SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
Back Page ►

歴史の反省
韓国に続く中国との関係緊張も峠を越えたようだが、私自身明治維新以来の歴史をもういちど振り返る良い機会になった。
日中韓の歴史教科書の視点
日本、中国、韓国は過去百年余の近代史を共有しており、日清、日露、そして太平洋戦争を通じて日本は加害者、中国と韓国は被害者の立場にあった。このため歴史教科書の内容は、当然のこととして日本ではできるだけ加害者としての立場を薄めるよう配慮され、中国と韓国では被害者としての立場を強調するよう配慮されている。今日の日中関係、日韓関係の緊張はこうしたギャップにより増幅されているのではないだろうか。

日本を近代国家として立ち上げ、列強の侵略を未然に防いだ明治維新以来の歴史は確かに日本人が誇りとするに値するものだ。五箇条のご誓文等には、信じがたいほど民主的で近代的な発想が含まれている。こうした発想は恐らく勤王佐幕の志士らが多くの殺戮を繰り返した後、その空しさを反省する過程で生まれたのだろう。
西郷、毛沢東、ポルポト
西郷等の志士の言行にはそうした宗教観や哲学がかいま見られる。しかしその同じ西郷が同時に征韓論者でもあるのは悲しいことだ。とは言えこうしたことは日本に限ったことでなく、中国の偉大な指導者毛沢東も大躍進(1958-1960)や文化大革命(1966-1976)の時期には多くの民衆を犠牲にしたと聞く。毛沢東は依然として偉大な指導者としての地位を保っているが、カンボジア解放の英雄ポルポトの末路に至っては惨憺たるものである。
東条英機とヒットラーのパン種

歴史の反省は東条英機やヒットラーのみを悪者にし歴史から葬り去っただけでは済まない。何故ならこうした人々の中に存在したのと同じパン種が我々の心に存在するかもしれないからだ。一面で優秀な才能や理想、宗教心ももったこれらの人々が、誤りを犯した理由を突き止めないなら、我々自身また同じ過ちを繰り返すことにならざるを得ない。
靖国神社は歴史反省の場
靖国神社は元来明治維新の志士らの慰霊鎮魂のために設けられたものと言う。日本人が明治維新以来の歴史を振り返り、父祖の残した遺産と負債全てを受け継ぎ、平和の誓いを新たにする場とするなら、中国や韓国等の隣国も理解してくれるのではないだろうか。
真の反省は世界の領土紛争を止揚
もしまた日本人が明治維新以来の歴史を真に反省し、問題を突き止めることができるなら、単に竹島や尖閣列島の領有権問題にとどまらず、南北朝鮮問題も、中台問題も、ひいては中東問題も解決することができるかも知れない。少なくともそうした希望の光を日本人の手により灯すことができるのではないだろうか。(回光庵返照居士 2005/04/27)
【参照】

五箇条の御誓文
一、広ク会議ヲ興(おこ)シ、万機公論(ばんきこうろん)ニ決スベシ
一、上下(しょうか)心ヲ一(いつ)ニシテ、盛(さかん)ニ経綸(けいりん)ヲ行フベシ
一、官武(かんぶ)一途(いっと)庶民(しょみん)ニ至(いた)ル迄(まで)、各(おのおの)其(その)志(こころざし)ヲ遂(と)ゲ、人心(じんしん)ヲシテ倦(う)マザラシメン事ヲ要(よう)ス
一、旧来(きゅうらい)ノ陋習(ろうしゅう)ヲ破リ、天地(あめつち)ノ公道(こうどう)ニ基(もとづ)クベシ
一、知識ヲ世界ニ求メ、大(おおい)ニ皇基(こうき)ヲ振起(しんき)スベシ
我国未曾有(みぞう)ノ変革ヲ為(な)サントシ、朕躬(み)ヲ以テ衆ニ先ンジ、天地神明ニ誓ヒ、大(おおい)ニ斯(この)国是ヲ定メ、万民保全ノ道ヲ立ントス。衆亦(また)此(この)趣旨ニ基キ協心努力セヨ。 
(1868年3月14日、明治天皇は、五箇条の御誓文を発布、新たな国家の方針を明らかにした。その前年には、第15代将軍、徳川慶喜が大政を奉還、王政復古の大号令が発せられた。)

西郷隆盛
1827年12月7日薩摩藩士として鹿児島加治屋町に生まれる。通称吉之助、号は南洲。若くして陽明学を学び、無参禅師に参禅する。藩主島津斉彬に重用され、国事に奔走するが、奄美大島に2度流される。
1864年上京(京都)、後に木戸孝允と薩長連合を結成、1867年12月に王政復古の大業を成就、江戸城の無血開城を実現した。
その後故郷に退隠するが、明治4年(1871年)、三条実美以下新政府首脳の懇請を受けて上京、参議に就任、廃藩置県等、近代国家建設に主動的役割を担う。
しかし明治政権の改革の下、下級武士の生活が益々困窮化する中で、それ自身下級武士出身の西郷は局面を打開するため征韓論を唱え、自ら韓国大使の職を求めるが、明治6年の政変で下野、その後西南戦争に敗れ自決した。享年51歳。明治22年2月、明治天皇の特旨により賊名を返上、正三位を追贈された。
辞世の句:大君の ためには何か おしからむ為 薩摩の迫門に 身は沈むとも
東条英機
明治17年(1884)~昭和23年(1948)。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。ドイツ駐在武官、陸軍省動員課長、歩兵第一連隊長、関東軍参謀長、陸軍次官、航空総監兼航空本部長を歴任、1940年第2次近衛内閣に陸軍大臣として入閣。1941年10月、近衛内閣退陣の後を受けて内閣を組織、陸相・内相を兼任する。1941年12月対米英に開戦した。1944年には参謀総長も兼任したが、同年7月退陣に追い込まれた。敗戦後自殺未遂、A級戦犯として1948年に絞首刑。
辞世の句:明日よりは だれにはばかる ところなく 弥陀のみもとで のびのびと寝む
パン種
わたしが言ったのは、パンについてではないことを、どうして悟らないのか。ただ、パリサイ人とサドカイ人とのパン種を警戒しなさい。(マタイ伝16章11節)

鳩山元首相の尖閣列島問題に関する発言
鳩山元首相は、2013年6月25日に放送された香港フェニックステレビのインタビュー番組および同月27日に北京の清華大学で催された世界平和フォーラムの会場で、尖閣列島問題に関して以下の趣旨の発言をしたとされる。
①日中両国が互いに尖閣列島(釣魚島)は自国の領土だと主張するのは当然(双方に理由がある)。
②1943年のカイロ宣言は『日本が中国から盗んだものは返さねばならない』と規定している。日本は1945年のポツダム宣言においてカイロ宣言の内容を守ると約束した。カイロ宣言に述べられた日本が中国に返さねばならい領土に尖閣列島が含まれるとする中国側の主張は十分成り立つ。
③日中両国が1972年に国交を回復する際、田中角栄首相と周恩来総理は尖閣問題を棚上げにすることで合意した。
④日本政府のかたくなな態度が続けば日中関係の改善はありえない。

田中周会談
(朝日新聞英字AJW forumインタビュー『尖閣問題は日本の外交的失敗:中国研究家矢吹晋氏 2012年12月12日』から抄訳。)
尖閣列島を巡る今日の紛糾の淵源は、1972年9月に田中角栄首相と周恩来首相が日中両国の国交正常化の条件を定めるために行った4回の会談に遡る。
(日本)外務省の記録によると、田中首相は9月27日に行われた第3回会談の際、尖閣問題を取り上げた。しかし周首相は、「(国交正常化)交渉の過程で領土問題を取り上げても双方に得るところはない」とし、棚上げすることを提案した。
これに対する田中首相の返答は(日本外務省の)記録には残っていない。しかし中国の外交官で周首相顧問を務めた張香山氏は、その回顧録の中で、田中首相は4度この点にコメントし、両国間に領土問題が存在することを認めるとともに、尖閣問題を棚上げにすることに同意したと述べている。
日本外務省中国課長を務めた橋本恕氏も2000年に出版した回顧録の中で、田中首相が周首相との間で将来尖閣問題を話し合うことで合意したことを認めている。

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】  『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】  しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】  『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。(キリスト教の起源p.155)
ご購入はこちら



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集


ご意見/配信停止


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnewsGoogle


SEAnews eBookstore


SEAnews eBookstore(GoogleJ)


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.