SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
Back Page ►

書評:聖霊のバプテスマ(公案の起源)

【書評】イエスは本来言葉や文字では表現できない聖霊(ホーリー・スピリット)、神そのもの、を伝えた。すなわち聖霊のバプテスマである。
エルマーR.グルーバー/ホルガー・ケルステン両氏の共著『イエスは仏教徒だった?』は、「イエスはたとえ話とメシャリーム(箴言)を好んだが、イエスがQ資料の中で用いたメシャリームとウダナヴァルガ(法句経)の説話は驚くほどの対称をなしており、禅仏教は、のちに警句による教えの伝統を『公案』と言う極地にまで高めた」と述べている。
『キリスト教の起源:[02]不立文字:ヨブ記に遡る聖霊のバプテスマ』
私の言葉は霊
Q語録とも称されるいわゆる『Q資料』は、イエスが本来文字にも言葉にもあらわすことができない聖霊を、たとえや箴言を用いて弟子たちに伝授した際の記録であり、イエスは個々の弟子の能力やその場の状況に応じ、これらのたとえや箴言を用いており、弟子たちもそれぞれの能力に応じて理解し得た内容を書き留めたに過ぎない。
イエスは、「人を生かすものは霊であって、肉はなんの役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、また命である。」(ヨハネ6:63)と述べており、スピリットを忘れては、たとえや箴言は何の役にもたたない。
昭和初期に活動した澤木興道と言う曹洞宗の師家は、回光返照を忘れて公案をひねくり回すのは、「鼻の頭に糞をつけて屁元はどこだと探し回るようなもの」と、学人を激励したと言う。

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】  『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】  しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】  『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。(キリスト教の起源p.155)
ご購入はこちら



AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集


ご意見/配信停止


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnewsGoogle


SEAnews eBookstore


SEAnews eBookstore(GoogleJ)


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.