NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-09-08 ArtNo.46358
◆インドは来年英国を追い越す見通し:財務相




【ニューデリー】アルン・ジェートリー財務相は8月30日、「インドは来年(末)までに英国を追い越し世界第5位の経済大国になる見通しで、10年乃至20年以内に世界のトップ3にランクされるだろう」と語った。
 「今年は経済規模ではフランスを追い越した。来年、どうやら英国を追い越しそうだ。したがって、第5位の経済大国になるだろう。」同相はインド競争委員会(CII:Competition Commission of India)新事務所の開所式の席上、以上の談話を行った。
 彼の楽観的見通しは、インド経済の平均7%の持続的な健全な成長と国民の購買力の上昇に基づいている。ジェートリー財務相は「経済活動が拡大するにつれ、公平な競争を確保する競争委員会の役割も拡大する」と指摘した。

○インド経済成長率2019年末には7.5%マーク




【ニューデリー】国内総生産(GDP)成長率は、旧紙幣の廃止(demonetisation)と2016-17年度の商品サービス税(GST:goods and services tax)の導入期間中に鈍化し、7.1%の潜在成長率を下回った。2018年度の始まりは、比較の対象となる前年同期の低さと在庫補充のおかげで、オーバーシュートを現出した。我々は、2018年上半期の成長率が7.8%レベルまで引き続き上昇基調を維持、2018年末に向けて徐々に本来のトレンドに戻ると予想している。
 各部門を見渡してみると、政府支出の増加と(非農業活動に起因する)農村需要のゆるやかな改善が、成長率を押し上げる可能性がある。投資は改善されたが、選挙の不確実性と厳しい金融情勢から見て、即座に加速する可能性は低い。『純輸出』は、予想される貿易戦争の影響やインドと世界の成長格差拡大により、かなりの打撃効果を及ぼしそうだ。2019年度と2020年度の経常収支赤字(CAD:current account deficit)は拡大するものと見られ、GDPは予想を下回りそうだ。
 インド準備銀行(RBI:Reserve Bank of India)は、連続2度の政策決定会議において利上げを行った。農作物最低支持価格(MSP:minimum support price)引き上げの影響が見込まれる次回12月の会議でも再度の利上げが予想される。成長基調が2018年末までに(本来の)トレンドに戻るのに伴い、コアインフレの上昇も緩やかになりそうだ。我々は、最近のインフレ動向に、こうした兆しをすでに見始めている。
 2019年は低めの成長(サブ7%)で始まる可能性が高い。分散分析(ANOVA:analysis of variance)モデルに従えば、総選挙(我々は2019年第2四半期に実施されると予想している)直前の四半期は、低成長が見込まれる。その後、GDP成長率は年末までに7.5%に加速、投資が消費を上回り、民間部門の参加が政府支出を凌駕する中で、成長の質は向上するものと見られる。我々は2019年後半に緩やかな利上げのリスクを予想している。(著者プランジュリ・バーンダリ女史は、インドHSBC証券キャピタル・マーケッツ社のチーフエコノミスト。)

【ニュースソース】

Indian economy may overtake Britain by next yr: Jaitley

Growth outlook: India’s GDP growth likely to hit 7.5% by end-2019

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.