄鋼およびアルミニウムに対する当初の課税計画に加え、総額500億米ドルの中国からの輸入品に追加課税すると言う米国の計画により世界的な貿易戦争が過熱する脅威が高まる中、『経済関係・貿易・科学・技術に関する中印共同グループ(China-India Joint Group on Economic Relations, Trade, Science and Technology)』の枠組みの下で催された。

【ニュースソース】

India, China plan FTA breakthrough

Trade booster! India, China to reset investment pact

China to take concrete steps to bridge trade gap, set up industry park: Suresh Prabhu

China to take concrete steps to bridge trade gap, set up industry park: Prabhu

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.