NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2018-11-17 ArtNo.46436
◆ハシプラ虐殺事件から31年、裁きは下されたのか?!




【ニューデリー】デリー高裁は10月31日、ウッタルプラデシュ州の元州武装警察隊(PAC:Provincial Armed Constabulary)員16人に、1987年にウッタルプラデシュ州メーラト市ハシプラで回教徒38人を誘拐後射殺した廉で、終身刑を宣告した。
 ウッタル・プラデーシュ州西部のメーラート市は1987年5月22日、アヨーディヤのバーブリー・マスジド(ムガル帝国初代皇帝バーブルが建設したモスク)事件を巡る住民同士の衝突騒乱に巻き込まれた。PACと陸軍は、PACの二丁のライフル銃が反社会組織に奪われ、PAC少佐の親族1名が殺害されたとして、ハシプラにおける捜査を開始した。老若の男性住民42-45人を検挙したPACは、陸軍41大隊C中隊所属の黄色いトラックに乗せ、連れ去ったが、警察署に連行する代わりに、ガーズィヤーバード付近の運河に連れて行った。PAC隊員は303式ライフルで射殺、遺体をギャング・ナハール運河とヒンドン川に投棄した。しかし、5人は死んだふりをして生き残り、岸に泳ぎついた。
 彼等はその体験を語り、事件は彼等の証言に基づいて検証された。事件の捜査は、犯罪調査局中央支局(CB CID:Central Branch CID)に委ねられ、1996年にガーズィヤーバード刑事裁判所に訴状が提出された。そして、そ後3年間に裁判所により20以上の令状が発せられたが、結果を出すことができなかったと、高裁はその判決文の中で述べている。犠牲者の家族が捜査の進捗に満足できないと訴えたことから、事件の裁判は、最高裁の命令により、デリー裁判所に移された。その後、2006年5月に16人の被告(当初は19人だったが3人が死亡)に対する殺人、犯罪謀議、誘拐、証拠隠滅、暴動等の訴状が確定した。しかし、2015年には、裁判所は被告らが殺害に関わった証拠が遺失したとの理由で、16人のPAC隊員全員に無罪放免を決めた。同判決は被害者とその家族の挑戦を受け、裁判所は、国家人権委員会(NHRC:National Human Rights Commission)が、更なる調査を求め介入することを許可した。
 こうして事件発生から31年以上を経過した2018年10月31日、高等裁判所は2015年の(無罪)判決を覆した。しかし今回の高裁判決は、最高裁でさらに争われる可能性が高い。被告人にまだ刑を逃れる機会があるかもしれず、終身刑は年齢的に無理があると判断されるかも知れない。そうなれば、犠牲者は、さらに法廷闘争を続けねばならない。さらに、PAC隊員だけが処罰され、判決はその上司には触れていないため、彼等のこの事件に対する刑事責任が問われる可能性も存在する。
【ニュースソース】

Hashimpura, where justice was served after 31 years

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.