NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-10-29 ArtNo.46421
◆電信局、近く通信事業者にアドハー・ベースの生体認証停止指示




【ニューデリー】電気通信局(DoT:Department of Telecommunications)は、最高裁判所の命令に基づき、通信事業者にアドハー(Aadhaar)による生体認証を停止するよう求める通知を行う。
 消息筋によると、数日中に同通知は行われる。DoTは、これ以前に行ったアドハー認証に関する指示を取り消す。DoTが代りのデジタルメカニズムを準備するまで、事業者は新規顧客に対する物理的認証に戻る必要がある。
 消息筋によると、顧客認証の約95%がアドハー認証頼っているため、物理認証に戻ることはモバイル事業者のコストを増加させ、財政的負担になる。最大の影響は、毎月数百万の新規顧客を加えているリライアンス・ジオが被ることになる。インド電気通信監督局(TRAI:Telecom Regulatory Authority of India)のデータによると、ジオは7月に1100万人以上、8月に1200万人の新規顧客を獲得した。対照的に、古株の事業者は毎月100万以下の顧客を追加している。
 DoTは、通信事業者と会合し、顧客認証のための代替デジタル・メカニズムを策定したが、その展開には時間がかかるため、事業者は文書による物理的認証に頼らざるを得ない。インド認識標管理局(UIDAI:Unique Identification Authority of India)筋によると、携帯電話事業者やフィンテック企業は、アドハー認証を停止するよう通知されており、同認証を継続することは、法廷侮辱罪に当たると言う。UIDAIは通信会社に顧客認証のためのアドハーの使用を中止する計画書の提出を求めた。計画提出期限は10月15日だったが、事業者は一層の猶予期間を求めている。

○アドハー違反で1月以来のデータ漏洩10億件:ジェムアルト




【ムンバイ】デジタル・セキュリティ会社ジェムアルト(Gemalto)の侵害レベル指数(Breach Level Index)によると、同社が公にされたデータ侵害のベンチマークを開始した2013年以来、アドハー違反事件における氏名、住所、その他の個人情報を含む、インドにおけるデータ侵害件数は、ほぼ10億に達した。
 ジェムアルト社によると、一層懸念されることは、暗号化処理を通じて保護されているのは、盗難、紛失、侵犯されたデータ記録の12分の1に過ぎないことと言う。

○アドハーで、政府病院医師の無断欠勤をチェック




【バンガロール】カルナタカ州政府は、政府経営のカレッジやホスピタルに専従の医師や医療補助要員の無断欠勤をチェックするため、アドハー(Aadhaar)ベースの出欠システムを導入すると言う一大改革に乗り出す。
 これは、医師が頻繁に欠勤し、一部の者は、自身のクリニックを経営していると言う度重なる苦情に対応したもの。アドハー・ベースの中央制御出欠システムの導入は、州政府がアロギャ・カルナタカ・ユニバーサル・ヘルス・カバリッジ・スキームの導入を計画する中で、一層重要性を増している。

【ニュースソース】

DoT wants telecom operators to stop Aadhaar-based biometric authentication

1 bn records compromised in Aadhaar breach since January: Gemalto

Now, Aadhaar to check truant govt doctors


世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.