NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-09-08 ArtNo.46364
◆Niti AayogのAI国策立案の取り組みは、インドのAI需要の現れ:シーゲート




【ニューデリー】アジア太平洋地域では、人工知能(AI:artificial intelligence)の導入が非常に旺盛で、大部分の組織が、情報技術(IT)、サプライチェーン、ロジスティクス、研究開発などの分野にある種の形式のAIをすでに実装してる。
 市場調査会社インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC:International Data Corporation)の『Data Age 2025』報告書によると、世界のデータ量は、2025年までに163ゼタバイトに激増する見通しで、その経済的な躍進、人材プールの拡大、密接に結合した人口動態から、アジア太平洋地域(APAC)がこうした成長を牽引する重要地域になるものと見られる。シンガポールのスマートネーションのビジョン、AIの世界的リーダーを目指す中国の目標、AI政策の立案に乗り出したインドの政策シンク・タンク『インド改造全国評議会(NITI Aayog:National Institution for Transforming India Aayog)』は、いずれもAIとそのもたらす機会に対するAPACの旺盛な食欲を示している。
 とは言え、一つの組織にAIを実装するのは、単純な作業ではない。組織は、AIの開発と実装に、まだ人時と予算を十分投入していない。しかし、予算と資源はパズルの一部に過ぎず、たとえば、上級幹部のバックアップを得た明確な戦略と方向性の有無、組織全体にAIを導入するための適材適所等の複数の要因に関係している。(筆者のB.S. テー氏は、シーゲート・テクノロジー社国際販売および営業担当上級副社長。)

○Kotak、ナスコム、iSPIRTと提携してUPI 2.0 Hackathonを開始




【バンガロール】コタック・マヒンドラ銀行(KMB:Kotak Mahindra Bank)は、『ソフトウェア・サービス会社全国協会(NASSCOM:National Association of Software and Service Companies)』および『インド・ソフトウェア製品業界ラウンドテーブル(iSPIRT:Indian Software Products Industry Roundtable)』と提携し『UPI 2.0 ハッカソン(hackathon)』を発表した。
 『コタックUPI 2.0ハッカソン』は、スタートアップ企業やフィンテク技術者、さらには学生が現状に挑戦し、『統一支払いインターフェイス(UPI:United Payments Interface)』の新バージョン『UPI 2.0』プラットフォーム上で商店主や企業のための革新的な支払いソリューションを設計するよう動機づけることを目指している。

【ニュースソース】

Niti Aayog efforts for national policy on Artificial Intelligence points towards India’s appetite to embrace AI: Seagate

Kotak launches UPI 2.0 Hackathon in partnership with Nasscom, iSPIRT

Kotak Mahindra Bank launches UPI 2.0 Hackathon

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.