NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-10-29 ArtNo.46403
◆初の印米三軍合同演習に特殊部隊参加も




【ニューデリー】米国防省幹部が語ったところによると、印米両国三軍の初の合同演習が2019年に行われる見通しで、両国の特殊部隊も同演習に参加する可能性が話し合われている。
 両国の陸海空三軍はすでに個別に二国間訓練に参加している。インド海軍は日本を含むマラバルにおける演習に参加している。在ニューデリー米国大使館の駐在武官デビッド・E・ブリガム准将は「しかしインドと米国の三軍が同時に一つの演習に参加するのは今回初めてのこと」と語った。

○モディ・プーチン会談、域内政治のゲームチェンジャーに?!




【ニューデリー】インドは、最近、ロシアと50億米ドルのロシア製S-400トリウームフ・ミサイル購入契約を結び、パキスタンと中国からの空爆を防ぐ防衛体制を強化した。両国は、インドの野心的な有人宇宙飛行計画ガガンヤーン(Gaganyaan:宇宙船)への協力を含む別に8件の契約に調印した。
 ロシア製『S-400トリウームフ』は実践配備された世界最先端の地対空ミサイル・システムとされ、米国製『ターミナル段階高高度地域防衛(THAAD:Terminal High Altitude Area Defence)』システムよりも優れていると見なされている。
 インドの防空態勢を補強する方針は、中国が2014年にロシアと結んだ30億米ドル取引契約の下、今年1月に6中隊にS-400を配備したのを受けて下された。中国は古いバージョンのS-400を手に入れており、構成上、インドのS-400は中国が配備したものより優れている。
 米国は先月、S-400取引を巡り中国に金融制裁を課したが、インドは戦略パートナーとしての立場からトランプ政権が制裁適応を免除するものと期待している。
 インドがフランスから5900億ルピーで購入したラファール製戦闘機36機とS-400ミサイルシステムのコンビネーションは、中国とパキスタンによる挟撃にも対応可能な秀逸なものと言える。
 米国の懸念は、S-400システムが航空機やレーダーのような他のプラットフォームのデータをマッピングまたは記録できること。米国製F-35戦闘機のステルス特性や電子戦機能、その他の能力は、S-400ミサイルシステムによって記録できる。モスクワは、インドや他の国から漏洩したS-400システムに記録されたデータにアクセスできる。
 うまくいけば、トランプは親密な関係にある二つの核武装国に囲まれたインドの差し迫った安全保障上の必要を理解するだろう。その際は、モディ・プーチン・サミットは、域内国際紛争の解決に資するゲーム・チェンジャーになるだろう。(筆者P Kヴァスデヴァ氏は防衛アナリスト兼コメンテーター。)

○リライアンス、3千億ルピー・ラファール戦闘機契約の3%獲得




【ニューデリー】リライアンス・ディフェンス社は、ラファール戦闘機取引の最大の受益者という印象とは裏腹に、ダッソー・アビエーション社との3000億ルピーのオフセット契約の3%をわずかに上回る額を手に入れることになりそうだ。
 エコノミック・タイムズ紙によれば、合弁会社ダッソー・リライアンス・アビエーション・リミテッド(DRAL:Dassault Reliance Aviation Limited)は、ファルコン・エグゼクティブ・ジェット部品を製造する工場を設けるために。1億ユーロ(85億ルピー)の投資を行うものと見られる。
 ダッソー・アビエーション社のエリック・トラピエール最高経営責任者(CEO)が米国フロリダ州オーランドにおける世界最大のビジネスジェット・ショーに先だってロイター通信に語ったところによると、ダッソー・アビエーション社は、2019年からインドにラファール戦闘機を納入する予定で、今後数カ月間に新規受注が見込まれると言う。
 一方、俳優でインド人民党(BJP)の反骨漢として知られるシャトルハン・シンハ氏は、ラファール取引を巡りBJP中央政府を批判した。それによると、フランス・メディアはフランソワ・オランド前大統領の発言を引用し、インド政府は、フランスの主要航空機メーカー、ダッソー・アビエーション社の同取引におけるパートナーにリライアンス・ディフェンス社を提案したと報じた。ウッタルプラデシュ州ムザッファルナガル県タウリ村で日曜夕方に催された農民集会の席上同氏は、ヒンドゥスタン・エアロノーティクス・リミテッド(HAL)のような経験豊かな会社が脇に置かれ、新会社がラファール契約を獲得した理由が問われていると疑問を呈し、すべての野党指導者に2019年の総選挙には団結してBJPを打破するよう訴えた。この日は、元閣僚のヤシュワント・シンハ氏やデリー州のマニシッシュ・シソディア副首席大臣も、演壇に立った。

【ニュースソース】

Special forces in India-U.S. exercise

A game changer for India

Reliance Defence will get 3% of Rs 30,000 crore Rafale offset

Dassault to deliver Rafale fighter jets to India from 2019: CEO Eric Trappier

Shatrughan Sinha criticises BJP govt over Rafale deal


世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.