SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
Back Page ►

熱鉄丸呑了の時

テイクアウト・ファイナンシング
インド政府は、懐妊期間の長いインフラ開発プロジェクトに金融機関が積極的に融資できるよう、『テイクアウト・ファイナンシング(takeout financing)』と称する新金融手段の導入を決めたようだ。(SEAnews2009年7月10日号参照)
この金融手段はどうやら昨今の世界的金融危機を引き起こした元凶とされる金融派生商品『クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)』と同種のもののようだ。灼熱の鉄球を呑み込むに等しい危険な賭と言えそうだが、米国経済の破綻を目の当たりにし、自らも経済危機の荒波にもまれるなかで、敢えて危険な金融派生商品の導入を決めたインド政府は、当然それなりの準備をしているものと見られる。
趙州の無
一人の学僧が唐代の著名な禅僧趙州和尚(778-897)に「犬にも仏性はあるでしょうか」と尋ねた。仏教の開祖釈迦は「草も木も国土もことごとく成仏している」と説かれたが、犬に限ったことではない。歩行者天国で無差別に他人を殺傷したり、国家権力を行使して他国を侵犯し、他民族を殺戮、果ては核兵器等という無差別大量破壊兵器を作り出す人間に果たして仏性はあるのだろうか。趙州和尚は学僧のこうした疑問に対してあっさり「無」と答えた。
無門のアドバイス
無門関と言う公案録を遺した宋代の禅僧、無門慧開和尚(1182-1260)は「この公案は正に真っ赤に熱せられた鉄の塊のようなもので、軽々しく口に入れるなら吐き出すことも呑み込むこともできず、七転八倒を強いられる。しかし首尾良く呑み込めれば、関羽将軍の大刀を手に入れたようなもので釈迦もキリストも恐れるに足りない。喩え地獄にあっても遊戯三昧できる」と注釈をつけた。
さらに無門和尚はその頌の中で、「犬に仏性があるかと言う問いは、正に仏教の根本原理を質すものだ。しかし、有無に拘泥するなら到底悟りなどひらけない」と述べている。
現成公案は真剣勝負
公案は仏道を修する妙薬にもなれば、喪身失命の毒薬にもなる。しかし呑み込まねば薬の効果は現れない。禅堂では師家が学人の力量に合わせていわゆる古則公案なるものを処方してくれるが、現世において日々直面する現成公案はそうは行かない。刺し違える覚悟をして呑み込む他ない。
時代の転換点
今日、インドのみならず日本も米国もひいては全世界が、時代の転換点に立ちそれぞれ困難な決断を強いられている。熱鉄丸を呑了して吐くにも吐き出せぬ苦境に陥るか、生死岸頭に大自在を得られるかは、決して政界、経済界のリーダーだけの問題ではない。各国民一人一人の問題と言えそうだ。(返照:2009/07/20)

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】  『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】  しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】  『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。(キリスト教の起源p.155)
ご購入はこちら



【参照】
無門関第一則:趙州狗子
趙州和尚、因(ちな)みに僧問う、「狗子に還って仏性有りや無しや」
趙州云く「無(む)」
無門曰く「-略- 箇の熱鉄丸を呑了するが如くに相似(あいに)て、吐けども又た吐き出さず、従前の悪知悪覚を蕩尽し、久久に純熟して自然に内外打成(ないげだじょう)一片す。 -略- 関(かん)将軍の大刀を奪い得て手に入るるが如く、仏に逢(あ)うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し、生死岸頭(しょうじがんとう)に於て大自在を得、六道四生の中に向かって遊戯三昧(ゆげさんまい)ならん。 -略-」
頌(じゅ)に曰(いわ) く狗子仏性、全提正令。纔(わず)かに有無に渉れば、喪身失命せん。
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集


ご意見/配信停止


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnewsGoogle


SEAnews eBookstore


SEAnews eBookstore(GoogleJ)


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.