SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
Back Page ►

書評:聖霊のバプテスマ(自然法爾)

【書評】初めに言葉があった。言葉は神とともにあった。言葉は神そのものであった。彼(イエス)は初めから神とともにあった。
ヨハネ福音書は、冒頭に、以上の一句を掲げ、神の口から出る言葉、言霊(ことだま)こそイエスの正体であること、これから全編を通じて説き明かすこの書の主題もそこにあることを明示している。
ある夜、イエスの下を訪れたニコデモと言うファリサイ人の指導者にイエスは、「肉から生まれるものは、肉でしかない。霊として生まれ変わらない限り、神の国に入ることなどできない。神の国が見たいなら、先ず生まれ変わることだ」と説き聞かせた。
イエスは、さらにモーゼが荒野で上げた蛇こそ、自分がこの世に示す唯一の印しであると述べ、直ちにヨルダン川に赴き、聖霊のバプテスマ、霊的再生運動に着手した。
霊性的再生

ニコデモと言うファリサイ人の指導者がある夜、イエスの下を訪れ教えを請うた。イエスは言われた「誰にしろ生まれ変わることがない限り、神の国など見ることはできない。」ニコデモは答えた「もう一度母親の子宮に戻って、生まれ変わることなどできません。」イエスは言われた「水と聖霊から生まれたもののみが、神の国に入ることができる。肉から生まれるものは肉でしかなく、霊から生まれるものは霊である。風は思いのままに吹き、人はその音を聞くことができても、どこからそれが来てどこに向かうのか知ることはできない。霊から生まれるものとは、そう言うものである」と。(ヨハネ伝第3章1-8節)
瓦を磨いても鏡にならないように、衆生が如何に修行しても仏になることはできない(禅家が僧堂において学人を激励する常套語)。この世に生を得たもの、あるいは無生物も皆業を背負っており、業を離れて猫が犬になり、犬が人になる ことができないように、煩悩具足の衆生も仏になることはできない。肉から生まれたものは肉でしかないのである。

【続きを読む】



『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】  『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】  しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】  『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。(キリスト教の起源p.155)
ご購入はこちら



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集


ご意見/配信停止


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnewsGoogle


SEAnews eBookstore


SEAnews eBookstore(GoogleJ)


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.