NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-06-01 ArtNo.46256
◆印中首脳武漢会議の文脈と重要性に注目




【ニューデリー】インドのナレンドラ・モディ首相と中国の習近平主席は、去る4月28日に終了した中国内陸の都市武漢における二日間の非公式首脳会談において、紛争に明け暮れる長い国境線においてドクラム(中国語名ドンラン:洞朗)のたぐいの両軍の対峙が再発することを回避するため『戦略的指示』を行うことで合意した他、二国間問題、地域情勢、世界的課題を包括する幅広い問題を話し合った。
 インドと中国はまた、アフガニスタンで共同経済プロジェクトを進めることで合意した。こうした動きは、アフガニスタンと国境を接する北京の全天候型同盟国(all-weather ally)でニューデリーのアーチライバルでもあるパキスタンを動揺させるものと見られる。
 両国は、また約840億ドルの二国間貿易に占める約520億ドルの(インド側の)赤字を縮小するため、主に中国向けの農産物や医薬品の輸出を促進する等の方策を検討した。
 両首脳は、インドの『原子力供給国グループ(NSG:Nuclear Suppliers Group)』加盟やパキスタン拠点のグループに対する国連によるテロ組織指定を目指すインドの試みに対する中国の反対、さらには中国の一帯一路計画やチベット問題に対するインドの反対等、両国間の懸案事項や『国民感情を逆なでするような敏感な案件に対する熱を冷ますことに努めた。こうした配慮から、包括的な二国間の交流が阻害されことがないよう、既存の対話メカニズムの強化が図られる。
 記者会見の席上、インドのヴィジェイ・ゴケール外務次官が語ったところによると、習主席は、「私はボリウッドやその他の多くのインド・フィルムを見たが、もっと多くのインド・フィルムが中国で上映され、より多くの中国フィルムがインドで観賞されるのは好いことだ」と語った。モディ首相と習主席は、中国人アーティストによる1982年に大ヒットしたボリウッド映画『イェ・ワダ・ラハ(Yeh Wada Raha)』の主題歌『ツ・ツ・ハイ・ワヒ(Tu, tu hai wahi)』の演奏を鑑賞した。
 武漢サミットは、『アジアの世紀』の条件を整えるために、二国間関係をよりよく管理することを、インドと中国が再確認したもので、モディ首相と習主席は、その準備ができているようだ。とは言え、武漢における両国の相互理解の真価は、小競り合いや誤解から両軍が対峙するような事態の再発を防げるか否かにかかっており、そのテストはすでに始まっている。

【ニュースソース】

Watch: Context and importance of the Wuhan India-China Summit

Modi-Xi Wuhan meet got Bollywood twist; Chinese artists sang 'tu hai wahi'

Wisdom at Wuhan: on the Modi-Xi meeting

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.