NNNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
2019-01-06 ArtNo.46505
◆パキスタン、経済財政政策覚書をIMFに提出




【イスラマバード】パキスタンは、経済財政政策覚書(MEFP:Memorandum of Economic and Financial Policies)の草案をIMFに提出し、外部からの資金調達は140億米ドル超の外貨準備内に収めることができると予想した。
 同計画草案によると、4つの主要な資金源が想定されており、今年度中に未確認のソースから40億米ドルが確保できると見ている。今会計年度内に中国がより多くのドル資金を注入すると見られる。第二に流入が予想されるドル資金は、所謂金融庁預金(Monetary Authorization Deposits)の形で、その額は今2019会計年度内に60億米ドルに達すると予想されている。サウジアラビアは、30億米ドルの石油関連支払い繰り延べ便宜の他、30億米ドルをパキスタン国立銀行(SBP:State Bank of Pakistan)に預金することを約束している。内20億米ドルは既に預金されており、残りの10億米ドルも来月(2019年1月)預金される見通しだ。パキスタンのアサド・ウマル財務相は、これ以前に「サウジアラビアは3.18%のレートで石油関連支払い繰り延べ便宜を提供した」と語っていた。
 しかし、パキスタンは、サウジアラビアとUAE双方から、二国間ドナーからの支援はIMFプログラムの代替と見なされるべきではなく、むしろパキスタンのためのIMFプログラムを補完するものと見なされるべきだとハッキリ伝えられている。

○パキスタン、国際債券の発売通じ7億米ドル調達計画




【イスラマバード】パキスタン当局は、国際市場における債券の発行を通じて7億ドルを調達する計画だったが、同国政府が国際市場の潜在投資家から数億米ドルを調達するために如何なる種類の国際債券の発行を計画していたかは定かでない。
 パキスタン正義運動党(PTI:Pakistan Tehreek-i-Insaf)政府は、IMFファンド・プログラムが承認され、イスラマバードが最初のトランシェを引き出すことができると期待、最終的にIMFから5億ドルを引き出すことを目指していた。
 パキスタン財務省は、今年度中に外貨建て借り入れや債務の償還の形で65億米ドルの支払いが必要と見積もっている。パキスタン政府は、中国が今年度中に二国間融資を通じて19億8300万米ドルを供与すると予想している。北京の当局は、何らかの理由で、その支援が大々的に喧伝されることは望んでいない。

○サウジ/UAE/中国のUS$80億援助で自力更生計画に弾み




【イスラマバード】財務省スポークスマンを務めるハカン・ナジーブ(Khaqan Najeeb)博士によると、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、そして中国がパキスタンの外貨準備に注入する80億米ドルの資金は、パキスタン・ルピーの強化に役立つ他、目下進められている自力更生計画の成功を確実にすることにつながると言う。
 政府筋によると、サウジアラビア、UAE、中国が預金する80億米ドルは、パキスタン当局の自信を高めるだけで、それ以上のものではない。しかし、パキスタンは、国際金融機関(IFIs)や他の経済体に対して、「われわれは多額の外貨準備を有する」と言うことができる。
 実際、サウジアラビアとUAEの両国からの60億米ドルの石油ファシリティーは、パキスタンが米ドル圧力から抜け出すのを助けるだろう。そしてより重要なことは、IMFとの交渉は、パキスタンが経済危機から脱出するのを助けるだろう。何故ならパキスタン政府は、世銀やアジア開発銀行(ADB)、その他のドナー機関との関係を維持するため、IMFのコンフォートレターをのどから手が出るほど欲している。パキスタンがIMFからコンフォートレターを手に入れない限り、ローン取り分けIFIの予算支援(budgetary support)を得ることはできない。コンフォートレターがなければ、パキスタンは国際市場で資金を調達することができない。

【ニュースソース】

UAE to deposit $3 billion in SBP

世界は一つ:
AD-SEAnews



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。


◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集



ご意見/配信停止



SEAnews Twitter



SEAnews Messenger



SEAnewsFacebook



SEAnewsGoogle



SEAnews eBookstore



SEAnews eBookstore(GoogleJ)



SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.