NNNNNNNNNNNNNNNN
回光返照 SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
Let's turn the light inwards, illuminate the Self.
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
About Us Your Comment
2018-12-07 ArtNo.46466
◆インド政府、3段階に分けて社会保障法を導入




【ニューデリー】労働省は、来年の総選挙に向けたさらなるポピュリズム・メジャとして、国内労働者5億人に退職、保健、老齢、身体障害、失業、妊娠給付を提供する総合的な社会保障制度を提案している。
 労働省は、包括的草案中の異論の多いいくつかの提言の法制化が改革全体を遅らせる恐れがあると言う懸念が生じたため、待望の『社会保障法(social security code)』を段階的に導入する方針を決めた。この提案には、『被雇用者積立基金組合(EPFO:Employees' Provident Fund Organisation)』と『被雇用者公共保険公社(ESIC:Employees' State Insurance Corporation)』のすべての権限を州社会保障理事会(SSSB:state social security boards)引き渡し、EPFOとESICを基金管理者に転換することが含まれるが、労働省は論争を生じる恐れがあると見ている。政府高官が、エコノミック・タイムズ紙に語ったところによると、今や、労働省はその他の異論の多い提案は棚上げし、全国的な強制社会保障スキームを実行に移す方針だ。匿名の同筋によると、政府の狙いは、来年の総選挙前に社会保障制度を明らかにすること。
 政府が想定している社会保障制度下、社会保障制度の受益者は現在1億人から5億人に拡大される。受益者は4つの階層に分類される。

【ニュースソース】

Priests: Rahul belongs to Kaul Dattatreya lineage

Government to implement social security code in three phases

世界は一つ:
The aim of SEAnews



The aim of SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.